インターネットの引っ越し手続きを初心者にも分かりやすく解説

転勤や就職などで、あわただしく引っ越しの準備を進めた結果、忘れがちなのが
インターネット関連の手続きです。


このインターネットの引越は電話の引っ越しだけでは済まないようです。


今回、インターネットの引越しはどの様な手続きが必要なのか?


その手順と具体的な手続きの方法などを、初心者の方にもできるだけわかりやすくご紹介いたします。

悩みごと

 インターネット引っ越しの手順の概略


通常、電話回線の引っ越しによる手続きは行いますが、インターネットプロバイダーへの
引っ越し依頼などは、どうしても後手後手になってしまいますよね。


それでは、具体的にどのような手順が必要になるのかみていきましょう。


各プロバイダによって引越し時の手続き方法は違うと思いますが、一般的なな手続き
についてご説明いたします。


まずは通常の電話回線の引っ越しと同様に「116」へ電話し、電話の移転手続きについて
連絡しましょう。


そして、利用されているインターネットプロバイダへも連絡しておきます。


なお、引っ越し先での電話工事とインターネット回線工事が発生しますので
連絡などは引っ越しをされる約1ヵ月前には済ませておきたいところですね。



光ファイバーを利用される場合は、さらにに時間が掛かることが想定されますので余裕を
もって連絡をしてください。


つぎに、もう少し詳しく手続きの方法などをみていきましょう。

スポンサーリンク


 インターネット引っ越しの具体的な手続き


利用されているサービスにより手続きに相違がありますが、まずはNTTへ連絡し
回線の移転の手配を済ませましょう。


手配が済みましたら、契約中のインターネットプロバイダへの移転手続きに進みます。


通常、インターネットプロバイダへの手続きは電話かWeb画面上で可能です。


基本的には登録住所の変更だけですので、簡単に済みます。メールアドレスや
インターネット接続用IDなども変更ありません。


ただし、地域や回線種別により、移転先でサービスが提供されていない場合があります。


仮にそのようなケースでしたら、まず既に契約しているインターネットプロバイダへの
解約手続きをし、そして移転先エリアでの新たなインターネットプロバイダへの
新規申込みの手続きをする必要があります。


もしインターネットプロバイダを乗り換える場合は、利用中のプロバイダの解約手続きを
行うのですが、モデムやルーターなどをレンタルしている場合には、速やかに返却して
ください。返却するまでプロバイダの解約ができないケースもあるようなので注意が
必要となります。


ご紹介しましたこれらの手続きを行う際に悩みごと

「現住所でのインターネット回線利用期限」
「引っ越し先でのインターネット利用開始日時」
「引っ越し先での回線工事立ち合い要否」
「回線速度の違い」

などをあらかじめ確認しておきましょう。

これらの確認を済ませておきますと移転作業がスムーズに運ぶと思いますよ。


 まとめとして


移転先では、何かと調べる事も多くなりますので、インターネット環境は引っ越しをした
当日から極力使えるよう、綿密に準備をした方がよさそうですね。


また、引っ越しを機会にプロバイダの契約内容を見直し、料金を他社と比較検討する
絶好のチャンスでもあります。


これから先、長いスパンで通信費の節約ができる可能性がありますので、最適なサービスを
探してみられてはかがでしょうか。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ