スタッドレスタイヤの寿命は距離で決まる?総合的に判断が正解!!





冬になりますとスタッドレスタイヤに交換する作業が待ってます。

そんな時に、

少しすり減ってはいるものの、去年まで使っていたスタッドレスタイヤを見ながら、

「このタイヤ、まだ使えるんじゃないかな?」

と考えるのはよくあることです。


まだ使えそうな物を、新しいのに換えるのももったいない話です。

そうかといっても、無理に使うのも事故のもとになります。


とかく、スタッドレスタイヤの新品への買い換え時はいつなのか迷ってしまいますね。

それでこの記事では、

「スタッドレスタイヤの買い換え時期はいつなのか」

について検証してみたいと思います。


スポンサーリンク



 スタッドレスタイヤの買い換え時期の判断は何?走行距離だけなのか

スタッドレスタイヤの買い換え時期の目安は走行距離のみではありません。


以下が買い換え時期の判断要素となっています。

  • 走行距離や使用年数
  • タイヤの状態
  • 使用目的

  • こちらによって総合的に判断していきます。


    冬がやって来て、スタッドレスタイヤに交換しようとガソリンスタンドやディーラーに行かれるかもしれません。

    その時に際整備士さんたちはタイヤのチェックをしてくれます。
    どういう所をチェックしているのか見ていきましょう。


    まずは走行による摩耗具合いと残りの溝をチェックします。

    また、

  • タイヤの使用年数
  • ゴムの硬化具合い
  • タイヤの状態及び劣化具合い
  • 使用目的及び使用状況

  • をチェックしているのです。

    各チェック箇所の詳細を以下で説明していきます。


    スポンサーリンク


     走行による摩耗と残り溝の状態はプラットホームで判断

    乗用車のスタッドレスタイヤの溝の深さですが、

    もちろんタイヤのサイズにもよりますが、

    真新しいスタッドレスタイヤの場合の溝の深さはおよそ10㎜くらいです。


    これがおよそ半分の5㎜くらいに減りますと、スタッドレスタイヤとしての性能を維持できる限界点となります。

    このときに、プラットホームという目印が露出してきます。
    (→スリップサインとは違う)


    このプラットホームが現れてくるほどに溝が浅くなってしまいますと、スタッドレスタイヤとしてはもう寿命ということになります。

    走行距離でいいますと、
    12000㎞~15000㎞ぐらい走行していればプラットホームが現れてきます。


    もちろんこれはだいたいの目安で、路面状況によってはこの数値も変わってきます。

    また、片摩耗や片減りなどがないかもチェックしてみてください。


    部分的には溝が深くても、片摩耗や片減りによって

    片側が異常に減ってプラットホームが露出している場合も危険です


    これを防ぐためには、シーズンごとにタイヤの付け替えや方向の入れ替えをするといいでしょう。



    枠の中に2個のプラットホームが見える




    タイヤの側面には以下のような矢印があるので場所が見つけられる
    画像のタイヤは15インチですが4ヶ所に矢印がありました



    以下の印はスリップサインの場所を示すものです



     使用年数とゴムの硬化具合いで寿命が分かる

    プラットホームまで十分に溝があったとしましても、性質上経年劣化というものは避けられません。

    そこでメーカーさんの殆どは、
    購入後およそ3年(3シーズン)での交換を勧めています。


    新品のタイヤであればゴムも柔らかく、
    地面にもよくグリップするようになっています。


    しかし、年数を経るごとにゴムは硬くなり寿命となります。

    そして、経年劣化によるタイヤの寿命となった場合は、溝の有無にかかわらず買い替えた方がいいでしょう。


     タイヤの状態及び劣化具合いについて見落としていけないこと



    スタッドレスタイヤも、どんなにうまく保管していたとしましても、
    4年5年と経つにつれてゴムが硬化しひび割れてきます。

    これも非常に危険な状態と言えます。

    この場合も、溝が残っていたとしても買い替えた方がいいでしょう。


    さらに、タイヤの切り傷や打ち身などですが、

    つまりタイヤに深い切り傷を負ったり突起物に打ち付けたりして、タイヤが変形しているのも見過ごしてはなりません。


    こうしたことがありますと、

    溝がしっかりあり、年数もそれほど経っていなかったとしましても、高速走行時にバーストしてしまうことが少なくありません。

    なので、縁石などに乗り上げて側面を傷つけてしまったら、安全のために即買い替えることをお勧めします。


     使用目的及び使用状況によって利用可能か判断できる

    車の使用目的としましては、

    ○ 主に通勤などで毎日車を使用するか
    ○ たまに用事を足したり、レジャーで使用するのか

    といったものに分かれると思います。


    その使用目的や住んでいる地域の降雪の頻度などによっても、

    「まだもう少し使用できるのか」

    「早めに買い替えた方がいいのか」

    に違いが出てきます。


    なので、ガソリンスタンドやディ―ラーの整備士さんにそういう事情を話しますと、
    後どれくらい使用できるのかをアドバイスしてくれます。


    スポンサーリンク


     まとめとして

    スタッドレスタイヤの寿命についてみてきましたが参考になりましたでしょうか。

    その判断基準はプラットホームまで溝が減っているのかどうかや、
    3シーズンをめどに買い替えるようにすることでした。

    その他にも、ゴムの劣化状態や切り傷、打ち身などでタイヤが変形していれば危険です。


    また、縁石などに乗り上げて傷やひび割れが生じることもありますので気をつけましょう。

    どうぞご参考にされて、安全なドライブをしてくださいますように。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ