笑点のメンバーの年齢はどれくらい?プロフィールも満載で必見!!

笑点




放送が50年以上続いている超おばけ番組ともいえる笑点。


国民的番組で、もうなくてはならない番組といっても過言ではないですよね。


でも一人ひとりのメンバーの年齢は幾つぐらいなの?

けっこう若そうな人もいるけど・・・


と思ったことはありませんか。


今回はその笑点のメンバーの年齢や簡単なプロフィール、
そして少しばかり秘密のネタに迫ってみたいと思います。
 


スポンサーリンク



 笑点のメンバーは何歳くらいなの?

笑点のメンバーの方の現在(平成28、6月)の年齢を調べてみました。

また、皆さんのご本名もご紹介させてもらいました。


まずは最近ご勇退された桂歌丸さんですが、今年79歳になられます。
生年月日1936年8月14日・椎名 巌(しいな いわお)


続きまして、年齢の高い順に、

林家木久扇さん:78歳=1937年10月19日生・豊田 洋(とよた ひろし)

三遊亭小遊三さん:69歳=1947年3月2日生・天野 幸夫(あまの ゆきお)

三遊亭好楽さん:69歳=1946年8月6日生・家入 信夫(いりいえ のぶお)

三遊亭円楽さん:66歳=1950年2月8日生・會 泰通(あい やすみち)

春風亭昇太さん:56歳=1959年12月9日生・田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)

林家たい平さん:51歳=1964年12月6日生・田鹿 明(たじか あきら)

そして、桂歌丸さんのご勇退により、新メンバーになられた

林家三平さん:45歳=1970年12月11日生・海老名 泰助(えびな たいすけ)、


座布団運びの山田隆夫さんは59歳になります。
(1956年8月23日生)

こうしてみてみると皆さん結構ご高齢なんですよね。

昇太さんは独身で56歳だなんて見えませんね。

たい平さんも、もう51歳になるんだ、って感じですよね。


 笑点メンバーの方の簡単プロフィール

笑点1

笑点メンバーの皆さんの簡単なプロフィールをご紹介しておきましょう。


桂歌丸さんは、小学4年生のときすでに落語家になることを決めていたそうです。

ご結婚ですが、21歳のときに笑点でもよくネタになられる奥様、冨士子さんとご結婚されました。

そして5代目の司会者として10年位務めてこられ、ご勇退されたばかりです。

三遊亭円楽さんが歌丸さんの死亡ネタをよく披露されていましたね。


林家菊扇さんは、もともと漫画家だったのです。

でもあのとんちが認められて落語界に転身されました。


三遊亭好楽さんは、これまで23回破門されているのです。

でも、そのほとんどがお酒による失敗とのことです。

意外ですね、皆さんご存知だったでしょうか。


三遊亭小遊三さんは、警察ネタや犯人ネタをやられています。

これは、ある事件の犯人が小遊三さんに似ていて、高座でそのネタを披露した所、大うけだったのです。

それ以来そのネタを笑点でもやるようになったそうです。


三遊亭円楽さんは、青山学院大学の法学部をご卒業されたインテリです。

学生時代にアルバイトとして先代のかばん持ちをしていました。
その時に目をかけられてこの世界に入られたのです。

ご自身の苦い経験ですが、20歳年下の女性との不倫が写真週刊誌「フライデー」で報じられたのは衝撃的でした。


春風亭昇太さんは、東海大学の落語研究会のご出身です。

唯一の独身ですが、独演会は常に満席で、観客をドカンと沸かされています。

そして、入門10年で真打になられました。


林家たい平さんは、学生時代ふらっと立ち寄った落語サークルが廃部寸前で、

「なんとかしなければ」

という正義感から落語を始めることになりました。


新メンバーになりました林家三平さんは、お父様が有名な落語家の初代林家三平さんのご子息です。

お兄さんは林家正蔵さんです。


山田隆夫さんですが、10歳の時にちびっこのど自慢でテレビデビューされました。
第26回紅白歌合戦では、ズートルビというグループで出場を果たしています。 

笑点での座布団運びは6代目となりますが、1984年10月7日に就任しています。


以上簡単ですがプロフィールをご紹介させてもらいましたが、
普段、笑点のメンバーはみんなとても仲がいいのだそうです。



スポンサーリンク


 歌丸さんと円楽さんの不仲節は本当なのか?秘密のネタばなし

笑点といえば、歌丸さんと円楽さんの掛け合いですよね。


笑点を見ていて思い出すのが、やはり歌丸さんと円楽さんの過激な死亡ネタでした。
あまりの過激さに歌丸さんと円楽さんは仲が悪いのでは?

といった噂が聞かれます。


ただ円楽さんはもともと毒舌家で、よく師匠の円楽さんさえ「馬」と呼び、からかっていたこともあります。


お二人は、本当の所はとても仲が良くて、深く信頼しあっているのだそうです。


円楽さんが若い頃、ネタに迷って歌丸さんに相談した所、

「俺のことでいいから」

と言ってくださり、それからあのお二人の掛け合いがうまれたようです。


仲がいいからこそ、ああいった掛け合いができるわけですね。
もし本当に仲が悪いのなら、一緒に笑点に出ていないでしょう。


お二人の仲の良さが垣間見える出来事はいろいろあります。


歌丸さんは体が弱く入院したりしました。

そのとき円楽さんがお見舞いに落語のカセットテープを持っていってあげたそうなんです。


歌丸さんはそれを良く聞いて落語を自分のものにされていたのだそうです。


円楽さんにしてみれば、

「絶対死んじゃだめ!」

というメッセージだったのだそうです。


円楽さんの襲名の時にも、自分には3人父親がいると言って、

  • 1人は実の父
  • 2人目は円楽師匠
  • 3人目は歌丸さん

  • と述べられていました。


    また円楽さんは、番組中は目一杯歌丸さんを罵倒して死亡ネタを披露して、収録が終わると必ず歌丸さんに謝っていたようです。


    歌丸さんは歌丸さんで、退院してくると円楽さんがお見舞いに、わら人形を持ってきたと言って笑いをとっていました。


    実際お二人でよく二人会もされています。

    これからも予定されていますよね。


    さて、もうひとつお二人の不仲説が出る原因となっているものがありますが、


    それは、今回、歌丸さんの後に円楽さんが司会をするに違いないと誰もが思ったと思います。
    でも、実際には比較的若い昇太さんがなられたこともあるかもしれません。


    ただ、これは歌丸さんが決められたそうで、

    昇太さんの若さ、明るさと、その即興力がずば抜けているから司会者に選んだのだそうです。


    また笑点メンバーはご高齢の方が多いので、歌丸さんとしては、

    これからも笑点が何十年も続いて欲しいと言う願いゆえに昇太さんを選ばれたようです。

     まとめとして

    笑点はある人にとっては人生そのものと思うほど長寿番組です。


    誰もが慣れ親しんでいる番組ですが、それゆえにちょっとした誤解もされるのだろうと思います。


    でもこれだけ長い間笑わせてくれる番組は、やはりそのメンバーの息のあったあの掛け合いだったりします。


    それぞれの仲の良さゆえに、また笑いが次から次へとうまれてくるのだろうと思います。


    新メンバーになっても、これからの笑点が楽しみですね。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ