普通郵便で本やDVDを送るときの料金は重さや厚みの制限で変わる





本やDVDを送るにはどのような方法があるのでしょうか。


できれば、簡単でしかも安く送りたいものです。
しかも身近な郵便局が利用できればとても便利です。


今回は、その郵便局の普通郵便を利用して、本やDVDを発送する場合の料金をご紹介させていただきます。


また、普通郵便以外のサービスも比較をしてみましたのでご参考にされてください。


☆ 2017年6月1日より、はがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金を引き上げ ☆


スポンサーリンク


 本やDVDを送るにはどのような方法があるのか

本やDVDを送るにはいくつか方法があります。
でも、送料が気になるところです。


その送料ですが、重さやサイズ、それから厚みによって変わってくるようです。


それでは、送る方法とその料金を見ていくことにしましょう。


まず、送る方法ですが

普通郵便といわれる方法であれば

  • 定形郵便物
  • 定形外郵便物

  • 以上の方法があります。


    また、郵便サービスの中で普通郵便以外であれば

  • レターパック(ライト・プラス)
  • ゆうメール(旧・冊子小包)
  • クリックポスト
  • スマートレター

  • などの発送方法があります。


    では普通郵便といわれる、定形郵便物と定形外郵便物とはどのようなものか見ていきましょう。

    普通郵便とは何?

    普通郵便とは、特殊取扱といわれる「書留」や「速達」などではない

    ・第一種郵便物(定形郵便物、定形外郵便物)
    ・第二種郵便物(ハガキ)

    のことになります。
    「普通扱い」ともいわれているようです。

    なお、ゆうメールは正式には普通郵便ではないようですが、普通郵便と一緒に区分・運送・配達されるため普通郵便と同等に扱われています。



    スポンサーリンク


     定形郵便物と定形外郵便物の違いや料金について

    日常では、定形郵便物とか定形外郵便物とは言わないと思います。


    一般的なイメージからいいますと

    定形郵便物ですと

    封書に切手を貼ってポストに出せる郵便物といった感じではないでしょうか。


    定形外郵便物ですと

    おおざっぱにいえば、先程の封書より少し大きな郵便物ということになるでしょう。

    大きさによっては、ポストの投函口に入ってくれませんので窓口でお願いすることになります。


    それぞれの、送れるサイズや料金などは次の表のようになっています。

    サイズなど定形郵便物定形外郵便物
    最  大23,5㎝×12㎝ 
    厚さ1㎝以内
    縦+横+厚み⇒90㎝以内(縦は60㎝以内)
    最  小14㎝×9㎝①:円筒形かそれに類似したもの
     長さ:14㎝
     直径:3㎝

    ②:①以外のもの
      14㎝×9㎝
    (特例:12㎝×6㎝)
    重  さ50グラム以内4㎏以内

    また、定形外郵便物には規格(サイズ)がありまして、
    その規格より大きいか小さいかで料金が変わります。

    (規格=長辺34㎝、短辺25㎝、厚さ3㎝、重量1㎏)






    以下が料金表になります。

       定形郵便物    25g以内    82円
        50g以内    92円
      


      定形外郵便物
       規格内   規格外
        50g以内    120円   200円
        100g以内    140円   220円
        150g以内    205円   290円
        250g以内    250円   340円
        500g以内    380円   500円
        1kg以内    570円   700円
        2kg以内  取り扱いなし   1020円
        4kg以内   1330円
       通常はがき      62円
       往復はがき     124円
       年賀はがき     52円12月15~1月7日に差し出したもの。
    表面に「年賀」と朱記する。
    (私製でもよい)

    表を見られてお分かりだと思いますが、

    本やDVDなどを普通郵便で送りたい場合でしたら、重さや厚みで判断しても定形外郵便物で送ることになります。


    料金ですが、規格内のサイズで利用可能ですから、その重さによって決まります。
    本やDVD、それと参考にCDを送る場合の料金は次のようになります。


  • 本は、文庫本でも150g以上ですから ⇒ 250円~
  • DVDですと、100g以上ですから ⇒ 205円~
  • CDですと、100g以内ですから ⇒ 140円~


  • 以上のような料金になります。


    重さを実際に量ってみましたのでご参考にされて下さい。


    今回、重さを量ったDVDと文庫本、CDです。

    DVDと文庫本
    本 DVD3
    CD
    CD
    文庫本は153g
    本 DVD11
    DVDは113g
    DVD2
    CDは88g
    本 DVD22

    さて、注意していただきたいのは荷物を梱包しますと重さが変わってきます。


    梱包したあとの重さで、再度料金を確認をされてください。


    定形外郵便物に関する詳しい内容は以下のサイトも参考にされてください。


    定形外郵便は着払いができるのか?ほかの郵便サービスはどうなの?

    定形外郵便のコンビニでの送り方や取扱いのないコンビニはどこ?

    定形郵便物と定形外郵便物の意外な盲点を知っていますか?

     本やDVDを普通郵便以外で送る方法の概略など

    スポンサーリンク



    本やDVDを普通郵便といわれる方法以外で送る場合でしたら、

  • レターパック(ライト・プラス)
  • ゆうメール(旧・冊子小包)
  • クリックポスト
  • スマートレター
  • ゆうパケット

  • 以上のような方法がありました。


    それらの、おおまかな特徴などを表にしましたので参考にされてください。

      種 類サイズ・料金ほか配達スピード
    受取人への配達方法
    信書の発送
    レターパックライト・専用封筒(A4サイズ)
    ・厚さ3cm以内、重量4kg以内
    ・料金は専用封筒の代金360円
    ・補償なし、追跡あり
    ・比較的急ぎ
    ・受け箱投函
    ・信書の発送可能
    レターパックプラス・専用封筒(A4サイズ)
    ・厚さ3cm以上も可、重量4kg以内
    ・封をすることができる状態であること
    ・料金は専用封筒の代金510円
    ・補償なし、追跡あり
    ・急ぎ
    ・手渡し署名
    ・信書の発送可能
    ゆうメール・三辺合計1.7m以内、重量3kg以内
    ・料金は重量制
    → 150g以内で180円
    → 以降最大で710円
    ・補償なし、追跡なし
    ・「ゆうメール」と表記
    ・内容物の確認窓などが必要
    ・規格より大きい小さいで料金が変わる
    ・普通
    ・受け箱投函
    ・信書の発送不可
    クリックポスト・専用ラベルを用いる
    → 登録手続きが必要
    ・サイズの制限はA4まで
    ・厚さ3cm以内、重量1kg以内
    ・料金は全国一律164円
    → yahooウォレットによるカード払い
    ・補償なし、追跡あり
    ・普通
    ・受け箱投函
    ・信書の発送不可
    スマートレター・専用封筒(A5サイズ)A4の半分
    ・厚さ2cm以内、重量1kg以内
    ・料金は専用封筒の代金180円
    ・補償なし、追跡なし
    ・普通
    ・受け箱投函
    ・信書の発送可能
    ゆうパケット・専用ラベルを用いる
    ・3辺の合計が60㎝以内
    (長辺は34㎝以内)
    ・厚さは3㎝以内
    ・重さは1㎏以内
    ・料金は全国一律
    厚さ1㎝以内-250円
    厚さ2㎝以内-300円
    厚さ3㎝以内-350円
    ・補償なし、追跡あり
    ・普通
    ・受け箱投函
    ・信書の発送不可


    それぞれの、送り方の特徴など詳しくは以下のサイトもご覧になって下さい。

    お役に立てると思いますので。


    「関連サイト」レターパックが速達並みの日数で届くのは本当なのメリットはなに?

    「関連サイト」ゆうメールの着払いの送り方は簡単で料金もお安くて便利です

    「関連サイト」クリックポストの配達日数や土日の取扱や利用のメリットについて

    「関連サイト」スマートレターは速達並みの配達日数なのかその利用方法のご紹介

    「関連サイト」ゆうパケットの料金と配達日数はお安くしかも速達並みの配達!?





     まとめとして

    ご紹介しましたとおり、本やDVD、それからCDを送る方法は沢山あります。


    送る数量によって重さが変わってきますし料金も変わります。
    また、今回は説明していませんが着払いの方法もあります。


    皆さんのご都合のよい送り方を利用されて下さい。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ