婚約指輪の相場っていかほどなの?そもそも婚約指輪って必要なの





ある程度の期間お付き合いを重ねてきて、晴れてプロポーズの運びとなるのは本当にうれしいもの。

プロポーズをする方もされる方も、一生に一度の大切な瞬間です。

そして、そのセレモニーに付き物なのが婚約指輪。

でもその婚約指輪って決して安いものではありません。

もし万が一プロポーズが失敗した場合、無駄になってしまうこともあり得るのです。

それでこの記事では、婚約指輪ってどれくらいの相場なのか?

また本当に必要なものなのかについて考えてみたいと思います。


スポンサーリンク



 知っているようで知らない婚約指輪って何だろう?

改めて婚約指輪とは何か考えたことがおありでしょうか。

婚約指輪とは、男性が女性にプロポーズをする時に差し出す指輪のことですよね。

プロポーズを受けた女性が、結婚するまでの間に着けて、婚約したことを周知する役割を果たします。

そして、結婚後はパーティーなどへのお呼ばれやお出かけの際、結婚指輪と一緒につけたりします。

一般的には一粒のダイヤの石が付いているものですが、今では様々なデザインの物があります。

プロポーズの際に、婚約指輪を省く男性もいるようですが、後々死ぬまで文句を言われることもあるようですよ。


 似た感じの婚約指輪と結婚指輪の違いって何だろう?

婚約指輪と結婚指輪の違いですが、

〇 婚約指輪 ⇒ダイヤの石が付いた装飾のきらびやかなもの

〇 結婚指輪 ⇒かまぼこ型でシンプルなあまり飾り気のないもの

になります。

結婚指輪は、結婚後に常に着けている指輪のことですね。
これは男性も女性も既婚者であることを周知する役割を果たします。

長年にわたって日常的に着けるものなので、腐食しにくい金やプラチナ素材のものが一般的になります。

最近では、女性の側の結婚指輪は装飾が施されているものが出てきています。

例えば、エタニティという小さなダイヤがちりばめられたもので、人気も出てきています。



スポンサーリンク


 気になる婚約指輪の一般的な相場はどれくらい?

昔は婚約指輪の相場というと、お給料の3倍と言われていました。

でも、今の時代はそういうことはありませんのでご安心ください。

だいたいの一般的な相場は25万円から35万円位です。
経済的な問題で5万円から10万円くらいの場合もあります。

上を言えばきりがありませんが、100万円以上や数千万円という場合もあります。

それぞれの経済状態に合わせて用意すればいいですね。


では、30万円くらいの婚約指輪で買えるダイヤの大きさですが、

海外の有名ブランドの物ですと、0,2カラット~0,3カラット位になります。

ノーブランドのものであれば、0,4カラット~0,5カラット位になります。


 お金もかかるしそもそも婚約指輪って必要なものなの?


スポンサーリンク



金銭的な理由や2度目の結婚だからとか、様々な理由で婚約指輪は買わずに、結婚指輪だけというカップルも2割ぐらいはいます。

ある調査によりますと、結婚するカップルの7割以上の人が婚約の記念品を贈っているとのことです。

そのうちの9割以上のカップルが婚約指輪を選んでいるのだということでした。


この婚約指輪の起源と言いますが発祥ですが、

古代ローマの時代より、「永遠の愛情と共に生きる覚悟」を表現するのに最もふさわしいものとして今に受け継がれているものです。

婚約指輪を買わずに、その分を新婚旅行や新居の準備に充てることにしたカップルは、後に後悔したという人もいます。

その時は必要だと思わなかったのですが後になってから、

「婚約の記念として一生涯残る形を残しておけばよかった」

と思ってしまうのです。


 婚約指輪に対する女性の本音ってどんなもの?



ここで、女性は婚約指輪に対してどんな本音をもっているのか紹介しておきましょう。

男性への経済的心配などから気をつかい、婚約指輪を欲しいと言えなかったという女性は結構います。


女性にとって結婚は小さいころからの夢で、

「大きくなったらステキなお嫁さんになりたい」

と思いながら成長していく人も多いのではないでしょうか。


ですから、当然ステキな男性から婚約指輪を差し出されながら、プロポーズを受けることも同じように夢見ているわけです。

高価なものではなくても、二人の婚約の記念としていつまでもとっておきたいと思うものです。

そして、婚約指輪を貰うことで、

「愛されている」とか「大切に思われている」

という安心感や、愛情を確認できるものではないでしょうか。


結婚後にどんなに高価な指輪を貰っても、婚約指輪には代えることはできないのです。

2,3万円のものでも構いませんので、是非婚約指輪を用意してあげて欲しいものです。


 まとめとして

男性にとっては結婚を決め、婚約するうえでもいろんな面で大変なことがいっぱいあるかと思います。

今回紹介しました婚約指輪もその一つかもしれません。

でも背伸びをせずに、等身大で自分にできる精一杯の愛情を示せば、女性はみな心から喜んでくれることでしょう。

一生に一度の大切な思い出を一つでも省かないようにして、後々後悔したりしないようにしたいものですね。



スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ