正月の鏡餅は正しい飾り方を知って新年を迎えカビ対策も万全!

正月




♪もうい~くつ寝ると~お正月~♪というフレーズを耳にする季節になってきました。


大掃除や年賀状、年末年始の準備に忙しくなってきますが、その中でも忘れてはならないもののひとつが「鏡餅」。


今回は、その鏡餅の正しい飾り方をみていくことにしましょう。
また、やっかいなカビ対策の豆知識もご参考にされてくださいませ。



スポンサーリンク


 鏡餅の飾り方はどうするの?

鏡餅の飾り方ですが、まずは下の画像をご覧になってください。


生活
参照元:http://www.kagamimochi.jp/kazaru/




生活
参照元:http://atmatome.jp/u/nicechoice00/3zp3kk9/



地方によって飾り方はかなり違いがあるようですが、半紙・うらじろ・ゆずり葉それに橙を使うのが一般的となります。


飾り方ですが


① 二枚の半紙をたらして敷き

② うらじろとゆずり葉を置き

③ その上に大小の丸い餅を重ね、上に橙をのせます。


なお、うらじろは長寿の象徴、ゆずり葉は家系が絶えない象徴という意味があります。

この、うらじろですが本来裏を上(表面)にして敷きますが、緑鮮やかな方を表にしてもよいようです。


また、三方(木製の台)が無くても構いません。


飾る場所についても床の間が普通ですが、なければ玄関のげた箱の上や客間の棚の上に置きましょう。


飾る期間は

「末広がり」の意味のある12月28日から飾るのが最適です。



<正月 鏡餅の飾り方!!超豪華ですが参考になります>



お正月が終わり、下げた餅は「鏡開き」を行ったうえで食べますが鏡を開くことにも末広がりの意味があります。


さて、この鏡開きの際にはトンカチなとで叩いて食べやすい形にします。


刃物ではなくトンカチを使うのは、刃物だと切腹を連想させますので鏡開きに刃物の使用は絶対にやめましょう。


お餅は雑煮やお汁粉、揚げ餅に調理して頂くのが一般的とされます。


なお、鏡開きのタイミングですが


概ね松の内(1月7日)が終わった後の1月11日が好ましいとされています。



ところで、コマーシャルでもいろいろな鏡餅が出てきたりしますが果たして鏡餅とは何の意味があって飾ったりするのでしょうか?


つぎでは、その辺のところを理解しておきましょう。


スポンサーリンク


 鏡餅とはどんな意味があるのか?


そもそも「鏡餅」の丸い形は心臓を模したもの生活
といわれています。

そして、その名称ですが使用していた鏡が
円形だった事もあり「鏡餅」と呼ばれるように
なったそうです。


お正月に餅を食べる習慣は、平安時代の
正月行事の「歯固めの儀」に由来していて
もともとは神聖な食べ物であったようです。


また、餅は長く延びてなかなか切れないことから長寿や一年の無病息災を祈る気持ちが込められています。


お餅が大小2つ重なっているのは、月(陰)と日(陽)を表しているとのことです。


つぎに、やっかいな カビ を防ぐための方法などをみていくことにしましょう。


 カビを防ぐための豆知識


鏡開きの際には、必ずといって良いほど付着したカビを取り除く作業がありますが、お供えをする際に焼酎を塗っておけば事前にある程度の付着を防ぐことができます。


特に、大きな餅の底と小さな餅との重なる部分に塗っておくと効果的なようです。


焼酎によってカビの繁殖を抑えることができるのをご存知だったでしょうか。
これで鏡開きもかなり楽なものになるのではないでしょうか。


ぜひ、ご参考にされてください。


 まとめとして


自宅で、お餅をつかれるかたもいらっしゃると思いますが


その、餅をつくタイミングですが


12月29日になると「九(苦)もち」と言い、忌み嫌う習慣がありますので12月29日までにつくようにしましょう。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ