足つぼが痛い理由は何?ツボを押すと悶絶する痛みの具体例とは

足つぼが痛い理由



時々テレビで罰ゲームとして、小さな石ころがちりばめられた床を歩かされているのを見かけます。

とても痛がっている様子がすごく面白く映っていますよね。
でも中にはさほど痛く無さそうな人もいます。

では、足の裏を刺激すると悶絶するほど痛くなるのはどうしてなのだろうか、という疑問がわいてくるわけです。

今回は足裏の、特につぼを押したときの痛みの原因は何なのかについて一緒に考えてみましょう。



スポンサーリンク



 足の裏は老廃物がたまりやすい場所!反射区とは何?

足は身体の中で、一番下に位置しています。

ですから、身体の血が足の裏に集まってくるわけです。

ということは身体の老廃物である、

尿酸や乳酸

といったものが、足の裏に溜まりやすくなると言えるわけです。


そうした老廃物が溜まると、その部分がしこりのようになり、硬くなってきます。

それをよくマッサージすることでほぐしてあげると、血行が良くなり、老廃物も排出されます。


さらに、足の裏には全身の様々な部位に対応する、

反射区

という領域がちりばめられています。

その反射区ですが、つぼのことです。

例えば、足の親指は頭に対応するつぼが存在しています。

足の指のすぐ下の部位で、ふくらみをおびた部分は肩やその周辺に対応するつぼが存在しています。

また、土踏まずを囲むようにして腰回りや胃腸に対応するつぼがあります。



スポンサーリンク


 足裏のつぼが痛くなるのはどうしてなの?その具体例とは

足裏には身体のそれぞれの部位に対応するつぼがあることは説明しました。

そのつぼですが、身体のあちこちにトラブルが生じると、それに対応する足裏のつぼにも何らかの異常が生じるわけです。

例えば足の親指は頭に対応するつぼがあると言いましたが、

  • ストレスを感じたり
  • 睡眠不足であったり
  • パソコンやスマートフォンを長時間使う

  • すると足の親指が痛くなったりします。

    さらに、

  • 胃腸の調子が悪い
  • 便秘だ

  • という方は、土踏まずを囲むようにその周りがむくんできたり、押すと痛みが生じやすくなります。


    また、足裏のかかとの部分には生殖器に対応するつぼがあります。

    それで女性の方は何らかの婦人病や生理不順などがあると、かかとのつぼが硬くなってきます。

    男性でも女性でも、ホルモンバランスが崩れる場合も、同じようにかかとが硬くなります。


    他にも冷え性やむくみ、腰痛などがある場合、足の裏のそれぞれの部分が異常をきたしてきます。


     足裏のつぼを押して不快を和らげる方法

    症状別の改善方法をいくつかご紹介しておきましょう。


    ◎ 不眠

    なかなかよく眠れないと思う方は足の親指をマッサージすると眠れることがあります。

    また、片頭痛のある方は短い時間でいいですから、少し痛みを感じる程度の力で足の親指をほぐすことで和らぐこともあります。

    ただし、やりすぎると逆に頭痛を引き起こすこともありますのでご注意ください。


    ◎ 腰痛や便秘、胃腸の不快感

    腰痛や便秘、胃腸の調子が悪いという方は、土踏まずを囲むようにつぼを押していくと改善されることがあります。


    ◎ 肩こり

    肩が凝るという方は足の指のすぐ下にあるふくらみをほぐすと、肩こりが和らぎます。


    ◎ ストレス
    ストレスを感じていたり、パソコンやスマートフォンの使い過ぎで疲れを感じる場合は、足の親指をほぐしてみるのもいいでしょう。


     大切な心臓や肝臓に対応する足裏のつぼはどこにある?

    心臓と肝臓は身体の中でもとても肝心要な臓器です。その名の通りですね。

    ですからこの二つの臓器に対応するつぼに異常をきたした場合には、そこをほぐしてあげることで和らげられます。

    それでその二つの臓器に対応するつぼの場所を、是非知っておきましょう。


    ご自身の足裏を観察してみましょう。

    足の指の下側に少し膨らんだ部分があります。

    そのふくらみの下の部分のやや外側に位置しますが、

    左足のその部分には心臓に対応するつぼがあります。
    右足のその部分には肝臓に対応するつぼがあります。

    足つぼが痛い理由2

    脂肪分の多い食べ物や糖分の多いものを食べ過ぎて、血液がドロドロになると心臓に負担がかかります。

    すると、足裏のそれに対応するつぼにも痛みがあるなど異常が見られるかもしれません。

    もしそうであるなら、食べるものを見直すようにしてみましょう。


    また、添加物の摂りすぎやアルコールの飲み過ぎなどで肝臓に負担がかかり、足裏の肝臓に対応する部分に痛みや異常をきたすなら、食生活を改善するようにしましょう。


     まとめとして

    人間の体は本当によく作られていますよね。

    足の裏には身体のほぼ全体に対応するつぼがあるというのも驚きです。

    最近は足つぼに関する図式が手に入りますので、何か不調を感じるならその図式をもとにつぼを押されてみて下さい。

    きっとなんらかの改善が現れることでしょう。

    私も日頃から足の裏のあちこちを押してみて、強く痛みを感じるところは、重点的に押してみたいと思います。

    毎日の足裏のケアで、元気で健やかにお過ごしくださいますように。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ