夏風邪の症状で子供は高熱に注意!予防や対策はうがいと手洗いで

風邪


風邪と聞きますと冬のイメージですが風邪は年中かかるものです。

中でも子供のかかりやすい夏風邪は、

  • 手足口病
  • プール熱
  • ヘルパンギーナ

  • と三種類ありまして、これは子供の三大夏風邪と呼ばれています。

    この三大夏風邪ですが高熱を伴います。

    では、その他に実際にかかってしまうとどのような症状がでるのでしょうか?



    スポンサーリンク


     夏風邪と冬の風邪との違いは?

    冬の風邪の症状は鼻水、くしゃみ、せきなどが特徴で種類としては、

  • インフルエンザウイルス
  • ライノウイルス

  • というのが主な原因となります。

    ライノウイルスは一度かかると免疫が出来るのですが実は数百種類以上あります。

    なので、免疫は一度かかった症状にしか効かないので何度も繰り返しかかってしまいます。


    対して夏のウイルスの方は、

  • アデノウイルス
  • コクサッキーウイルス
  • エンテロンウイルス

  • というのが主な原因になります。

    こちらの特徴は高熱を伴います。

     子供がかかりやすい三大夏風邪

    風邪 子供

    先程ご紹介しました、

    手足口病、プール熱、ヘルパンギーナという風邪は子供のかかりやすい三大夏風邪といわれる程です。

    それぞれの特徴や症状などを確認しておきましょう。


    ◎ 手足口病

    こちらは、夏になると流行しているか否かがニュースになるのでよく耳にする病名ではないでしょうか。

     * コクサッキーウイルスが原因で発症
     * 口の中、手と足に発疹ができて痛みを伴う
     * 症状は1週間程度で治まる
     * 高熱とまではいかないが37~38度くらいの発熱をすることがある


    ◎ プール熱
    プール熱は正式名称を咽頭結膜熱といいます。
    感染力が強くてプールで感染することが多いのでプール熱と呼ばれています。

     * アデノウイルスが原因で発症
     * 38度以上の高熱が5日間前後続く
     * のどが痛くなり食欲が低下してしまう
     * 腹痛や下痢を伴う
     * 1週間ほどで治まる


    ◎ ヘルパンギーナ
    ヘルパンギーナの特徴は水泡の痛みです。
    激痛で子供は水分でさえ嫌がってしまうので脱水症状に気をつけなければいけません。

     * コクサッキーウイルスとエンテロンウイルスが原因で発症
     * 38度以上の高熱が2~3日続く
     * のどや口に水ぶくれができ、痛みを伴う
     * 1週間程度で自然治癒


    ◎ インフルエンザウイルス
    三大夏風邪の中には入りませんが、実はインフルエンザウイルスは年中活動しているウイルスで夏にもかかります。
    湿気に弱いこともあり冬程には流行しません。
    症状は冬にかかるインフルエンザと変わりありません。

     * インフルエンザウイルスが原因で発症 
     * 38度以上の高熱がでる
     * 体の節々が痛く、倦怠感が強い
     * 病院で薬を処方してもらう

    どの夏風邪にも特効薬といったものはありません。

    なので、自然に治るのを待つしかないのですが、様子がおかしいなと思ったらすぐに小児科を受診するようにしてください。


    スポンサーリンク


     夏風邪にかからないためにはどうしたらいいの?

    先程の説明のように、夏風邪の原因はウイルスが多くなっています。
    ですからまずはそのウイルスに感染しないようにすることが大事です。

    冬の風邪同様にうがいと手洗いをしてウイルスを体の中に入れないことが一番です。

    小さいお子さんだとうがいはなかなか難しいと思いますが、手洗いはしっかり実行しましょう。

    その方法ですが、手の平だけでなく、

  • 手の甲
  • 爪の中
  • 指の先
  • 手首

  • までしっかりと洗うように教えてあげましょう。

    まだ自分で上手に手洗い出来ない子は親御さんが一緒に洗ってあげてください。

    この、うがいや手洗いは風邪だけでなく色々な物を予防してくれます。

    外から帰ったらうがいと手洗いを習慣に出来るようになるといいですね。


     まとめとして

    筆者は大人はほぼかからないという、手足口病に成人してからなりました。

    その時の症状なのですが、

    それはそれは口の中が痛くて水分もとれません。

    足は自分の体重が痛くて歩くのさえ激痛で手は物を持つのも一苦労する有様でした。

    これを子供がかかったらそりゃしんどいよと思った覚えがあります。

    子供が辛そうにしているのを見ている程親が辛い事はありませんよね。

    うがいと手洗いで発症するリスクは減らせますので、しっかりと教えてあげてくださいませ。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ