翻訳英語のサイトはどれが信頼できるのか10サイトを比較してみた





最近はどこを見ても横文字ばかりが多く、意味が分からないこともしばしば。

テレビを見ていても政治家が訳の分からない横文字言葉を連発していて、
何を言っているのか全く分からない。

「こんな時はインターネットで調べてみるに限る」

と思うことはありませんか?

インターネットでは数多くの翻訳サイトがあり、どれを利用したらいいのか迷うほどです。

そして、

「翻訳サイトはそのまま鵜呑みにしていいものだろうか?」

と心配になるのも事実です。


そこでこの記事では、10個のサイトを比較検討してみることにしました。

どのサイトが一番信頼できるのかを見てみましょう。


スポンサーリンク



 翻訳サイトはどれもみな同じなの?

インターネットが普及して物事がグローバル化している中で、

  • 海外のサイトを見る機会や外国人とのチャット
  • メールでのコミュニケーション

  • の機会が増えました。

    そのためにも翻訳サイトを利用する人もどんどん増えています。


    しかし、ただやみくもにどこかのサイトを利用してみても、

    「全く意味が分からない!?」

    といった現象が多々あります。


    つまり、翻訳サイトの中には、

    直訳してしまったり、いくつかある意味の中のどれを用いたらいいのかの判断が付かずに訳してしまうことがあります。

    とは言え、正確に翻訳してくれるサイトもないわけではありません。

    翻訳機能もそれぞれ様ざまですので、
    どのサイトが一番自分にあっているのかを見つけたいものです。

    それでは無料で使える翻訳サイトの内で、
    お勧めできるものをピックアップしていきたいと思います。


    スポンサーリンク


     実際にそれぞれの翻訳サイトを比較してみましょう。

    では次の2つの英文を用いて、10個の翻訳サイトを比較してみましょう。

    2つの英文だけですべてを判断するのは難しいかもしれませんが、大体の目安になればと思います。

    < 英文の例 >

    (1)It seems that Lisa has really taken Mary under her wing.
    「リサがメアリーの面倒をよくみてくれているようなの。」

    (2)Kids can get along so well.
    「子どもたちはとても仲良くできる。」


    上記2つの英文をそれぞれのサイトで訳した結果です。
    どのようになっているでしょうか。

    Google翻訳
    (1)「リサは本当にメアリーを翼のに下に連れて行ったようだ。」
    (2)「子供たちはとてもうまくやっていくことができます。」

    エキサイト翻訳
    (1)「リサが翼の下のメアリーを本当につかまえたように思われる。」
    (2)「子どもはそんなにうまくうまくやっていくかもしれない。」

    weblio翻訳
    (1)「リサが彼女の陣営の下にメアリーを本当に連れて行ったようです。」
    (2)「子どもは、とてもよくうまくやっていくことができます。」

    Yahoo!翻訳
    (1)「リサが彼女の陣営の下にメアリーを本当に連れて行ったようです。」
    (2)「とても健康なものに沿った子供canget。」

    So-net翻訳
    (1)「リサが彼女の陣営の下にメアリーを本当に連れて行ったようです。」
    (2)「子供は、とてもうまくやっていくことができます。」

    アルコワールド翻訳
    (1)「リサが彼女の陣営の下にメアリーを本当に連れて行ったようです。」
    (2)「子供はとてもよくやっていくことができます。」

    Infoseekマルチ翻訳
    (1)「リサが彼女の陣営の下にメアリーを本当に連れて行ったようです。」
    (2)「子供は、とてもよくうまくやっていくことができます。」

    @nifty翻訳
    (1)「リサが彼女の翼の下のメアリーを本当につかまえたように思われる。」
    (2)「子供はそんなにうまくうまくやっていくかもしれない。」

    Baiduオンライン翻訳
    (1)「リサは本当に彼女の翼の下に連れてマルイを持っているようです。」
    (2)「子供たちはとてもよくやっていくことができます。」

    bing翻訳
    (1)「それはリサが本当に彼女の翼の下にメアリーを撮影しているようだ。」
    (2)「子供たちはとてもよく仲良くすることができます。」


    以上の訳文を比較してみますと、一長一短はありますが、

    意味が一番近くわかりやすく訳されているのは「Google」ではないでしょうか

    各翻訳サイトの総評としましては、

    (1)に関しましては、“under her wing”をうまく訳せているサイトはありませんでした。

    (2)に関しましてはbing翻訳が一番正確でした。

     日本語の英訳に関してはどうなんだろう?



    続いて、日本語の英語訳に関してはどうなのか?
    こちらも2つの文例を用いて訳してみましょう。

    <日本語の文例>

    (1)中に入る前に靴を拭いてよね。
    “You should wipe your shoes before coming inside. ”

    (2)交通違反の切符を切られたことはある?
    “Have you ever gotten a traffic ticket?”


    同じくそれぞれのサイトで日本語を訳した結果になります。

    Google翻訳
    (1)“Wipe the shoes before entering into it.”
    (2)“We’ve been ticketed for traffic violations?”

    エキサイト翻訳
    (1)“After shoes are wiped up before entering the inside ,aren’t they?”
    (2)“Have you clipped a ticket for traffic violation?”

    weblio翻訳
    (1)“Wipe shoes before entering inside.”
    (2)“Has it been punched the ticket of the traffic violation?”

    Yahoo!翻訳
    (1)“Wipe the shoes before entering into it.”
    (2)“We’ve been ticketed for traffic violations?”

    So-net翻訳
    (1)“Wipe the shoes before the.”
    (2)“We’ve cut the traffic ticket?”

    アルコワールド翻訳
    (1)“Wipe the shoes before the.”
    (2)“We’ve cut the traffic ticket?”

    Infoseekマルチ翻訳
    (1)“Wipe the shoes before entering into it.”
    (2)“We’ve been ticketed for traffic violations?”

    @nifty翻訳
    (1)“Wipe the shoes before entering into it.”
    (2)“We’ve been ticketed for traffic violations?”

    Baiduオンライン翻訳
    (1)“Wipe the shoes before entering into it.”
    (2)“We’ve been ticketed for traffic violations?”

    bing翻訳
    (1)“Wipe the shoes before entering into it.”
    (2)“We’ve been ticketed for traffic violations?”


    以上のような英訳結果が出ました。

    モデル文はあくまでも会話的な訳ではありますが、皆さんはどのような印象を持たれましたでしょうか。


    各翻訳サイトの総評ですが、

    (1)に対する翻訳サイトの英訳では、ほとんどが命令口調になってしまいました。
    また、日本語の意味合いでは、家の中にいる人が、
    外から帰ってきた人に対して言っている言葉ですが、
    翻訳サイトはそれもうまく訳せていませんでした。

    全体的に見て日本語に近かったのは、“Wipe the shoes before entering into it.”です。


    (2)に関しましては、話している相手に聞いている文ですが、
    翻訳サイトでは自分たちが切符を切られたことがあるか、
    と聞く言い方になっている文が多いです。


    エキサイト翻訳は「あなたは違反切符を切ったことがありますか?」というふうに、相手が警察官になってしまっています。

    その中で、かろうじて一番日本語に近かったのは「weblio翻訳」でした


    日本語を英文に訳す場合ですが、
    意味合いやニュアンスを訳すのはとても難しいということが分かりました。

     まとめとして

    ごく限られた例文だけですべてを判断することは難しいですが、
    今回の結果を参考にされ、ご自分に合ったサイトを見つけて頂けたら幸いです。

    ご紹介しましたように、機械での翻訳はまだまだ人間の脳には追いつかないようです。

    なので、ある程度の参考にするのはいいですが、鵜呑みにはできないのが現実ではないでしょうか。

    以上のことをよく理解され、うまく翻訳サイトを利用して頂けたらと思います。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ