郵便番号を縦書きにする書き方をご存知ですか?縦書きのマナーとは






郵便番号を書くときに、普通は横書きで記入をします。

しかし、その郵便番号を、

「縦書きで記入することもある」

というのはご存知でしょうか。

では、縦書きの記入の仕方はどうすればいいのだろうか?

という疑問が浮かびます。

そこで、今回はその疑問についてお答えしたいと思います。

横書きとの違いはなにかをご参考にされてください。


スポンサーリンク



 郵便番号は縦書きにしてもかまわない

郵便番号は必ず横書きで書かなければならないというものではありません。

仮に郵便番号を縦書きにして出したとしましても、ちゃんと配達はしてもらえます。
つまり郵便番号は横書き縦書きどちらを採用しても良いわけです。


住所やあて名を縦書きにして、郵便番号はその形式に統一せずに横書きにしたとしても宛先に郵便物は届きます。

まして、住所やあて名を縦書きにしてその形式を合わせて、郵便番号を縦書きにしても届くわけです。


 郵便番号を縦書きにする場合はどう書けばいい?

郵便番号を縦書きにする際のポイントや注意点をまとめておきましょう。

○ 数字を縦書きにする場合は、基本的には漢数字を使用します。
 郵便番号に限らず、通常縦書きの文章で数字を書く場合は漢数字を使います。

○ ゼロを縦書きで記入する場合は「〇」か零と書きます。
「〇」 は手書きで書く際には横長の楕円を書くようして書きましょう。

○ ハイフンを入れる場合は縦ハイフン「│」を使います。
 郵便番号を縦書きにした場合のハイフンの書き方は、縦線を書くといいわけです。

○ 郵便番号を縦書きにする際は「一」「二」「三」「四」「五」「六」「七」「八」「九」が使われます。

郵便番号は連続した数字ではなく、羅列した数字で表示されます。

なので「123-1234」という郵便番号を漢数字にした場合、
「百二十三-千二百三十四」とは書かずに「一二三-一二三四」と書きます。

○ 郵便番号を書く欄があえて設けられており、横書きになるようになっている場合はアラビア数字で書いても構いません。


画像では「〒」マークがありますが、書かなくてもよい。



スポンサーリンク


 郵便番号は通常は横書きで記入する

郵便物に郵便番号を記入する際、そのほとんどが横書きですので、基本的には横書きで書くのが一般的です。

郵便番号を書く欄が設けられているものも、横書きにするようにできています。

仮に郵便番号を書く欄が設けられていなかったとしましても、大抵の人が横書きで書きます。

また、裏面に自分の住所を記入する際にも、普通は横書きで郵便番号を書きます。


 郵便番号はどうして必要なの?

改めて郵便番号の役割について少しお話をしましょう。

郵便番号は、郵便物の集配区域ごとに独自の番号が付けられています。

この郵便番号を元に、ある程度の住所仕分けを行えるようになっています。

つまり、郵便局員が郵便物の仕分け作業を行う際、できるだけ正確かつ円滑に行えるようになっているのです。


郵便番号が正確に記入されていれば、

都道府県名や市区町村名、あるいは地域名すらも記入しなくても、町名以降からの記入をするだけで届くようになっています。

仮に郵便番号の記載がありませんと、郵便物の仕分けに時間がかかり、相手への到着も遅れることが考えられます。

以上のように、郵便物を迅速かつ正確に届けて頂くためにも、郵便番号はとても大切なわけです。


スポンサーリンク


 まとめとして

郵便番号は普通横書きで書きますが、それは必ずしも決まりではないわけですね。

縦書きにして明瞭に書いておけば、宛先には届くということです。

書き方としましては、縦書きにする場合は漢数字を用いた方が良いわけです。

ただし、これも必ずそうしなければならないという決まりではなく、アラビア数字を縦に並べて書いても宛先にはちゃんと届きます。


必ずこのようにしなければいけないという決まりはないとしても、

書式に合わせた数字の記入を行っていれば、お相手には、

「一般的なルールを知っている」

と思ってもらえるかもしれませんね。



スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ