中絶手術の痛みはどんなものなの?中絶後遺症候群の知られざる症状とは





この日本において、

毎年約20万件の堕胎が行われているということが確認されています。

せっかく授かった大切な命を、人工的に死に至らしめるというのはとても悲しいことです。


様ざまな事情があるとは思いますが、やはりとても悲しくつらいことではないでしょうか。

また中絶は母体にもかなりのダメージが伴います。

身体的な傷はもちろんですが、精神面でもかなりの傷を負うことが知られています。


この記事では、中絶ということにはどのようなダメージが伴うのか?

そして、心身の痛みとはどのようなものかにもスポットを当ててみたいと思います。


スポンサーリンク



 中絶を行う際の前処置とは?それにも痛みがともなうことも

まずは、中絶手術には

  • 初期中絶手術
  • 中期中絶手術

  • この2種類があることをお伝えしておきたいと思います。


    そしてどちらの場合も手術を受ける前の前処置というものがあります。

    これは手術がスムーズに行われやすくするための処置ですが、
    手術の2日前から手術の前日までに行われるものです。


    その処置の方法ですが、

    細い棒状のものを子宮口に挿入し、少しずつその本数を増やしながら子宮頚管を拡張させていきます。

    そいて回数や本数は胎児の週数や大きさ、子宮頚管の状態によって異なりますが、
    最終的には10数本まで増やしていきます。

    これは先ほども言いましたように、

    子宮口を広げる処置ですので多少の痛みは伴います


    普通は我慢できないほどの痛みではありませんが、
    痛みに耐えられない人は医師と相談の上、麻酔を使用してもらうこともあります。


     初期中絶手術の痛みはどんなものだろう

    初期中絶手術の場合は、

    掻把(そうは)法あるいは吸引法と呼ばれるものが行われます。


    掻把法とは、
    手術器具を用いて子宮内に根付いている赤ちゃんを掻き出す手術法です。

    吸引法とは、
    チューブを用いて子宮の中から赤ちゃんを吸い出す方法です。


    どちらの手術も麻酔を用いて行われますので、痛みはほとんどありません。

    しかし、手術を行う前段階において腕に点滴を打ったり、
    膣内の洗浄や消毒が行われる際に、膣が器具で広げられる痛みや違和感はあります。

    その段階で痛みがひどい場合でしたら、その旨を医師に伝えることもできます。


    その後は全身麻酔が行われ、意識がなくなった中で手術が行われます。

    術後、麻酔が切れて意識が戻った後、
    体を動かしたりすると腹部の痛みや違和感は残っていることがあります



    スポンサーリンク


     中期中絶手術の痛みはどんなものだろう

    中期中絶手術の方法は、

    ブレンディングといって、子宮の収縮を促す薬剤を投与し人工的に陣痛を誘発させて胎児を娩出させる方法がとられます。

    こちらは初期中絶手術のように麻酔が使われることはありません。


    普通の出産と同じように陣痛が起きて、痛みが生じるわけです。

    最初は生理痛のような痛みがあり、徐々に痛みの間隔が規則的に短くなっていきます。

    この痛みは陣痛によるものですから耐えられないほどのものになります。


    それから術後は子宮収縮剤が投与されるために、
    子宮が突っ張ったような痛みや違和感があります。

    これは広げられた子宮が元に戻ろうとするための痛みです。


    あまりにひどく痛むようであれば、その旨を医師に伝えてみましょう。


     中絶手術後の痛みはどんなものなの?

    スポンサーリンク



    中絶手術を行ったその後ですが、

    術後1週間から10日間くらい出血が続きます

    その際には生理痛のような痛みが下腹部にあります。


    もし、術後に医師から説明を受けた出血量より出血が多い場合や、
    痛みがひどい場合は手術を受けた産婦人科を受診されてください。


     聞き慣れない中絶後遺症候群PASとはどんなもの?



    中絶をすることにより体には大きな傷がつきますが、心にもひどい痛みが残ります

    中絶が原因でPTSDを発症する場合があり、これを通称PASといいます。


    中絶をするということは、お腹の中に新たに芽生えた大切な命を人工的に亡くさせるということです。

    なので手術後には、心に襲い掛かってくるダメージもかなりひどいものがあります。


    人にもよりますが、

  • 神経障害
  • 睡眠障害

  • など中絶に対する後悔の念などに、さいなまれるような人も多くいます。

    場合によっては医師から精神安定剤を処方してもらう人もいます。


    過去3年から5年の間に中絶手術を受けた人の約半数に何らかのストレス症状が現れています。

    また、約20%の人がPTSDを発症していることが知られています。

    このように、中絶によるストレスでPTSDになる人のことを
    PAS(中絶後遺症候群)と呼んでいるわけです。

    PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、

    強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、

    時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。

     まとめとして

    体の傷はいずれは癒えますが、心の傷には想像を絶する辛さや悲しみが伴います。


    もし亡くした赤ちゃんが無事に生まれていた時のかわいらしさを想像すると、
    言葉には言い表せないほどの辛さや苦しみがあることでしょう。


    絶対に産めない状況であるならば妊娠は避けなければなりません。

    妊娠したならどんなことがあっても産んで育ててあげて欲しいですね。


    中絶は決して簡単に考えるようなものではないことを思いに留めておきたいです。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ