力士は給料をどこから貰っているのだろうその金額の詳細も公開

力士 給料


日本の国技と言われる相撲ですが、あまり馴染みがないと言う方も多いのではないでしょうか。

相撲については、いろいろ知らないことが多いと言うこともあるかも知れませんね。

その中でも気になるのはお金のこと、お相撲さんのお給料ではないでしょうか。
いったいどこから、どのくらい貰っているのだろう?

今回はそんなお相撲さんのお給料についてのお話しです。



スポンサーリンク



 力士の給料はどこから出ているの?

十両以上の力士は日本相撲協会からお給料を貰っています。

日本相撲協会は相撲の巡業を行い、その入場料が収入の元になっています。
またスポンサーが出してくれる懸賞金も大きな収入になっています。

また、力士には「たにまち」と言われる後援会からもお金が出ています。

十両より下の幕下以下の人達は力士養成員と呼ばれています。
その力士養成員には、基本的にお給料と言うものはありませんし報奨金もありません。

その代わり、本場所ごとに場所手当というものが、年に6回支給されます。

それでは、各力士の給料の金額や内訳の詳細を見ていくことにしましょう。


 十両以上の力士の月給はどれくらい貰えるの?

力士の月給ですが、

  • 横綱は260万6千円貰います。
  • 大関は216万9千円
  • 関脇と小結は156万4千円

  • 幕内は120万9千円
  • そして十両は95万7千円の月給が支給されています。

  • これは年ごとに変動がありますので大体の目安と考えてください。
    その支給ですが、本場所ごとに成されます。

    ですから仮に11月場所で負け越して、1月場所で幕下に落ちるとしても12か月分が支払われます。

    他に9月と12月には賞与が支給されています。

    その賞与は1か月分の給料分ですので、9月と12月は合計すると2か月分貰えることになります。


     力士養成員の報酬はどれくらいなの?

    力士養成員には本場所ごとに場所手当というものが年に6回支給されています。

  • 幕下は15万円
  • 三段目は10万円
  • 序二段は8万円
  • 序の口は7万円

  • 以上の様な金額になっています。

    2か月に1回でこれだけですので、かなり少ないように思いますよね。
    でも基本的な衣食住はかかりませんので大丈夫です。

    本場所の成績によっては奨励金も給されています。
    その内訳ですが、

    勝越し奨励金は:
    ・幕下は2500円
    ・三段目は2000円
    ・序二段と序の口は1500円

    支給されます。

    勝越し金が:
    ・幕下は6000円
    ・三段目は4500円
    ・序二段と序の口は3500円

    支給されます。

    さらにその他、本場所への電車賃や乗車券も支給されます。


    スポンサーリンク


     優勝したらどれくらい貰えるの?

    力士 給料1

    お相撲と言えばやはり優勝金ですよね。

    その気になります1度の優勝でどれだけ貰えるのか?

    と言いますと、

  • 幕内優勝で1000万円貰えます。
  • 十両優勝では200万円
  • 幕下優勝で50万円
  • 三段目優勝で30万円

  • となっています。

  • さらに序二段優勝で20万円
  • 序の口で優勝すると10万円

  • 以上のようになっています。

    幕内優勝の金額はやはり桁が違っていますね!!


     本場所特別手当

    関脇や小結以上の力士にはさらに本場所特別手当というものが支給されています。

    こちらは、本場所に出場するたびに貰えるもので、年に6回支給されます。
    出場の日数によって金額の違いがありまして、

    ◎ 11日以上出場した場合は、

  • 横綱で20万円の全額貰えます。
  • 大関は15万円の全額
  • 関脇と小結は5万円の全額になります。

  • ◎ 6日から10日の出場の場合ですと、それぞれ満額の3分の2が支給され、

    ◎ 5日以内の出場は満額の3分の1が支給されます。


    全休の場合は当然支給されません。


     出張手当

    これまでの支給にさらに手当てもあります。

    十両以上の幕内の力士には出張手当も支給されているのです。
    その内訳ですが、1日の宿泊費と日当を35日分貰えることになっています。

    さらにその金額の内訳ですが、

  • 横綱の場合は:
  • 宿泊費8千円に日当3千円を足したものが35日分。

  • 大関は:
  • 宿泊費7千5百円と日当2千円を足した分の35日分。

  • 関脇と小結は:
  • 宿泊費6千5百円に日当1千600円を足した分の35日分。

  • 前頭は:
  • 宿泊費5千7百円に日当1千4百円を足した分の35日分。

  • 十両は:
  • 宿泊費5千円に日当1千2百円を足した分の35日分がそれぞれ支給されています。


     まとめとして

    いかがでしょうか。

    今まであまり知らなかったお相撲さんたちのふところ事情がお分かりでしたでしょうか。

    いろいろと支給金の内訳があり、ざっと見ただけでは頭の整理ができませんね。

    ただ、こうしてみてみると、幕内になるとかなりの額のお金を貰えるようになることが分かります。

    これだから幕下の力士さんたちも、夢を目指して頑張れるんでしょうね。

    あの巨体がぶつかり合いというすさまじいスポーツだから、金額としては妥当ではないでしょうか。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ