宅配ボックスの使い方はマンション生活者であれば必須の知識

宅配ボックス



新しいマンションに引っ越したところ、見慣れない箱のようなロッカーのようなものがあったりしますね。


これは宅配ボックスといわれるものです。


今回はその宅配ボックスって何なのか?

どのように使うのか?


そんな皆さんの疑問にお答えしたいと思います。




スポンサーリンク



 そもそも宅配ボックスって何?

そ宅配ボックスは、の名前のとおり、宅配された荷物を一時保管する場所になります。


マンションにもともと設置されています。


設置場所ですが、オートロック式のマンションだと、オートロックの外側にあります。


見た目はコインロッカーのようなものですが、大きさはさまざまです。
そのマンションにもよりますが、大、中、小といったサイズのものがあります。


また、そのサイズも、中にはゴルフバッグが入るくらいのものまであります。


 宅配ボックスの使い方は?

宅配ボックスには暗証番号があるものもあります。


デジタル式の場合はボタンを押してあけますが、ロック式なら番号を合わせて開錠します。


宅配人の方が荷物を宅配ボックスにいれて、その際お知らせ票をポストに入れてくれます。


そのお知らせ票ですが例えば、

「宅配ボックス○番にお荷物を入れました。暗証番号は※※※※です。」


のような内容になっています。


宅配ボックスの内側には、さらに小さな入れ物のようなものがあったりします。
そちらに、印鑑を入れられたり、さらに捺印装置が付いているものもあります。


なので、宅配業社はそれを受け取りのサインとして利用をすることになります。


つまり、業者さんはそれで本人からの受領証を完成させられるのです。


最近ではオンライン式の宅配ボックスもあります。

そちらは、コントロールセンターとオンラインでつながっていて、カードを使って開けられるようになっています。


なお、使い方については、ボックスの中に説明書が入っていることもあります。




スポンサーリンク


 宅配ボックスはどんなものに利用できるの?

宅配ボックスですが、クール便や生ものには使えません。


また旅行書類や航空券、そしてさまざまな重要書類も入れることはできません。

それ以外のものなら大丈夫ということになります。


便利な宅配ボックスですが利用対象は限定されます。


つまり、あくまでも不在者のための一時保管用になります。
なので、毎日仕事で留守にしている人や、家で留守をしてくれる人のいない方が使います。


でも、宅配業者さんたちも高層マンションなどの配達はとても大変で時間がすごくかかります。

そのために原則的に利用が禁止されていても、つい宅配ボックスを使用してしまうこともあります。


またときには、在宅していてもチャイムも鳴らさず、勝手に荷物を宅配ボックスに入れてしまったりすることもあるのでご注意を!


安全面で考えると、宅配ボックスだと防犯面では助かりますね。
普通だと玄関まで運んで来るので、犯罪者に利用されることがあります。


これだとオートロック式のマンションなら中に入ることもありません。
オートロック式でない場合でも玄関まで来る必要がないわけです。


 全ての宅配業者さんが宅配ボックスを使用しているの?

宅配ボックス1

宅配業者さんは、皆さん全て宅配ボックスを使用しているのでしょうか?


疑問に思ったので、業者さんに直接問い合わせてみました。


日本郵政さんと佐川急便さんは、

基本的には、お客様からの要望があれば宅配ボックスに入れてくださいます。


ヤマト運輸さんは、

お客様が住所地に確かに住んでいるという確認がある場合は使用されます。


また佐川急便さんやヤマト運輸さんは宅配ボックス運営会社と提携を結んでおられます。


そして便利なのが、

お客さんが宅配ボックス入れた荷物の発送を行ってくれるサービスをしています。

これだとわざわざ荷物を持って出かけていく手間や伝票を記入する手間もはぶけますね。


ところで、時々宅配ボックスを使用できない業者さんもあります。
その理由としてトラブルが多いからだということです。


例えば、お知らせ票に暗証番号を記入し忘れたとか、暗証番号の記入間違いなど。

また使い方がきちんと分からず、間違って入れたりなどとさまざまです。


 まとめとして


最近は一人暮らしの人が多いので、宅配ボックスのような物はとても便利ですよね。


一人暮らしをされているほとんどの方は、ぜひ利用したいものではないでしょうか。


でも便利な分、トラブルがあるのも確かです。


もし暗証番号が書かれていなかったり、自分が忘れてしまったなら?


その場合には、まずは管理会社に問い合わせてみるしかありませんね。


また、自分では利用したいのに業者さんがなかなか入れてくれないこともあります。
そんな場合には、地域の担当の会社に直接お願いしてみてはどうでしょうか。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ