普通郵便で発送後の追跡の料金や意外と知らない未着の調査請求とは

特定記録郵便


普通郵便として発送したものは追跡可能なのでしょうか?


民間企業の宅配サービスでしたら追跡は日常的に使われていると思われます。


それに対して郵便物は宅配と同じくらい利用するのに、追跡ができることを知らない人が多いのではないでしょうか。


自分が受け取る郵便物、反対に自分が送る郵便物のどちらも今どこにあるのか、いつ届くのか、ほんとに送られたのか?


そのような、普通郵便など郵便物の追跡確認ができる情報についてご紹介します。



スポンサーリンク


 普通郵便は追跡可能なのか?未着の調査請求とは

結論から言いますと普通郵便のハガキや封書はそのままでは追跡対象外となっています。


ですが追跡対象にする方法があります、


封書(ハガキ)やゆうメールであれば ⇒ 後ほど説明します特定記録郵便


として窓口にて手続きすれば追跡可能です。


その分追加料金は必要となります。
(料金は後述しています)


また普通郵便が届かない場合、未着を調べるための調査請求もあります。


こちらは、


  • 郵便を出した差出人から請求する。
  • 最終的には受取人にも確認をする。


  • なので連絡先の情報などすべて照合することなります。
    仮に「受取人には聞いてほしくない」という場合には請求はできません。


    調べたい郵便物の必要な情報などもう少し詳しくいいますと


  • 誰が、いつ、どこで出したのか
  • 封筒の色や大きさ
  • 中身は何か


  • などが上げられます。


    それらの情報をもとに、配達の経路をたどりポストの収集から配達までに関わるすべての部署を調査していきます。


    この調査は約3週間も行われ、その結果を郵便でお知らせするようになっています。


    この調査請求には手数料などの料金はいりません。無料となっています。



    スポンサーリンク


     発送後の確認には追跡サービスと特定記録郵便がある

    郵便物の発送後の確認をするためにはザックリとですが


    ① 追跡サービスが利用できる郵便物で発送

    ② 特定記録郵便として発送する


    の大きく2種類に分けることができます。
    (→特定記録郵便も追跡サービスの一つではある)


    特に普段使うことが多くなるのは「お問い合わせ番号」を利用した追跡サービスの方ではないでしょうか。


    こちらを利用する際には窓口で手続きをし、「バーコード」や「お問い合わせ番号」などの控えをもらうことになります。


    あるいは、自宅のパソコン等で専用の宛名ラベルを印刷しますと「お問い合わせ番号」の控えも分かるようになっています。


    レターパックなどにはあらかじめ「お問い合わせ番号」が印刷されたシールが貼り付けてあります。


    また、おなじみのゆうパックの送付状にもあらかじめ「お問い合わせ番号」が印字されています。


    そのバーコードまたは11~12ケタの数字を元にスマホやパソコンで指定のサイトで打ち込み確認をします。


    この確認作業は、ご利用の方もあると思われますが他の宅配サービスと同様となっています。


    では続きまして、特定記録郵便とはどのようなものなのか?


    サービスの内容などをご紹介していきましょう。


     特定記録郵便とはどんなもの?料金は?

    特定記録郵便1

    郵便物を送る際の引き受けを記録するサービスで、実際に送ったのかどうかなどの正確な情報の証明を行う郵便となっています。


    そのためあまり必要になることは少ないですが履歴書、願書などの重要書類の発送で利用することになるでしょう。


    一番重要な、「郵便物を送ったのか確認できない」などの解消にも役立ってくれます。


    ところで、この特定記録郵便は差し出した記録を残したいときにオススメですが、郵便物等は郵便受箱に配達されますので受取人の受領印などはもらいません。


    もちろん、追跡サービスは可能でインターネット上で配達状況の確認をすることができます。


    利用料金は160円(特定記録料)となっています。


    ◯ ハガキ・定形郵便物・定形外郵便物 ⇒ 基本料金+160円
           (25g~4kgまで)

    ◯ ゆうメール ⇒ 基本料金+160円
     (150g~3kgまで)


    < 例 >

    定形郵便物の25gまでのもの

    82円(基本料金)+160円(特定記録料)=242円

    となります。


    「関連サイト」特定記録郵便の出し方や簡易書留との違いについての基本的な部分

     郵便追跡サービスが利用できるものとは

    ここで改めて郵便物の追跡サービスが利用できるものには、どのようなものがあるのかまとめてみましょう。


  • 対象になる郵便物

  • 一般書留、現金書留、特別送達、内容証明郵便
    簡易書留、特定記録、代金引換郵便、レターパック
    ゆうパック、ゆうメール、ポスパケット
    配達時間帯指定郵便、新特急郵便、レタックス
    EMS、国際航空小包、国際書留
     

  • 追跡期間:100日、国際郵便物の場合のみ13か月


  • 料金についてですが


    追跡サービスの対象になる郵便物の料金は重さやサイズなどによって細かく細分化されています。


    なので対象の郵便物の料金は日本郵便のHPの料金表等を参照されてください。


     まとめとして


    ご紹介しましたように、郵便物が


    今どこにあるか?

    いつ届くのか?


    を知るためには、追跡サービス対象の郵便物であることが前提となります。


    封書やハガキを追跡サービス対象とするためにオススメなものは、料金も比較的安価な特定記録郵便ではないでしょうか。


    特に送られた側にも送った側にも送りましたという記録になるのと、本人限定のような不在時に受け取れないことがないのもオススメだと思われます。


    「関連サイト」特定記録郵便の出し方や簡易書留との違いについての基本的な部分

    「関連サイト」切手はコンビニで販売してますか?各種類が買えます!ポスト情報!

    「関連サイト」速達郵便は土日でも受付OKなの?土日を夾んだ配達日数はどうなるの?

    「関連サイト」土日に郵便は配達OKなのか日曜の配達は例外で制限がありますよ!



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ