赤ちゃんの便秘に母乳は有効?便秘の解消方法ナデナデ動画有り必見!

その愛すべき存在に、何もかもを忘れて癒されてしまう赤ちゃんの存在は
大きいものですよね!


赤ちゃんにはスクスクと育って欲しいものですが悩みごと
えてして何らかの悩みにぶつかります。


その様な悩みのひとつに赤ちゃんの便秘
挙げられますが、母乳で便秘が改善される
のか?


母乳と便秘との関係や便秘になりやすい
原因などをご紹介いたします。



 赤ちゃんが便秘になる理由


赤ちゃんが便秘になる理由として大きく2つ挙げられます。まずは赤ちゃんの
お腹に入る栄養の問題、そしてもう1つは、運動不足や腸の長さ母乳不足等が
原因のものです。


一般的に母乳栄養の赤ちゃんはミルクの赤ちゃんに比べて便の回数が多めと
なっています。母乳栄養の赤ちゃんが便秘になる場合には、母乳の不足を
疑ってみましょう。




もし、母乳の場合で便が少ないのは、赤ちゃんが飲んだ量がわからず、母乳が
赤ちゃんに必要な量に達しないため、うんちとして出る余裕が無いという事に
なるようです。


栄養面で言うと、母乳栄養は消化がよいので悩みごと
うんちの回数は多く、飲んだ回数分位は出る
ようになり、1日10回近くも出る赤ちゃんも
いますが、ミルクオンリーになる場合など
ですと便秘傾向になる場合があるようです。




赤ちゃんによりうんちの回数は違いますが
母乳を与えた分だけうんちが出れば
まずは正常と言えるでしょう。


中には2~3日うんちが出ない赤ちゃんもいますが、それほど問題ではありませんが
1週間近く便秘が続く場合ですと他の原因も考えられますので、病院で受診された
方が良いでしょう。

スポンサーリンク



 便秘と母乳の関係性


悩みごと便秘の原因が母乳以外にあるとは一概には言えませんが
少なからず母乳が便通に与える影響は大きいようです。


母乳で育ててきた赤ちゃんをミルクに変えた際に、急に便秘気味に
なったという事もあります。


元々赤ちゃんは母乳で育てるというのが定説であり、赤ちゃんに
とって唯一の栄養源でもあります。



この栄養源は、代替のミルクでは完全には賄えきれません。可能な限り母乳で
育てる事で、便秘以外の様々な症状も緩和される可能性があります。


まずは母乳で育て、また後述する母乳の「質」を変えてみる事を試してみては
いかがでしょうか。それでも改善されない場合、腸の問題等々、別の原因が
考えられます。


 こうすれば便秘は解消される!


乳児の便秘マッサージ方法


赤ちゃんの便秘を解消する方法としては、赤ちゃんに直接刺激を与える方法と
お母さんの食生活を変えて母乳の「質」を変える方法などがあります。



直接刺激を与える方法としては、まずは赤ちゃんのお腹をマッサージする方法が
あります。


お風呂で身体を洗う際に、石けんをつけてお腹をさする様にマッサージをして
あげましょう。


また、赤ちゃんのエクササイズで腸の動きを活性化させましょう。おむつを替える
時などに、膝を持ち上げて自転車漕ぎの要領で股関節を動かす運動をします。


また、赤ちゃんが起きている時に腹ばいにして、背筋や腹筋を鍛えるのも効果的です。


それでも難しい場合は、「綿棒浣腸」という方法があります。大人用の綿棒をほぐし
ベビーオイルなどをたっぷりとつけて滑りをよくし、赤ちゃんの肛門に入れたり
出したりする事で、肛門を刺激してあげてください。


この際は、必ず大人用の綿棒を使いましょう。細い赤ちゃん用の綿棒は先端が
堅いので、腸の粘膜を傷つける可能性がありますのでご注意を。


母乳の「質」を変えるという点では、和食やサラダを中心とした食生活にする事で
母乳もだいぶ変わってきます。



繊維質が豊富な母乳を与える事により、便秘が改善される可能性があります。


 まとめとして


赤ちゃんの便秘は一時的なものの場合が多く、長期間に及ぶものでない限り
そう心配する事はありません。


かえってその心配がストレスとなり、赤ちゃんの生育に影響を与える事もあります。


まず気になったら迷うことなく病院に受診しましょう。赤ちゃんの場合、ひとつの
判断の間違いが、取り返しのつかない事態に発展することもありますので!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ