仮想通貨とは何?そのデメリットとメリットから知る通貨の新常識







仮想通貨という言葉はだいぶ浸透してきたように感じます。

よく耳にするようになってきた言葉ではありますが、

「一体どんなものだろう?」

と思うことはありませんでしょうか。


仮想という言葉から連想して、現実には存在しないもののように考えてしまいます。

では実在しないお金ってどんなものなのでしょう。

というわけでこの記事では、

  • 仮想通貨とは何なのか
  • そのデメリットにはどんなものがあるのか

  • を中心にお話したいと思います。


    スポンサーリンク



     仮想通貨って何なの?

    まず仮想通貨とは何か、ザックリとみていきましょう。

    インターネットを通じて不特定多数間で物品やサービスの提供が行われています。

    その物品やサービスの対価に使用できる仮想のお金のことです。


    中央銀行などの公的な発行主体といったものや管理者のようなものは存在しません。
    なので、専門の取引所を介して円、ドル、ユーロ、人民元などの通貨と交換できます。

    ちなみに仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。


    仮想通貨はビットコインと呼ばれており、お金として通用するものです。
    円やドルなどのような通貨の単位もあります。

    ビットコインの単位はBTCと表記され、1BTC(ビットコイン)と数えます。

    ただし、仮想通貨という呼び名から分かりますように、
    円やドルなどの実際のお金とは違います。

    ですから、手に取ったりすることもできず、目に見える姿かたちは存在しません。


     一般的な仮想通貨にはどんなものがある?

    仮想通貨としてイメージしやすいのはオンラインゲーム内の通貨でしょう。

    円やドルなどの実際のお金を支払って、ゲーム内で使用されている通貨を手に入れることにができます。
    手に入れた通貨はそのゲーム内で使えるようになります。

    ゲーム内では、その通貨を使用してゲーム内のお店でいろんなアイテムを買うことができます。


    その他、特定のwebサイトでのみ使えるという仮想通貨もあります。

    具体的に利用登録をする際には、
    1000円で1000ポイントを購入し、そのポイントを用いて有料サービスを利用するという仕組みになります。


    ビットコインもそれと似ていて、ビットコインを実際のお金を支払って購入することになります。

    その購入したビットコインが使用できるところで物やサービスを買うことになります。


    スポンサーリンク


     ビットコインの利便性はどんなもの?

    ビットコインを使用することによる利便性をまとめておきましょう。

    特定のゲームやwebサイト内のみで使える仮想通貨は、企業単位で作られています。
    ですから、利用者を囲い込むことでその運営主体が利益を上げられるようになっています。


    一方、ビットコインは、

    国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨です。

    世界中で日常生活に使えるようにすることを目標として作られました。


    実際のお金が存在するわけではありませんが、
    パソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるように作られています。

    なので、円やドルに比べ利便性は高く、しかも安定しています。
    まさに世界中で利用できる次世代の仮想通貨と言えます。


     ビットコインを利用するうえでのメリットとは?



    ビットコインを利用するうえでのメリットは以下のものがあります。

    1. 送金スピードが速い。
    2. 送金手数料が安い。
    3. 政府であってもお金を奪うことができない。
    4. チャージは必要ない。
    5. 支払いに関する情報が洩れることはない。
    6. インフレではない。
    7. 自分の思い通りになる。
    8. 誰をも信用する必要がない。
    9. 他の人によってアカウントが所有されてしまうことはない。
    10.自分でお金を作り出すことができる。


     ビットコインを利用するうえでのデメリットは?

    ビットコインを利用するうえでのデメリットをまとめてみました。

    1. 投機的な側面がある
      ビットコインは暴騰暴落を繰り返してまして、価値の保存には向いていないといわれることがあります。
      1時期1BTCが13万円近くだったのに、暴落して3万円になったこともあります。

    2. 国による価値の担保がない
      仮想通貨に何が起こったとしましても、国は補償してくれません。

    3. 匿名性があるためにマネーロンダリングの可能性もある
      テロ組織集団がマネーロンダリングをして活用する恐れがあります。

    4. 相続できない可能性もある
      突然の事故や病気で亡くなってしまった場合、相続できなくなってしまう可能性があります。
      それは、ビットコインには秘密の鍵があり、セキュリティが強固になっているからです。

    5. 採掘には時間と労力と費用がかかる
      ビットコインはパソコンのシステムを利用することで、ビットコインを探す行為、つまり採掘をすることができます。

      しかし、その採掘するには莫大な時間と労力とお金がかかります。
      また、設備を作るのにもお金がかかり、電力代もかなりかかります。

      パソコンのスペックを最大限利用するために、その電力は普通に使うときよりも多くかかってしまうのです。


    スポンサーリンク


     まとめとして

    仮想通貨ということについて考えてみましたが、結構複雑でしたね。

    つまりは、ビットコインという仮想通貨を使用して、世界中で自由に物やサービスを買
    えるようになるということでした。

    この世界共通のビットコインを使うことで、お金を換金する必要もないので便利といえば便利
    です。

    しかし、ハッキングされて450億円以上の損失を被ったという事件もあります。

    どこまで信用していいのかは分かりません。
    ご利用には最新の情報にも注意をしていきましょう。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ