通帳を土日に作るってできるのか?一部の金融機関では可能です

銀行


通帳や口座開設を行いたい、でもなかなか平日は時間が取れないから


「土日祝日のような休みに行きたい!」


そんな方は多くおられるかと思われます。


ですがほぼすべての銀行や郵便局では、その口座開設や通帳の発行などの業務は平日のみとなっています。


銀行は平日閉まっていることが多いからわかるけど、郵便局って土日の午前だけとか営業しているところもあります。


にも関わらず通帳や口座開設は受け付けていません。


どうしてもできないのか?


と残念に思われる方もいるでしょう。


ですがあきらめなくても希望は残っていますのでその方法をご紹介しましょう。



スポンサーリンク



 一部金融機関では土曜でも口座開設や通帳発行が可能

土曜でも口座開設や通帳の発行が可能なところがあるようです。


その代表的なところはといいますと


・三菱東京UFJ銀行
・シティバンク
・イオン銀行


になります。


それぞれ土曜にも営業日があるところや、その営業時間内であればいつでも可能という金融機関になります。


利用したい場合ですが、基本的には窓口というよりはATMのような機械で口座開設をするといった方法のみとなってます。


また口座開設に必要な書類やハンコは窓口が機械式であっても必要となりますのでしっかり揃えて持っていきましょう。


 土日祝日に口座開設する他の方法

先程の説明以外にも土日祝日に口座開設できる金融機関があります。


これには2種類ありますが


① コンビニが経営しているまたは提携している銀行

② ネット銀行と呼ばれるもの

です。


まずコンビニが経営している銀行ではセブン銀行が有名でしょう。


こちらのご利用は


・オンライン上で登録する

・申し込み用紙をもらい開設する


どちらか2種類の方法があります。


ただし一般の金融機関と違い、申し込みから1週間から10日間ぐらいの時間が必要です。


どちらの方法で申し込みするかで日数が変わったりしますが、口座開設できましたと手元にお知らせが来るまでに1週間以上はかかることを覚悟しておきましょう。


またセブン銀行は中学生や高校生が自身で口座開設することが可能です。
(→ 中学生の場合親の同意書が必要)




スポンサーリンク


次にネット銀行(ネットバンク)についてご説明します。


こちらは24時間365日開設できますがネット環境必須になります。


楽天銀行、ジャパンネット銀行などたくさんありますが開設までの期間は多くが1週間くらいが平均でした。


即日というところはほぼないため、開設できるまでの日程を考慮して計画的に手続きをしましょう。


またネット銀行の場合ご利用はすべてネットでの管理になりますので通帳は発行されません。


ネットでの管理と言うことは、文字どおりご自身のパソコンで自宅にいながら振込や残高の管理ができるということになります。


ネット銀行は店舗などを持たないため運営経費が安く、その分、預金金利が高く出金の手数料なども安いところが多くあります。


ただ自前のATMや店舗はなく提携先での利用となりますの、入金時にも手数料が発生します。


場合によっては、その手数料を限定的に無料にするサービスや金利上昇のサービスをしているところも多くあります。


 まとめとして


銀行において通帳も含めて口座開設するには平日の営業時間のみとなっています。


どうしてもという方は休憩時間の合間に行くなどして対応する必要があります。


ただ口座開設には混雑時などでは30分程度かかることを念頭においてください。


一部金融機関においては土曜日も営業しているので、利便性を考えそちらの最寄りの金融機関に行かれるのが良いかと思われます。


また、ご紹介しましたように通帳はないけど口座開設自体は、ネット銀行を利用するというのも1つの視野に入れられてはいかがでしょうか。


私自身もネット銀行はよく利用していますが、自宅のパソコンで振込処理や残高確認ができるって実に便利ですね。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ