妊娠は体温が下がるときがグッドタイミング!基礎体温で体調の管理

妊娠



これからお子さんを作ろうと考えている女性にとって、排卵後の基礎体温の測定はドキドキするものですよね。


また、理想の基礎体温で妊娠のタイミングを把握するのが良いとされています.。


今回は、妊娠と体温との関係や体調の変化など詳しくご紹介いたします。


スポンサーリンク


基礎体温で身体の状況を把握しよう

基礎体温によっておおよその排卵日が予測できますので、妊娠したいためには基礎体温が重要な役割を果たします。


基礎体温を付けていると、自分の身体のリズムが分かってきます。毎日の体温の変化で、


生理の日」
「排卵日」
「妊娠」


などが分かるのです。


それぞれのケースでの基礎体温の変化ですが、


まず「生理の日」の場合ですが、

排卵後に高温期が2週間ほど続き、そのあと急に体温が下がります。そうすると、着床せずに生理の日が来るとされています。


「排卵日」は

低温期から高温期に変わる際に、体温が一度大きく下がり、再び上がり始める3日間位で排卵日が来るとされています。

この日の前後は妊娠しやすい時期とも言われていますね。


そして「妊娠」ですが、

排卵日の後に高温期が続き、その後に通常ですと体温が下がるはずなのに高温期が続いている場合、妊娠の可能性が高いとされています。

この時の変化を「妊娠超初期症状」と呼んでいるようです。


毎日記録をしておくと、妊娠の発覚が分かるので、対応しやすくなります。


つまり、日々の体温の変化が把握できていれば、次の生理のタイミングにもかかわらず生理が来なければ、より具体的に妊娠していたということも知ることができますね。


 基礎体温の測定方法


基礎体温の大切さが良く理解できます!!必見動画


基礎体温の測定方法ですが、まず必要となるものは、基礎体温計です。


基礎体温は毎日測定しないと意味がありませんので、極力楽に測定できる基礎体温計を選ぶと良いでしょう。


測定方法ですが、朝目覚めた際に、寝たままの状態で基礎体温計を舌の下に挟んで計りましょう。


正しく測定するコツとしては、朝目覚めた際に、毎日同じ時刻で測る事です。


三日坊主にならないためにも、常に基礎体温計を枕元に置き、毎日記録するようにしましょう。


毎日記録するのが億劫という方向けに、自動的に測定値を記録して、体温変動のグラフを作成してくれる高機能な基礎体温計もあります。


中には生理日の計算機能が付いているものもありますので、高機能版を選ぶと、自分のリズムをすぐに確認することもできます。


どちらにせよ毎日測定しないと意味がありませんので、まずは1ヵ月、そして3ヵ月、半年・・・と、目標を設定して習慣づけるようにしましょう。



スポンサーリンク


 基礎体温の見方

妊娠11

それでは、改めまして基礎体温を記録した場合の表の見方についてご紹介します。


まず基礎体温測定の原理ですが、排卵後に分泌される「黄体ホルモン」により、体温が上昇するという現象を利用しているのです。


従って、排卵前が低温期、排卵後が高温期となります。


個人差はありますが、一般的に「低温相」「高温相」と呼ばれている時期があり、その温相の分かれ目前後に「排卵」と呼ばれる時期があるのです。


これにより、生理が始まるときに体温が下がり、生理の後は低温期が続き、やがて体温が上がり高温期が続くという事が分かると思います。


まずは基礎体温を記録した表により、ご自身の形態の変化やリズムを見つけ、体調を知ることが最も重要となります。


 まとめとして


三日坊主で終わってしまわない為にも、基礎体温を正しく・楽しく付けていくことが重要となります。


最初は慣れない時期が続くと思いますが、高機能の基礎体温計を見る事で、自分のリズムの変化を見るのが楽しくなると思います。


なので、基礎体温計は高機能版を使うのをお薦めいたします。


そして何よりも妊娠の傾向が見られたら、自己判断せずに産婦人科を受診するようにしましょう!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ