関西圏の日帰り温泉の超おすすめはズバリ「ココやねん」!

温泉



ひとつのレジャーとして定着しつつある日帰り温泉。中には朝まで営業している施設もあり、インターネットカフェの様に終電を逃した方の駆け込み寺にもなりつつあります。


すでに市民権を得つつある日帰り温泉ですが、首都圏以外、特に関西のことはあまり知られていない様に思えます。


実際に目を向けてみると、割と近くにいろいろな施設が存在しているのです。


中には本格的な温泉地もありますので、関西圏での日帰り温泉についてご紹介いたします。


スポンサーリンク


 関西の日帰り温泉は?

関西といえど、地域が広範囲に渡りますので、ここでは大阪府・京都府・兵庫県・奈良県に絞って、更にいずれの県庁所在地から1時間以内に行くことのできる地域に絞ってご紹介することにしましょう。



まず有名な温泉地としては


大阪では伏尾温泉


京都では湯の花温泉


兵庫では有馬温泉



があります。


残念ながら奈良県は本格的な温泉地が山間のところにあり、簡単に行くのが難しいですね。


これらの温泉は、JRや私鉄を使えば中心部から30分から1時間で行ける好立地にあり様々な温泉宿が日帰りプランを用意されています。


特に兵庫の有馬温泉は、首都圏で言うところの箱根の様な立ち位置でして、大阪や京都三ノ宮からのアクセスにも優れてまして、新幹線の新神戸駅からバスで約20~30分という好立地にあります。



温泉

 主要部に天然温泉はあるの?

さて、首都圏同様に関西の主要都市にも天然温泉はあります。


例えば京都には

「仁左衛門の湯」


という施設があり温泉の他に天然の「冷泉」を楽しむことができる上、有名な観光地である嵐山から車で約15分という好立地でもあります。


少し離れるだけで山間が広がるという環境は、関西では京都・滋賀・兵庫に代表される様に海と山が近くに広がり意外と(失礼!)自然に恵まれた地形であるということがうかがえますね。


話が逸れましたが


大阪では

「なにわの湯」


天神橋筋六丁目駅から徒歩圏内にあり、価格も安いのが最大の特徴です。


ここは、ビルの上層階にあり、階下はパチンコ屋と駐車場という施設ですので落ち着けるかどうか?というところで疑問は残ります。


ただ、アクセスの良さという点では、非常に評価の高い施設ですね。


兵庫では、

「龍の湯」


三ノ宮から電車で約30分の距離にありますが、雄大な明石海峡大橋を見ながら温泉を楽しめますし、入浴料も安価です。


こちらは明石市にありますので、大阪や京都、奈良からは距離的にやや厳しいかも知れません。


奈良県ですが、意外にも天然温泉と呼ばれる施設は近隣には無いようです。


スポンサーリンク


 ズバリ!お薦めはここや!

地形的に、関西は首都圏と比べると中心部の平地面積が少なく、あまり時間を掛けずに山間部へのアクセスが可能です。


ここはひとつ、スーパー銭湯では無く、本格的な温泉地である


有馬温泉


まで足を運んでみましょう。


三ノ宮や大阪などの主要都市だけでなく、実は芦屋や宝塚などから路線バスでも行くことができる非常に身近な温泉地と言えます。


様々な旅館・ホテルが日帰り入浴プランを用意している他に、市営の共同浴場が2箇所無料の足湯もあります。


宿によっては結構歩く場合もありますが、温泉地ならではの風景を楽しむのも良いでしょう。


またちょっと足を伸ばしてロープウェイに乗り六甲山の山頂に登り、絶景を楽しむのも良いですよ!


まとめとして


主要都市からとても近い距離に、本格的な温泉地があるのが首都圏では見られない貴重な財産ですよね。


スーパー銭湯でくつろぐのも良いですが、ここはひとつ有馬温泉まで足を運び温泉だけでなく温泉地として楽しむという非・日常空間を過ごすのも良いと思いますよ!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ