スーツのお手入れはブラシを使いスーツを長持ちさせよう!!

スーツ


ビジネスマンの「勝負服」であるスーツ。手入れをしているつもりでも、すぐにクタクタになってしまったという経験はありませんか?


また、誤った保管をしていませんか?


スーツは生き物です。着たまま放置しておくと、スーツも消耗してしまいます。
でも、適切な手入れをしていれば、スーツは何倍にも長持ちするのです。


今回は、スーツの上手なお手入れ方法についてご紹介いたします。


まず、予備知識としてスーツが傷んでしまう原因を理解しておきましょう。


スポンサーリンク


 なぜスーツが傷んでしまうの?原因とは


スーツが傷んでしまう大きな原因は、「汗」「埃」です。


この2つの天敵は、スーツを汚すだけではなく、生地を傷めてしまう原因でもあります。


つまり、この2つの天敵を解消する事が重要になります。


また、雨なども原因のひとつでもありますが、スーツを適切にメンテナンスし保管する事で、常に良いコンディションを保つ事ができるのです。


また、汚れたらクリーニングに出せばOK!


と考えている方もいらっしゃるかと思いますが、頻繁にクリーニングを行うことにより、生地を傷めてしまう原因にもなります。


毎日しっかりと手入れをすれば、クリーニングは1シーズンに1回でも大丈夫ですよ。


 お手入れ方法について

ブラシ
まずは、埃を取るためにブラシでブラッシングをしましょう。
帰ったらまずブラッシングを!これが基本です。

ブラシは馬毛か豚毛のブラシを選びます。


天然毛ですと静電気が起こりにくく、生地に優しいブラッシングができます。


まずは

ジャケットから。


上から下へかけていきましょう。


襟やラペルの裏側、ポケットの中も忘れずにブラッシングしましょう。


手を突っ込むと分かりますが、裏側やポケットの中は意外と埃がたまっているものです。


ブラッシングのコツとしては、縫い目にそって溝から掻きだすイメージで小刻みにブラッシングします。


仕上げには、生地目を整えるような感じで全体をブラッシングしてください。


次に

パンツの場合は、


ベルトを外してハンガーに吊るし、かける方向ですが


①まずは、裾からウエストにむかって下から上に

②その次にウエストから裾に向かって上から下に


という手順ですすめて下さいほこりが落ちやすくなります。


ブラッシングが終わりましたら、次に霧吹きをかけてください。


スーツが湿るくらいに霧吹きをかけ、直射日光があたらない風通しの良いところに保管しましょう。


霧吹きを行う事で、汗の臭いも残らず、付いてしまったシワも伸びるため、スーツの折り目を保つことができます。


どうしても臭いが気になる場合は、市販されている臭いとシワを消すスプレーを使うのも良いでしょう。



スポンサーリンク


 スーツのお手入れのコツは?

スーツ11

スーツを1日着ていると、かなりの量の汗・埃が付きますので、「汗」と「埃」への対策が最優先です。


主な対策方法としては、ご紹介しましたように専用のブラシによるブラッシングと、汗対策としては霧吹きが挙げられます。


その他、


スーツを綺麗に保つ方法としてスーツは必ず着回しして、スーツを休ませてあげましょう。


1着のスーツを連続で着ると、型くずれが起きてしまうだけでなく、1日着るとかなりの量の汗を吸収しますので繊維がつぶれたりしてしまいます。


そして、ハンガーにも気を配ってください。クリーニング屋さんの「ハリガネハンガー」をそのまま使っていませんか?


厚みのあるハンガーを使うことで、スーツ本来の形を崩すことなく保管することができますし、木製のハンガーは防湿効果もありますよ。


そしてもうひとつ。クリーニング屋さんから戻ってきたスーツですが、ビニールを掛けたまま保管していませんか?


このビニールにより風通しが悪くなり、スーツの保管コンディションが悪くなりますので、ビニールは取って保管しておきましょう。


 まとめとして


普段何気なく着ているスーツも、毎日の手入れがとても重要だということがご理解いただけましたでしょうか。


スーツが美しいと、他の方からの印象も変わってきますので、ビシッとした美しいスーツを着続けたいものですよね。


是非、今回のお手入れ方法をご参考にしていただき、しっかりとしたスーツのお手入れを行いましょう。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ