ホワイトデーのお返しで義理チョコの場合は?これで好感度アップ!

義理チョコ



毎年2月14日のバレンタインデーですね。義理チョコとはいえ、いくつももらうのは
嬉しいもので帰りの電車に乗っていても、もらった紙袋の中をチェックしたり
していませんか?


この義理チョコですが、いざお返しをする際には何を変えそうか毎年悩まれると思います。


そうなんです、どうせお返しするならちょっと考えて

「こんなおしゃれなお返しをくれるなんて・・・」

と思われた方が好感度が上がって嬉しいですよね?


今回は、そんなお悩みをお持ちの皆さんに、お返しにお薦めなものについてご紹介いたします。



スポンサーリンク



 まずは女性の気持ちを知ろう

お返しを渡すに当たり、まずは女性の気持ち・本音を知っておきましょう。


男性の考え方では、義理チョコでも

「何かちょっと高めのものをお返ししよう・・・」

思う方も多いはずですが、実は男性が考えている女性の気持ちと女性の本心は
全然違うようです。


義理チョコのお返しに期待している女性は非常に少なく

クッキーチョコ程度で

良いと考えている女性もかなり多いそうです。


中にはお返しは要らないという女性も多いそうで、女性はそもそも義理チョコに
対して何の期待もしていませんし、むしろ割り切って義理チョコを年中行事的な
感覚で渡しているだけなのですね。


むやみに高価なお返しをしてしまい、女性にかえって気を遣わせてしまうことは
避けましょう。



 では、最適なお返しとは?


ホワイトデーに作ろう!簡単チョコサンドクッキー!




それでは、「義理チョコに対してお返ししなくても問題ない」と思ってしまう男性の方
もう少し女心を知りましょう(笑)。


期待はしていなくても、もらって嬉しいと思うのが女心ですし
期待はしていないけどお返しをくれた人には好印象を持つものです。


逆に、お返しをくれない人のことはずっと頭に残りますので、変なしこりを生まない
ためにもお返しはちゃんと返しておきましょう!


あくまで義理チョコのお返しなので、形に残らず、そして義理チョコと同額もしくは少し
高価なお返しが好ましいでしょう。


特に、この形が残らないということが重要です。


あくまで義務的に渡した女性にしてみれば、業務の一環としか考えていませんので
仮に形が残ってしまうと、余程のお気に入りでは無い限り、扱いに困ってしまいます。


これらを考慮すると、チョコレートやクッキーなどの詰め合わせが最適かと思いますが
これだけだと印象に残りませんよね。


少しでも差別化を図るために


例えば

ご当地スイーツを取り寄せて渡したりとか

アロマオイル入浴剤など


リラックスするのに最適なものをプレゼントするのも喜ばれると思いますよ。


ただ女性は香りに敏感なので、事前に好きな香りの趣向は知っておくとより良いでしょう。



スポンサーリンク


 こんなお返しはNG!


さて、義理チョコのお返しでやってはいけないことって何でしょうか?


まずはもらった義理チョコよりも明らかに金額が低いお返しはNGです。


また変わり種のチョコなどで、笑いを取ろうとするのも止めましょう。

チョコレート


また、ハンカは贈り物としてよく使いがちですが、こちらには本人のセンスが
問われます。女性にセンスの良いハンカチをプレゼントすることは、至難の業です。


よく考えてみましょう。何かのお返しに頂いたハンカチで、心から気に入っている
ハンカチはありますか?


恐らくタンスの肥やしになっているか、処分しているかのどちらかが殆どだと
思います。女性も同様(より敷居が高い)ですので、逆に扱いに困ってしまう場合も
あります。


またバブル時代に流行ったようですが、ウケ狙いで下着を贈るということもNGです。


どうしてもという場合は、セクハラで訴えられて、会社を去っても良いという覚悟を持って
お返ししてください。


 まとめとして


義理チョコへお返しの品選びは苦労しますが、もう一つ気をつけたいのは


義理チョコのお返しということ、予算を少なめということを大前提に考えて選んで
しまいますと、どうせ「中途半端に選んだ」ということを悟られてしまいます。


どうせなら同額でも、ちょっと工夫を凝らしてお返しを渡すと、好感度が上がることは
間違いないでしょう!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ