熱海の温泉で日帰りランキングはこれ! 皆さん見落とす近場の穴場!

熱海


かつては「日本のモナコ」とも呼ばれた熱海!


伊東寄りから見る夜景はとても見事で、海に近くまた山にも近い地形ということもあることから確かにモナコにも相通ずるものがあります。


さて、そんな熱海と言えばやっぱり温泉ですね。


泊まるのも良いですが東京から近いということもあり、日帰りで温泉を楽しむのも良いのではないでしょうか。


今回は、そんな熱海で日帰りで利用できる温泉のランキングをご紹介しましょう。

スポンサーリンク


 ズバリ、熱海の日帰り温泉はここ!

それでは、早速自信を持ってお薦めできる、熱海の日帰り温泉ランキングについてご紹介していきましょう。


まずは

3位

「トータルビューティースパ 森の城 美ing」

女性専用の施設となりますが、1日3,000円強で利用でき、リーズナブルともいえます。

「美・癒・食」をコンセプトとしており、内風呂や露天風呂の他にも漢方を使ったお風呂などもあるようです。

熱海駅からタクシーで15分程度の場所に位置していますが、無料送迎も実施してくれるそうです。こちらは宿泊もできる施設となっています。


2位

「日航亭・大湯」

熱海の湯元にある歴史ある湯ですが、1日1,000円で入浴ができます。

この大湯は、かの徳川家康が入浴したこともあると言われており「出世の湯」とも呼ばれています。

出世を目指したい方は、是非こちらへどうぞ(笑)。

館内は、さながら旅館の雰囲気といった感じであり、3位の「トータルビューティースパ 森の城 美ing」と比べますと男性向きの施設と言えるでしょう。

良い意味で「古くさい」イメージのある施設です。熱海駅から徒歩圏内にあるのも、魅力のひとつですね。


1位

「家康の湯」


実はこの施設、3位と2位とは違い、無料で利用できるのです。

それもそのはず、熱海の駅前広場にある足湯の施設なのです。

一度に15人程度が利用でき、ハイキングなどで疲れた足を癒すのに一役買っているようです。

あまり時間が無くて日帰り温泉の利用が難しい方も、ちょっとした温泉気分を味わうことができるという意味でも、とても人気を博しているようですね。


さて、ランク外にも日帰り入浴が可能な旅館・ホテルも数多くあります。


特に、次の動画でもご紹介しています「ホテル ミクラス」の露天風呂からのオーシャンビューは絶景ですのでこちらもお薦めしますよ。


こちらの動画は夜の熱海を紹介したものです。 魅力再発見です!




スポンサーリンク


 他にもある熱海の魅力

刺身

熱海と言えば、やはり海産物が有名となっています。


駅前から広がるマーケットで干物などをお土産に買うのも良いですし、時間のある方は宿や飲食店が運営している釣り船に乗り、釣りを楽しむのも良いでしょう。


この釣った魚をさばいてもらい、新鮮なうちに味わうのもありですよ。


 熱海についての豆知識

ここでは、いまさらながら熱海について簡単にご説明します。


熱海は静岡県の東部に位置しています。隣の湯河原市は神奈川県で静岡県の最東端とも言えるでしょう。


熱海にはトンネルに挟まれた新幹線の駅もあったりしますが、東京から「こだま」で約40分で着きます。


ご案内しましたように熱海といえば温泉で有名ですが、温泉の他にも海岸近くの「貫一・お宮」像ですとか、全国で唯一の存在になりつつある伝統風俗を伝える施設「秘宝館」、また梅園も全国的に有名となっています。


お宮は貫一との結婚を間近にして、富豪の富山唯継のところへ嫁ぎました。

それに激怒した貫一は、熱海でお宮を問い詰めるがお宮は本心を明かさなかった。

ついに怒った貫一はお宮を蹴り飛ばしてしまった。

観光

また熱海は伊豆半島への玄関口でもあり、ここから伊東線・伊豆急行線に乗り換え伊豆半島の南へ行くことができます。


 まとめとして

観光
熱海は伊豆半島への玄関口だけでなく、実は山を
越えれば箱根も近いのです。


箱根までは、バスで約1時間程度の距離ですので、
熱海で温泉を楽しみつつ箱根でも温泉やハイキン
グ、芦ノ湖遊覧を楽しむなど、周辺の地域を含め
てレジャー施設が多くあります。


あまり「熱海に行こう」という言葉を聞かなくなってはいますが、日帰り旅行には最適な場所と言えますね!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ