母の日に英語でメッセージを!オシャレに感謝をこめて伝えよう!!

母の日


母の日になると、カーネーションを贈るのが定番ですが、併せて感謝の言葉を伝えていますか?


なかなか面と向かって感謝の言葉を伝えるのは恥ずかしい、照れくさい!という方もいらっしゃるかと思います。


その様な方は、是非感謝の言葉をメッセージカードにしたため、プレゼントと一緒に添えてみましょう。


それも恥ずかしい!という方は、たとえば英文で感謝の言葉を伝えてみてはいかがでしょうか?


どうせ渡すならば、感動的なメッセージを書いて、喜んでもらいたいものですよね!

スポンサーリンク


 お母さんへの感謝を言葉で伝えよう


母の日は、普段なかなか伝えられない感謝の気持ちを言葉で伝える絶好のチャンスでもあります。


ましてや、遠く離れて生活をしている場合は尚更のことと思います。


さて、今回のテーマでもある英文でメッセージを送る場合ですが、日本語よりも単語がストレートに伝わりますので、「告白」みたいに思えるかも知れませんね(笑)


そして、恥ずかしがり屋のあなたには英文メッセージはピッタリ!と言いたいところですが、注意すべき点もあります。


お渡しする相手は、実母・義母を問わずあなたよりもお年を召した方であり、中には英文でメッセージを送っても、意味が理解できない方もいらっしゃいます。


その様な方に贈っても、


「これ、どういう意味?」


と聞かれて、改めて口頭で文章の内容を説明する・・・なんて、あなた自身が恥ずかしい思いをすることもありえますので、注意しましょう。


それでは、具体的に実母・義母に分けた文例をご紹介させてもらいましょう。


母の日

 実母に向けたメッセージ文例


それでは、実際に英文メッセージの文例をご紹介します。


まずは、単純明快なメッセージで


①「母の日おめでとう!」の場合は、
「Happy Mother’s Day!」となります。


これは母の日定番のフレーズですので、是非冒頭に付ける事をお薦めします。


続いて簡単な文章としては


②あなたが私のお母さんで本当に良かった
「I’m so glad that you are my Mom. 」


③お母さん、いつもありがとう!
「Thank you always,mother! 」


④いつもあなたの深い愛情に感謝しています。ありがとう!
「Anytime thank you for your deep love. Thanks so lot. 」


⑤母の日に、心からのプレゼントです、受け取ってね。
「Please accept my present of thanks on Mother’s Day from my heart.」


⑥○○年間の感謝を込めて
「I give you ○○ years of thanks. 」


⑦あなたの娘(息子)であることを、誇りに思います。
「 I’m honored to be your daugther(son)」


⑧ずっと幸せでいる事を祈っています。
「I wish you will be happy.」


これらの文章だけでも良いですし、文例を組み合わせて贈るのも良いと思いますよ。



スポンサーリンク


 義母に向けたメッセージ文例

母の日1

実母に向けたメッセージであれば、どの様な言葉でも思いは伝わるかと思いますが、これが義母になると、メッセージ内容も大分変わってきます。


日本語でのメッセージと同様ですが、義母に「お母さん愛してる!」と言っても、あまりピンとこない場合が殆どですよね。


それでは、あくまで義理の母であるということを意識しつつ、ここでは差し障りのない英文事例をご紹介します。


「母の日おめでとうございます!お義母さん、お元気ですか?私の家の周りでは春の花々が咲いています。そちらはいかがですか?貴方の健康を願っています。」


「Happy Mother’s Day! How are you? The spring flowers are blooming all over my place. How about your place?  I hope that you are doing well.」


義母との関係性にもよりますが、あまり馴れ馴れしい文章は避けた方が良いかと思います。


 まとめとして


英文に慣れたら、今度は外国人の知り合いの方にもメッセージを送ってみましょう。


とくに欧米の方がこの様なグリーティングカードのやり取りは盛んですので、きっと喜ばれますよ!


また、母の日の感謝を伝える相手としては、今回ご紹介しました実母、義母が主体ですが、お世話になった方(寮母さん、バイト先の女将さんなど)にも感謝の気持ちを伝えてみましょう。


とても喜ばれると思いますよ。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ