レターパックの追跡はお問い合わせ番号で!追跡の基本常識とは





レターパックを利用される方はたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、その

「レターパックを追跡する方法が分からない」

とか、また

「追跡番号を紛失して追跡するのが難しくなった!」

ということも経験されているのではないでしょうか。


配送中のレターパックライトやレターパックプラスが届かなかったり、
届くのが遅いと感じたりしたときなど、今どこにあるのか知りたいと思うものですね。

そこでの記事では、

追跡番号を使ってどのように追跡できるのか?

また追跡番号を紛失してしまった場合どう対処したらいいのか?

についての基本的な内容になっています。


スポンサーリンク




 レターパックの追跡について

最近ではフリマアプリの、

  • メルカリやフリル
  • ラクマ
  • ネット通販のAmazon、楽天市場
  • ヤフオク

  • などでレターパックを利用する人が増えています。

    そのレターパックには、レターパックライトレターパックプラスの2種類ありますが、
    どちらも日本郵便の追跡システムを無料で利用することができます。

    なので、レターパックの追跡について知っておくのはとても役に立つことでしょう。


    左がレターパックプラス、右がレターパックライト


     追跡番号ってどうやって入手するのか

    レターパックライトもレターパックプラスも、郵便局の窓口かコンビニのレジカウンターで専用封筒を購入して送るようになっています。

    追跡番号はその専用封筒に貼り付けてあるシールに印字されています。

    荷物を封筒内に梱包して発送する際には、この追跡番号の書かれたシール(ご依頼主様保管用シール)をはがして送ります。


    レターパックで荷物を送る人は、荷物を受け取る人にこの追跡番号をメールや取引メッセージ上で伝えます。

    そうしますとレターパックを受け取る側も、配送中のレターパックを追跡できるようになります。


    下の方に追跡番号が印字されている。
    「ご依頼主様保管用シール」がありますので、はがして送付する。


    スポンサーリンク


     レターパックを追跡する方法はどうやるの?

    レターパックライトとレターパックプラスの追跡ですが、

    日本郵政内のホームページ内にあります、個別番号検索を使って追跡することができます。

    その使い方は至って簡単で、

    追跡番号を、お問い合わせ番号の入力欄(1)の所に入力し、

    「追跡スタート」ボタンをクリックするだけで追跡できます。


    もし配送中の荷物が複数ある場合は、

    お問い合わせ番号の入力欄(2)以降の所に追跡番号を入力しますと、一度に複数の荷物の追跡ができます。




     追跡番号を紛失してしまった場合はどうすればいい?

    「レターパックの追跡番号を失くしてしまった」

    とか、追跡はしたものの、

    「その追跡番号が未登録と表示されてしまう」

    ことがあります。


    仮にレターパックを送った側の人が追跡番号を紛失してしまった場合は、レターパックの受取人にその旨を伝えましょう。

    そして最寄りの郵便局に問い合わせて、配送中の荷物を探すことはできます。

    しかし、レターパックは早く届けられるサービスのものですから、とりあえずは荷物が届くのを待つのがベストと言えます。


    レターパックを受け取る側の人が追跡番号を紛失してしまった場合は、送り主に再度メールや取引メッセージで追跡番号を教えてもらいましょう。


    もし、追跡した番号が未登録と表示される場合は、追跡番号がシステム上にまだ反映されていない可能性があります。

    そういう場合は半日から1日位待ってみてください。


    レターパックは郵便ポストに投函することもできますので、投函した時点では追跡番号が追跡システムに反映されないからです。

    郵便局の人が集荷に来て、局で受付が成されてから追跡システムに反映されるようになります。


    スポンサーリンク

     まとめとして

    レターパックで送った荷物の追跡は、追跡番号を使って簡単に追跡が可能です。


    追跡番号を紛失してしまった場合には、配送が比較的早いので荷物が届くのを待ってみるのもよいです。


    そして、追跡番号が未登録と表示される場合には、まずは半日から1日位待ってからまた追跡してみてください。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ