車庫証明の住所変更には必要書類をそろえ15日以内の手続きを

車庫証明


引っ越しをした時はまず公共設備の手続きが欠かせません。


今では、それに加えて欠かせないのがインターネットの手続き等もあれば、

  • 免許証や住民票の移動
  • 保険証や銀行
  • 各保険、クレジットカード

  • などの各変更手続きが待っています。


    さて、いま説明しました免許証と合わせて忘れてはならないのが

    車庫証明

    の住所変更があります。


    今回は、その引っ越しによる車庫証明の住所変更についてご紹介させていただきます。




    スポンサーリンク



     まず車庫証明とは?

    まず、車庫証明の正式名称ですが


    「自動車保管場所証明書」

    と言いますが、


    「自動車の保管場所が確かにありますよ」

    と言うことを証明するもので、一般的には車庫証明と言っています。


    この車庫証明を交付するには、駐車場(車庫)の住所を管轄する警察署に申請する必要があります。


    申請先は、あくまでも駐車場の住所を管轄する警察署になります。
    ご自宅と駐車場の住所地が違う場合には注意をしましょう。


    この車庫証明が必要になる手続きはとしては、自動車を購入して登録をする時や住所変更を行う時にも必要になってきます。


     車庫証明の住所を変更する場合の必要書類など

    さて、引っ越しにより車庫証明の住所を変更すると言うことは、新しく車庫証明を申請し取得する手続きとなります。


    ではその車庫証明の申請手続きに必要な書類や注意事項を表にまとめましたのでご覧になって下さい。


    なお、引越し後の新住所で車検証の住所変更を行えば、前住所の車庫証明は破棄されることになります。

    なので、引越し前の車庫証明の抹消手続きをする必要はありませんので。


    車庫証明の住所変更に必要な書類など
    手続きの場所車庫のある住所を管轄する警察署
    手続き可能期間住所変更で車庫が変わった日から15日以内
    代理人による申請代理人による申請はできません
    本人による申請




    必要な書類など
    ・自動車保管場所証明申請書
    ・自動車保管場所届出書
    (→軽自動車の場合)
    ・保管場所の所在図・配置図
    ・保管場所使用権原疎明書面
    (→自己所有の土地に駐車している場合)
    ・保管場所使用承諾証明書または駐車場の賃貸契約書のコピー
    (→駐車場を借りている場合)
    ・収入印紙(←申請窓口で購入できる)
    ・住民票または印鑑証明書
    ・印鑑(認印でもよい)

    手数料など
    ・保管場所証明申請手数料
    ・自動車保管場所標章交付手数料
    (手数料額は地域によって異なります)


    その他
    申請手続きは、一般的には平日の朝から夕方までの業務時間のみの受付になります。
    申請したその日に車庫証明書は発行されず、後日再び取りに行く必要があります。
    (希望すれば、郵送してくれる警察署もあるようです)

    ※各市区町村や、引越し形態によっては手続き方法が異なる場合がありますので、必ず確認してから手続きを!
    軽自動車の車庫証明の申請ですが

    普通車と軽自動車との車庫証明申請に必要書類の違いは、

    普通車 →「自動車保管場所証明申請書」が必要なのに対して、
    軽自動車 →「自動車保管場所届出書」がその代わりに必要となるだけです。

     車庫証明の住所を変更したのであれば一緒に自動車の住所変更も!

    車庫証明1

    引っ越しして住所が変われば、車検証の住所も変更しないといけません。
    この車検証の住所変更の手続きですが、車検証の変更登録の手続きといっています。


    こちらの手続きは「道路運送車両法」により、住所が変わってから15日以内に住所変更の手続きをするようになっています。


    先程も触れましたが、車検証の住所変更を行えば、前住所の車庫証明は破棄されることになります。

    では、普通車で所有者と使用者が同一名義の場合に準備する物をあげてみました


    ① 住民票 (→発行日から3ヵ月以内のもの)
    ② 委任状 (→本人が申請を行う場合には不要)
    ③ 車検証
    ④ 車庫証明書 (→発行日から概ね1ヵ月以内のもの)
    ⑤ 手数料納付書
    ⑥ 自動車税・自動車取得税申告書
    ⑦ 申請書

    以上を揃える必要があります。



    なお、申請は陸運局になりますが、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で住所変更の登録手続きをします。


    いままでの手続きの流れを整理しますと


    1車庫証明の取得に必要な書類を集める


    2車庫のある住所を管轄する警察署で車庫証明の申請
    (→ 車庫の住所が変わってから15日以内)


    3陸運局で車検証の住所変更手続きをする
    (→ 住所が変わってから15日以内)


    以上が住所変更の場合の手続きの流れとなります。

    車庫証明の申請手続きの後に警察官が車庫をチェックをします。


    そのチェックの内容はと言いますと

    ・車庫から道路へ支障なく出入りできること。
    ・車全体が駐車スペースに収まり、前後左右に50cmほどの余裕があるか。
    ・自宅から駐車場までの直線距離が2km以内であるか。
    ・駐車場がもので埋もれていないか。

    車庫証明の申請が終わりましたら、車庫の中や周辺の整理整頓くらいはやっておきましょう。

    引っ越しなどで新たに車庫を探すときには、上記の項目に気を付けて見つけましょう。




    スポンサーリンク


     車庫証明がいらない地域がある?

    車庫証明2

    実は、各都道府県によっては車庫証明が必要な地域と不要な地域があるようです。


    普通自動車ですと、

    法律(自動車の保管場所等に関する法律)が制定された、2001年6月1日時点で『村』だった地域は届出は不要になっています。


    ただし、その後の市町村合併などにより、届出が必要なところもありますので各都道府県警などのホームページで確認をしましょう。


    軽自動車については

    東京や大阪の中心から、30km以内にある市や各県庁所在地、また人口が10万人以上の市など届出が必要となっています。


    なので、それ以外の地域は届出の必要はありません。


    なお、届出義務のある地域の詳細は「一般社団法人 全国軽自動車協会連合会」のホームページに詳しく掲載されています。

     車庫証明の住所変更をしないと罰則とかあるの?

    車庫証明3

    実は車を持っている者は、住所の変更があれば「自動車保管場所証明書」を届け出る義務があるのです。


    具体的には自動車の保管場所の確保等に関する法律より

    「保管場所の位置を変更したときは、変更した日から十五日以内に、変更後の保管場所の位置を管轄する警察署長に、当該自動車の使用の本拠の位置、変更後の保管場所の位置その他政令で定める事項を届け出なければならない。」


    となっています。


    つまり、原則として引越しなどで住所が変わった場合は、変わった日から15日以内に車庫証明の手続きしなければなりません。


    そのため、住所変更等を怠りますと先程の法律違反ということで


    虚偽の申請は ⇒ 20万円以下の罰金。

    道路を車庫代わりに使用する ⇒ 3か月以下の懲役、または20万円以下の罰金

    保管場所の不届けは ⇒ 10万円以下の罰金


    というように罰則があります。


    でも実際には住所変更などをしていない人も多いかと思います。


    正直、手続き方法は書類を集めることがとても面倒臭いですし、手続きをしなくても日常生活に支障はありません。


    ですが、もしも交通事故などを起こしてしまった時などに発覚すれば罰金を科せられる可能性は高いということを覚えておきましょう。


     住所変更をしなかった場合の不都合ってあるの?

    先程も少し触れましたが、車庫証明の住所変更をしなくとも日常生活を送るうえで支障はないと思います。


    県をまたいだ引っ越しの場合ですと、ナンバープレートの地名が違うので人目に付きやすいと言うぐらいでしょう。


    しかし、万が一、交通事故や盗難などが起こった時は余計に面倒臭い事になる可能性はあります。


    交通事故は罰金で終わるかもしれませんが、盗難に遭ってしまうと確認作業が遅れてしまうでしょう。


    そして、税金や保険の納付書類が届かなかったりする可能性もあります。

    ですから、住所変更をしないでいると、それなりのリスクはあると考えていた方が無難です。

     まとめとして


    引っ越しをすると何かと必要な手続きが多く、その中でも自動車関連の住所変更が手続きの中で一番面倒臭いものかもしれません。


    特に県をまたいだ引っ越しの場合はナンバープレートから変わります。


    手続きも、警察署や陸運局など平日でないとができませんので仕事をされている方は休みを取る必要もあります。


    車庫証明の住所変更は期限が15日以内となっていますので、余裕を持って計画的に進めて行くことをオススメします。


    また、今回は説明していませんが免許証の住所変更も事前に必要になってきます。
    繰り返しになりますが、早めに準備をして無理のない計画を立てておきましょう。


    「関連サイト」免許証の住所変更に必要書類はなに?早めの準備でらくらく手続き



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ