印鑑を紛失してゆうちょの通帳が使えない!改印と解約どっち?

印鑑を紛失してゆう貯の通帳



ゆう貯銀行の口座を持っているのだけど、ほとんどATMで用事を済ませてしまいます。

なので、いつの間にか印鑑が失くなっているということも・・・


でも急な用事で通帳と印鑑を持って窓口に行かなければならなくなりパニックに!!

そういうことを経験している人は結構多いはず。


そこで印鑑を紛失してしまった場合に、改印する方法を知っておくのは大切なこと。

今回は印鑑を紛失してしまった場合どうすればいいのか?
また改印の仕方についてお話ししましょう。
 


スポンサーリンク



 ゆう貯の印鑑を紛失したらどうすればいいの?届け出は?

ゆう貯銀行の場合、印鑑をなくしたからと言って紛失届を出す必要はありません

印鑑を失くした時の手続きとして改印する必要があります。


その改印をするために必要なものですが、

  • 通帳
  • キャッシュカード
  • 新しく登録する印鑑
  • 本人確認のできる運転免許証やパスポート、保険証

  • などを持って行かなければなりません。

    またゆう貯銀行で貰える改印届書も必要です。


    事情に応じては、後日照会書が郵便局から送られてきますので、それを持参して窓口に行かなければならないこともあります。


     改印の仕方は状況によって違う3パターンとは

    改印にも状況によって手続き方法も変わってきます。

    その事例を3つのパターンで説明させていただきます。

    改印方法1

    印鑑を紛失してしまった口座でキャッシュカードを作っている場合で、
    暗証番号が一致していればすぐにその場で改印ができます

    その際に必要なのは、

    ・通帳
    ・キャッシュカード
    ・新しい印鑑
    ・保険証などの本人確認ができるもの
    ・改印届書

    この場合、本人確認に必要なものは顔写真が入っていないものでも大丈夫です


    改印方法2

    こちらもその日のうちに改印できます。

    顔写真付きの証明書
    (運転免許証、パスポート、顔写真付きの住基カードなど)を、

    ・通帳
    ・新しい印鑑
    ・改印届書

    これらと一緒に提示すると、すぐその日のうちに改印することができます


    改印方法3

    保険証など顔写真のない証明書を提示する場合ですが、
    (→ 運転免許証、パスポート、顔写真付きの住基カード等がない場合)

    保険証と共に

    ・顔写真のある社員証や学生証
    ・他の顔写真のあるもの

    を一緒に提示することになります。

    これらと共に

    ・通帳
    ・新しい印鑑
    ・改印届書

    を窓口に出します。

    この場合は、その日は窓口での受付だけになり、そのまま帰ることになります

    後日ゆう貯銀行から照会書が送られてきますので、それを持って再び窓口に行くと改印が完了できます。


    以上のように基本的には、

    口座の名義人である本人が、顔写真のある証明書と必要な書類を出せばその日のうちにすぐ改印ができるというわけです。


    もし本人が行けなくて誰かに頼む場合は委任状が必要となります。

    この場合は、その日のうちに改印できないこともありますのでご注意を。



    スポンサーリンク


     印鑑も通帳も失くして暗証番号も忘れてしまった場合は解約も

    印鑑も通帳も失くして暗証番号も忘れてしまった最悪もあるでしょう。

    このような場合でも、

  • 顔写真付きの証明書
  • 新しい印鑑
  • を持って窓口に行くと、すぐ改印ができます


    そして、口座の印鑑が登録されると通帳が再発行され、暗証番号の問い合わせも可能になります。

    ゆう貯銀行の場合、暗証番号の照会は郵送で通知されますので、後日照会書を持って行くことになります。

    ただこの場合の通帳の再発行には手数料も必要になります


    なので、もし解約しても支障のない口座であるなら、
    通帳の再発行や暗証番号の照会をしてもらわないでいったん解約し、新規に口座を作れば無料になります。
    新規口座もすぐ新しく作ることができます。

    手順としては、

    今までの口座を解約する。

    新規の口座を作る。

    前の口座に残っていた残高を新規の口座に入れてもらう。

    そして新規の口座のカードを新しく作ればいいわけです。


    但し注意したいのは、今までの口座で

  • 給料の振り込み
  • 様々な支払いをその口座から引き落として貰っている場合

  • このような時は、解約しない方がいいでしょう。
    解約したことで、改めて振り込み先や引き落とし先の手続きをすることになりますので。

    それでも解約したいのでしたら、時間の余裕をもって行動しましょう。


     認知症の母親が通帳と印鑑を失くしてしまった例

    印鑑を紛失してゆう貯の通帳2

    認知症の母親が通帳と印鑑を失くしてしまい、

    もしその認知症の母親が自分で手続きに行けないなら、代理人として子供やほかの人が行くことになります。

    その際、

  • 本人確認のできる証明書
  • 新しい印鑑
  • 口座名義人が書いた再発行請求書
  • 委任状

  • が必要になります。

    尚、その母親の病状にもよりますが、

    もし本人が再発行請求書や委任状を書けないようなら、「成年後見人」という制度を申し立てなければなりません。


     まとめとして

    突然通帳と印鑑が必要になり、ところが印鑑を失くしていたということに気付くと、何をどうしたらいいのか頭の中が真っ白になってしまいます。


    でも普段からそういうときの心構えができていれば慌てる必要もありません。

    なのでそういう場合のために、

  • どんなものを用意して
  • どうすればいいのか

  • を知っておくのはとても大切なことです。


    この記事を通して、どうすべきかをぜひ参考にしてみてくださいね。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ