トライクの免許の改正を理解し安全なツーリングを楽しもう

トライク


皆さんトライクって乗り物を知っていますか?


一見聞き覚えのない乗り物のようにも感じます。
でも実際に実物を見るとすぐにわかると思います。


別名三輪バイクと呼ばれることもあるこの乗り物は、日本ではトライクとは呼ばれています。
また、オート三輪と昔から言われていたりします。


オートとつくぐらいですから、免許が必要になります。
そのトライクの免許制度が改正されました。


今回はその内容やトライクについてご紹介してまいります。
トライクを安全に楽しく乗るための豆知識もご参考にされてください。



スポンサーリンク


 トライクの免許改正について

トライクを運転するために必要な免許ですが、

2010年の法改正まではトライク自体が普通自動車と同等のものとみなされていました。


ですから、普通自動車免許以上が必要で、二輪免許での運転はできないものとされていました。


ようは、原付の免許をもっていたって普通自動車は運転できないということと同じことですよね。


しかし、2010年の法改正でトライクの免許、そして運転についての条件の内容はより複雑になったように思えます。


それは、いままで同様に普通自動車免許以上が必要ですが、
(→ 道路交通法でばトライクは四輪に区分されます)


なおかつ、3個の車輪を有する自動車に適用する保安基準(細目告示第2条の2関係)というものに関しての改正がなされたのです。


これによって、一定の基準にあてはまったトライクに関しては、二輪免許が必要になることになったのです。



二輪免許が必要なトライクとはどういうものかをまとめてみました。


二輪免許が必要なトライクとは

1)前後輪に関係なく3個の車輪があるもの
2)左右の車輪幅が46センチ未満のもの
3)車輪や車体を傾けてカーブを曲がることができるもの

こらら、すべての条件があてはまるもの。



 でも乗ってみるとやっぱりいい!!安全に楽しむ豆知識とは

トライク2

上記のように法の改正の話などを聞くと、トライクに対してのイメージが後ろ向きになられた方もおられるかも知れませんね。


しかし、トライクの良さは乗ってみないとわからないのは間違いありません!!


でも、トライクを安全に楽しく乗るにはどうしたら良いのでしょう・・・?


まずは大事なこととして、カーブでの減速です。


車道などのカーブにおいて、運転経験が未熟なためにスピードによる遠心力に引っ張られてしまい、横転してしまうこともあり得るのです。


また、車両サイズですが、

二輪車のような形ではあるものの二輪車と比べるとその大きさは意外と大きいです。


なので、狭い路地などを通れないなど制限があります。
あらかじめルートの確認はしておきましょう。



トライク3
トライクはヘルメットが必要なの?

トライクはヘルメットを着用する義務はありません。
それは免許の区分が四輪になるためです。

ですが、風を直に受けて走るわけですから不安に感じるかと思います。
高速道路ですと激しい風に当たりますし、石やガラスなどが風で飛んできて目に入ることもあります。

なので安全の観点からも、ヘルメットを着用することをおすすめします。




スポンサーリンク


 改めてトライクってどういうもの?おすすめの点は?

トライク1

改めてトライクってどんな乗り物なのか概略をまとめてみましょう。


トライクは1985年にフランスに存在していた自動車メーカーのド・ディオン・ブートンが製作したド・ディオン・ブートン・トライシクルというトライクが最初の市販車とされています。


3つの車輪を使用して、三輪車のようなスタイルで走ることから別名・三輪バイクと呼ばれることもあるようです。


また、前輪のタイヤが2輪で、後輪のタイヤが1輪という、通常とは逆のタイヤの配置のものがあります。

これは「逆トライク」や「リバーストライク」といった名目で呼ばれていたりもします。


次は、トライクのおすすめな点でもありますが、

先ほど、遠心力による横転については、特に気をつけなといけない点はお伝えしました。


それでも、倒れるリスクを考えます二輪車よりかトライクのほうが安全だと考えられます。


また、トライクは身体に障害を持たれた方であっても、ある程度は乗ることができるためその点の利便性はあります。


以上のような点だけでもトライクは安全に乗ることができ利便性にも優れている乗り物ということがわかります。


 トライクに関係する法令のまとめ

トライクの法令は意外と分かりにくい部分があります。

なので、こちらでまとめてみることにしました。


(1) 道路運送車両法の規定によるもの


総排気量が250ccを超えるもの:

「二輪の小型自動車」として取り扱われる。

車検証の車体の形状欄は「側車付オートバイ」と記載される。

車検が必要である。(管轄は運輸支局)


50cc超250cc以下のもの:

「側車付軽二輪」扱いになり軽自動車検査協会へ届出。

車検は不要である。


50cc以下のもの:

車体要件を満たしていれば原動機付自転車としての扱いとなる。

要件を満たさなければミニカー扱いとなる。(管轄は市町村)



(2) 道路交通法の規定によるもの


50CCを超えるもの:

普通自動車に準ずるものとして扱われ、運転免許は普通自動車免許以上が必要。

二輪免許では運転不可となり無免許運転になる。

ヘルメットの装着義務はなく、かつシートベルトの着用義務もない。

一般道での法定最高速度は60km/h
高速道路での法定最高速度は80km/h


50cc以下のもの:

原付免許以上で運転ができる。

第一種原動機付自転車として取り扱われたものについてはヘルメットの装着が必要。

法定最高速度は30km/h

自動車専用道路、高速道路は走行できない。


 まとめとして

トライク自体、その見た目からもおしゃれに感じる乗り物ですね。


安全面などを考えると普通の二輪車よりも格段にリスクが減少できることもメリットのひとつだと考えます。


もし、トライクを乗られましたら間違いなく爽快感を感じられると思います。
風を切って景色を楽しめる醍醐味を味わってくださいませ。


トライクは、三輪という安全性や利便性と乗りやすさを兼ね備えた乗り物だと思います。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ