水道代の節約方法!シャワーヘッドと蛇口で簡単節約術

節水




なにげなく使っているシャワーですが、流れも早いこともあってそれなりの水量になるようです。


たとえば、15分間使いますと、なんとお風呂の湯船一杯分ものお湯が排水口へと消えて無くなっていくようです。


なんと、気づかないところで資源の無駄づかいといえますね。


そこで、ひと工夫したいところですが、たとえば、シャワーそのものの水の出方を減らすようにしてしまえば、節水効果もより高まってくれることになります。


今回は、その節水に有効でしかも簡単にすぐ実践可能な方法をご紹介しましょう。



スポンサーリンク


 節水に役立つシャワーヘッドの工夫とその有効性とは


まずは、シャワーヘッドを節水タイプのものに付け替えてみてはいかがでしょうか。


さてここで改めて、シャワーを使ったときの満足度と言うもはなにかお分かりでしょうか?
実は、お湯の量ではなくて、お湯が出てくる勢いに気持ちよさを感じるようです。


経験がおありだと思われますが、あの皮膚にあたる刺激がなんとも言えないんですよね。




節約



それでは、節水シャワーヘッドの構造はといいますと


お湯の出てくる穴が小さくなっていまして、しかも穴の数が少なくなっています。


そのため、水が出にくくはなってしまいますが、その分水圧を高めることで使用したときの満足感を感じるようになっています。


この節水シャワーヘッドもたくさんの製品が出まわっているようですが、中には節水率50パーセントという超節水バージョンもあるようです。




 節水シャワーヘッドの具体的な節水量は?

さて気になります、節水シャワーヘッドを使うことによる具体的な節約効果ですが、次の表の様な数字となっています。


< 節水シャワーヘッドの節約効果 >

   状   態一般製品のおおよその量節約できる量
6分間流しっぱなし72リットル30リットル

また、節水シャワーヘッドには、ワンタッチ式による手元で水を止められるボタンが付いている機種もあり、こまめに水を止めたい場合には、とても便利に使えますね。


ところで、節水シャワーヘッドの気になりますお値段ですが、2,000円程度のものから6,000円程度のものまで、さまざまあるようです。


取り付けのための初期投資には少々お金がかかりますが、一度取り付けてしまいますとなによりも、毎回使用するたびに節約につながってくれます。


機種もたくさんあるようですから、現物を見ながら節水効果や機能性などじっくりと比べて選んでみたいですね。


スポンサーリンク


 キッチン、洗面所は泡沫アダプターで感動節水!!

節水で思い当たるのが、台所や洗面所の蛇口から出てくる水の水圧が気になったことってありませんでしょうか。


キッチンや洗面所などで水を使っていて、水圧が強すぎるために、洗い物などに当たった水が飛び散ったり、また、シンクにはねたりしますととても不愉快な思いをします。


こんなことでは、使いにくいだけでなく、ビチャビチャとはねていく水がムダになってしまいます。


そんなときに活躍してくれるのが、泡沫アダプターです。


使用方法は、キッチンや洗面所の蛇口に取り付けるだけでよいのですが、それで簡単に水はねを防いでくれる便利グッズです。


もちろん、水量も少なくなってくれますので、30~40パーセントくらいの節水効果が見込めます。


泡沫アダプターを使うことによる、節約効果を数字で表しますと次のようになります。


< 泡沫アダプターの節約効果 >

   状  態おおよその量節約できる量
  洗面・手洗い1分間流しっぱなし12リットル4リットル
  歯 磨 き30秒間流しっぱなし6リットル2リットル
  炊  事食器洗いなどで
5分間流しっぱなし
60リットル20リットル


泡沫アダプターの構造ですが、蛇口から流れ出てくる水流に空気を含ませることによって細かな泡入りの水流を作ってくれる仕組みとなっています。


空気を含ませることで水流が柔らかくなってれるので、茶碗洗いや洗面などでも水がはねたりしなくなります。


水が手に当たった感触もずいぶんと違ってきます。


小さな道具ですが使い勝手と節約の両方を備えた優れものですね!



節約

 まとめとして


先ほどご紹介しました泡沫アダプターですが、節水率が最大で40パーセントと大きい割に、価格が500円程度となっています。


比較的安いため手軽に購入ができますのでぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。


蛇口のタイプで取り付け機種が違ったりしますので、ご家庭の蛇口を写真に撮りお店で見せると分かりやすいと思います。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ