郵便番号の間違いを訂正せずに送ったり書かないと配達の遅延もある

郵便番号2


郵便物の配達などに必要となる郵便番号と住所情報ですが、もし郵便番号を間違った場合はどうなるのでしょうか?


郵便番号を訂正するとしたらどう書き直せば良いのでしょうか。


そんな不安をお持ちの方や確実に郵便物を届けるための郵便番号の書き方をご紹介します。
また、郵便番号にまつわる豆知識もご参考になりましたら幸いです。



スポンサーリンク



 郵便番号を間違った時の訂正の仕方

ハガキであれば、一番良いのは書き損じとして交換してもらうことではないでしょうか。


そうすれば改めて書けるので相手側には訂正を知られることもありません。


他の方法としましては


① マジックペンなどで二重線を書き、二重線の近くに正しい郵便番号を書くこと。
 →読み取り機ではエラーになるので、届くまで通常より日数がかかる可能性はある。


② または修正液や修正ペンで修正箇所を消し、再度書き直すことでも郵便番号の仕分けの際に問題はないようです。


郵便番号1

以上のように、郵便番号を間違ってしまっても対処方法はさまざまあります。


もし、急を要するようでしたらご紹介のように修正ペンや二重線などが早いかと思われます。



 間違ったまま送ったり書かなかった場合どうなるの?

郵便番号が間違っていますと、郵便局にて機械で仕分ける際にエラーコードが出ます。


その後局員がそのエラーを発生させた郵便物を回収し、住所から正しい郵便番号を調べ改めて正しい郵便番号が記載されます。


この仕分けの段階で見分けられていれば到着時間の差はほぼありません。


ただしエラーコードが出ず各管轄へ配送され、そちらで確認作業をしその段階で発覚した場合には・・・


・同地区内であればほぼ遅延なし
・近隣の地域であれば半日程度遅くなる
・それより離れていけば1日、2日とより遅くなっていきます。


また郵便番号を書かずに送ることも可能ですがその場合は、機械での仕分けの際にエラーコードが出ます。


先程の間違った場合と同様に局員が改めて記載することになります。



スポンサーリンク


 郵便番号は上3けたが重要!!

郵便番号

郵便番号の上3ケタは各配送センターの管轄番号のため、その3ケタでどこの地域に送られるのかが決まってしまいます。


その3ケタに間違いがなければ、近い地域なら特に時間の差なく配達られるため問題はないでしょう。


例えばですが、もし同地区に送るまたは同地域に送りたい、


けど「郵便番号を調べられない」


などなった時はご自身の郵便番号の上3ケタを書いておきましょう。


このように、3ケタの数字が重要だということを心得ていれば、お相手への配達時間が大幅に遅くなることを防ぐことができますね。


 改めて郵便番号とは何?知っておきたい豆知識

先程も触れましたが、郵便番号の「○○○‐○○○○」の上3ケタで地域が絞られるわけですが、さらに大まかな地域については上2ケタで判明します。


01から99までありまして、

「01」は秋田県

「99」は山形県


となってまして東北から始まり東北で終わっています。


この2ケタですが都道府県の数より数が多くなっています。


それは、北海道など広い地域や東京都など人口密集地においては1つの地域として管轄するよりは、効率的に行うためにも地域を細分化して迅速に届くようにしているということです。


ちなみにこの上2ケタの数字のことを地域番号といい地域受信チャンネルなどにも扱われているほど浸透した番号となっています。


ところで、郵便番号はあくまで各管轄へ送るための仕分けに必要になるだけで、実際に相手先に届けるときは郵便番号よりも住所のほうが間違っていないかが重要になります。


住所が正しければ郵便番号が間違っていても相手先の住所に確実に届きます。
(海外は届けられないことがある)


ただし、機械や人手で仕分ける際に郵便番号で仕分けられて各管轄に配送されてしまうため、正しい郵便番号を書いたときとそうでないときでは届く日数に時間の差が生まれてきます。


出来る限り早く届いてほしいのであれば郵便番号の正しい記載はしたほうが良いです。


 まとめとして


郵便番号はあくまでも仕分けのための目印となっています。


住所さえしっかりと間違えずに記載すれば相手先に届くことにはなります。


ただ、配達の遅れも考えられますし、郵便番号の記載をせずに送ったことでその書く手間が面倒だったのかと相手先に受け取られかねないこともあります。


また、「正しい住所も分からないのか!?」


と社会常識的に良しと思われないこともあります。


住所が分かれば、郵便番号もインターネットなどで正確に把握ができます、しっかり調べて間違いないように記載することが望ましいでしょう。


「関連サイト」書き損じのはがきは手数料を払い新品と交換して有効利用!切手もね!

「関連サイト」切手はコンビニで販売してますか?各種類が買えます!ポスト情報!

「関連サイト」切手の貼り方にもマナーがあるの知ってますか正しく貼る位置はどこ?

「関連サイト」土日に郵便は配達OKなのか日曜の配達は例外で制限がありますよ!

「関連サイト」レターパックが速達並みの日数で届くのは本当なのメリットはなに?



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ