流しそうめんとそうめん流しの違いは初耳ですが発祥の地も違う!

流しそうめん6


流しそうめん、そうめん流しどちらもそうめんを流すイベントとして同じ様な感じですよね。


夏の風物詩という感じがして涼しげでとても風流なものという印象を抱きます。


さて流しそうめんは知っているけどそうめん流しって何?


また反対に、そうめん流しは知っているけど流しそうめんって?


といった初耳の方もいるかと思います。


この流しそうめんとそうめん流しは、そうめんに違いはないのですが流している状態が違っているようです。




スポンサーリンク



 流しそうめんとそうめん流しの違い

では両者の違いを確認させてもらいます。


「流しそうめん」

竹を半分に割って何本も繋げて水路状にした竹を上流から下流に水と一緒にそうめんを流してすくって食べる。


「そうめん流し」

円環(ドーナッツ)状の容器に円状に一周する水流を作り水とそうめんを流してすくって食べる。


以上のように、どのように流して食べるかの違いによって呼び方が変わります。


つぎの画像は、私自身も参加したイベントでの流しそうめんの設営です参考にされてください。

そうめんの投入口も二箇所ある豪華版です!!

流しそうめん
左右からそうめんを投入し、中央の竹に流れ込むようになっています。
流しそうめん1
流しそうめん2
流しそうめん3
流しそうめん4
流しそうめん5

簡単に自宅でできるものとしてはそうめん流しがとても便利ですし、大人数でやるなら流しそうめんが利便性が高いですよね。


さて、そんな流しそうめんとそうめん流しですが知っているのは片方だけというのはよく聞く話です。


なぜそうなってしまうのでしょうか・・


それは、発祥の地がそれぞれ分かれているからなのです。



スポンサーリンク


 発祥の地による呼びか方の違い

つまりその地域で似た形式の食べ方のために片方だけしか知らない人が多いのです。


発祥の地をまとめますと


「流しそうめん」⇒「発祥:江戸」江戸時代に竹に流すそうめんからきています。


「そうめん流し」⇒「発祥:南九州」容器の中で回転するそうめんからきています。


といった具合に発祥が東と西で分かれているため片方しか知らないことが多いのです。


それから、水の中を流れていればどちらの形式であっても


東では → 流しそうめん

西では → そうめん流し


と呼ぶところもあります。


今でこそ、そうめん流しのほうも全国的にそうめん流し器が売られるくらいになりましたが、それまでは流しそうめんのほうが全国的に認知度が高く感じられます。


竹を割った流しそうめんをそうめん流しと呼ぶところであっても、竹を割った流しそうめんの呼び方が風物詩としても人気がありました。


近年では一人暮らしの増加や少人数で過ごすことの多さから、容器に円状に一周するそうめん流しを楽しむ機会が増えてきて、そうめん流しの認知度も増加傾向にあります。


流しそうめんの水を流す3つの方法

流しそうめんの楽しみ方を簡単にご説明しておきましょう。

① 水道水の蛇口からホースを引っ張り水道水かけ流し
 → 夏場は水道水がぬるくなりやすい。

② 氷を入れたアウトドア用タンクから水をかけ流し
 → 氷と水のタンクが空になったら用意する繰り返し作業の手間がある。

③ 氷を入れた鍋またはバケツを使って水をポンプで循環
 → バスポンプを使って水を循環させるのでオススメです。

 衛生面からみた流しそうめん、そうめん流しについて

使った箸をみんなで流す部分に触れることを考えたらどちらも衛生的に接触感染はあり得ることになります。


接触感染と言えば


  • 電車の吊り革や取っ手
  • スーパーの陳列物やカゴ、カート

  • なども接触感染の可能性があるものではあります。


    こう考えますと、日常生活において普段接触感染の恐れのあるものと同等のものでしかないということにはなります。


    ですが、最低限のエチケットとして流しそうめん、そうめん流しをする際は手洗いやうがいをしておきましょう。


    また流しそうめんではホースやポンプなど放置されたものを久々に使う場合、中に菌が存在するので新品を使用することをおすすめします。


    どちらもホームセンターで買えるものなので安価に購入できるかと思います。


    水を循環させる場合には流しそうめん、そうめん流しどちらも共通して言えることですが定期的に水を入れ替えることが大事です。



    まとめとして


    かけ流しの流しそうめんと循環型のそうめん流しを比較しますと


    使用した箸が水に何度も触れて長時間その時間が維持されてしまうことも踏まえると、そうめん流しの方が不衛生のようにも思えます。


    ただ設営もコンパクトで楽しみやすさや利便性はそうめん流しの方が上回るのではないでしょうか。


    風物詩としてどちらも楽しめるものですが衛生面はしっかり確保できるようにしておくことは必須です。


    それをふまえ、流しそうめん、そうめん流しの違いを理解されどちらでも楽しんでいただければと思います。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ