不妊症の治療は女性にはとても負担がある?初歩的な知識と対策とは





晩婚化が進む中で、不妊症に悩む夫婦が急増しています。

30年以上前は、男性も女性も24,25歳~遅くとも27,28歳までに結婚するのがごく普通でした。

ですから不妊症という問題はとても珍しいものでした。

最近では妊娠のタイムリミットと言われる35歳を過ぎてから結婚する人が増えています。

そのために不妊症に悩まされている人も多くなったわけですね。

今回は不妊症の治療とはどんなものなのか?

また見落としがちな、身体的な負担とはどのようなことなのかをお話ししたいと思います。


スポンサーリンク



 不妊症の治療とはどんなことをするんだろう?

不妊症の治療には数種類あります。

不妊の原因も幾つかありますので、その原因に対する治療法が行われるわけです。

その治療法をまとめてみました。

〇タイミング法〇

不妊治療の一番最初の段階として行われるものに、タイミング法という治療法があります。

・おりものの状態
・卵胞の大きさ
・血液中の値

こららを総合的に調べると、排卵日を正確に知ることができます。

それをもとに、医師から妊娠の確率が高い日に性交渉を行うよう指導されるものです。

〇人工授精〇

タイミング法を試しても妊娠しないなら、人工授精という治療法に移ります。

人工授精とは、人の手で人工的に精液を子宮内に注入する治療法になります。

これを行う前にヒューナーテストと言って、

・妻の子宮が夫の精子を受け入れる環境にあるかどうか
・またどれだけ受け入れる能力があるのか

を調べます。

そのヒューナーテストが良くない場合や排卵日に性交渉を行っても妊娠しない場合、あるいは精子に不妊の原因があると考えられる場合に人工授精が行われます。

〇体外受精〇

人工授精を行っても妊娠しない場合は体外受精という治療法が行われます。

読んで字のごとく、体外で精子と卵子を受精させ、その受精卵を子宮に戻す治療法です。

こちらは、一定の期間

・人工授精を行っても妊娠しなかったり
・精子に不妊の原因が見られる場合
・あるいは卵管の閉塞などが原因で妊娠できない場合

などに行われます。

〇顕微授精〇

体外受精でも妊娠せず、

・精子の運動力が弱いとか
・奇形の精子の割合が高い場合
・さらには抗精子抗体が存在し、受精障害を引き起こしていると考えられる場合

などで顕微授精が行われます。

この顕微授精は、体外受精と同じく体外で受精させた受精卵を子宮に戻す治療法ではありますが、受精の仕方が違います。

体外受精の場合、精子が自力で卵子に入り込んで受精させるのに対し、顕微授精ではガラス管を用いて精子を卵子に注入して受精させます。

体外受精よりも人工的な要素が高くなるわけです。


スポンサーリンク


 女性にとって不妊症の治療は精神面や身体的にどんな負担があるの?

不妊治療不妊という言葉があります。

これは治療による苦痛が原因でかえって妊娠しづらくなることを言います。


卵管造影という治療がありますが、これは卵管の中に管を入れて造影剤を流し込むものですが、あまりの痛さに気を失いそうになるほどです。

ホルモン注射などの回数もかなり多く、もう注射できる場所がないほど注射づけで、ときには歩行が困難になることもあります。

飲み薬も多くなってきますと、薬づけの状態になります。


また精神面においても、

  • 子供が欲しいという強い願いによる焦りやストレス
  • 親族や周りの人達からのプレッシャー
  • 周囲の心無い言葉

  • などがあります。


    そして金銭的にもかなりの費用がかかり、負担が大きいです。

    ですから、この不妊症の治療で、何よりも大変なのは「いつ諦めようか」という部分ではないでしょうか。


    例えば、年齢も40歳をとっくに過ぎても諦めきれずに、今度こそ今度こそという思いにかられ、なかなかやめるタイミングをつかめずにどんどん費用がかさんでしまいます。

    なので、不妊治療を始める段階で、

  • いついつまでやるとか
  • いくらの金額までやる

  • ということを決めて始めるのも重要な部分です。


    必ずしもみんながこういう状況になるわけではありませんが、このようなことに悩まされている方のご参考になれば幸いです。


     不妊症の治療はいつ始めればいいのだろう?判断や対策とは



    健康な20代のカップルが、

    1年間避妊をせずに性交渉を行うと、1年以内に妊娠する確率は90%です。

    2年以内では95%の確率で妊娠すると言われています。


    ですから20代であれば2年が過ぎても妊娠しないなら不妊治療を始めるのが一般的です。

    しかし30代に入ると、妊娠する確率はぐんと下がっていきますので、
    1年を過ぎても妊娠しないようであれば不妊検査をすることが勧められています。


    35歳を過ぎますと妊娠する確率はさらに低くなりますので、
    半年間も妊娠しないなら検査を受けてみるのもいいのではないでしょうか。


     まとめとして

    最近の風潮として、男性女性ともに20代で結婚するのは早すぎる、あるいは結婚に関心がないという人が増えています。


    そして、30代に入るとそろそろ結婚しないと、という思いが出てくるようですが、女性の場合妊娠のタイムリミットが近づいてしまいます。

    「30代になって子供も産んでおきたい」

    と思っても、すぐに結婚相手が現れるわけではありません。
    結果的に、どんどん妊娠する確率が無くなっていくわけです。


    個人的な意見ではありますが、20代のうちに結婚する気になれないとしても、

    「35歳までには子供を産む」

    という人生設計をもっておくことは大切ではないでしょうか。

    後々つらい思いはしないようにしましょう。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ