中古車購入時に自賠責保険の名義変更の処理は忘れず迅速に

l中古車


いざ、中古車を購入するとなると、

任意保険への加入
所有者の名義変更
車庫証明の取得

など、結構手間がかかります。


その場合、中古車業者に任せられるところはお任せするのも手です。


また、チェックリストを作って何をすべきか確認され、ご自身で手続きされるのも良いでしょう。


その中で、自賠責保険の名義変更の手続きを忘れがちですので気を付けてください。


今回はその自賠責保険の名義変更に必要な手続きについてご紹介させていただきます。




スポンサーリンク


 自賠責保険の名義変更の手続き方法

自賠責保険の名義変更処理ですが、損害保険会社によっては有料になるところもあります。


また次回の車検時には正しい名義になりますので、そのまま名義変更を行わない中古車業者もある様です。


ただ、その場合、事故が発生した際に連絡先の相違などで手続きが煩雑になる可能性もあります。


なので、自動車の名義を変更する際は、必ず自賠責保険も名義変更は行っておきましょう。


それではさっそく、自賠責保険の名義変更手続きについて具体的にみていきましょう。



中古車


自動車の所有者が変わることによる自賠責保険の名義変更で、必要となる書類は損害保険会社により異なります。


また、誰が手続きをするかでも必要書類は変わってくるようです。


ですが、一般的には大きく分けて


「契約権利譲渡通知書」か「異動承認請求書」
(→ 名義変更による異動事由を「権利譲渡」・契約内容を変えることを「異動」)

「自動車売買契約関係書類」
(→ 買い取った場合なら買取契約の書類など)


の書類が必要となります。


まずは、自賠責保険証に記載されている損害保険会社を調べ、書類を入手されて下さい。
その書類に、譲渡人と譲受人がそれぞれ記入・捺印します。


また、身元確認のために、新契約者の住所が記載されている

・住民票
・運転免許証

の提示を求められることもあります。


また、ナンバープレートを変更した場合など


自賠責保険証明書の記載事項になんらかの変更が生じた場合でも、その旨を損害保険会社に連絡して変更手続きを行う必要があります。


必要書類の詳細を一覧表にしましたので参考にされてください。

自賠責保険の名義変更で必要なもの
・自賠責保険証明書
・手続きされる方(譲渡人または譲受人)のご印鑑
・譲渡意思が確認できる以下の資料のご提出(提示)
【譲渡人が手続きをする場合】

・印鑑証明書(発行日から3カ月以内のもの)

・本人確認ができるもの
運転免許証
健康保険証
社員証
パスポートなど

・異動承認請求書
譲受人の押印が必要
【譲受人が手続きをする場合】

・譲渡人の印鑑証明書(発行日から3カ月以内のもの)
または売買契約関係書類

・異動承認請求書
譲渡人の押印が必要

以上のようになってはいますが、各種条件によって別途書類が必要になる場合もあるようです。


ちなみに、自動車の名義変更の場合は道路運送車両法で15日以内に変更する義務があります。
(→ 違反すると罰金)

ですが、自賠責保険の場合は名義変更に関する罰則はないようです。



スポンサーリンク


 そもそも自賠責保険とは?

自賠責保険の正式名称をご存知でしょうか


「自動車損害賠償責任保険」


と言っています。


自動車またはバイク(二輪自動車、原動機付自転車)を運転する場合には、法律によって加入が義務づけられている保険です。


仮に自賠責保険に未加入のまま走行した場合は、法律によって


「1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止処分(違反点数6点)」


という罰則が科せられます。


既に違反点数をお持ちの方は、更に重い行政処分が下る可能性もあります。


さて、この自賠責保険ですが、運転者本人に掛ける任意保険とは異なります。

つまり、自動車そのものに掛ける保険となっています。


仮に自賠責保険の名義変更をしていない場合でも、事故発生時には補償金が受け取れることになります。


これは、自賠責保険自体が被害者への補償を目的としている保険制度であるためだからです。



事故

 第三者による手続きは可能か?

例えば、自動車の名義変更などは、委任状によって第三者でも対応が可能となっています。


自賠責保険に関しても、損害保険会社により対応方法は異なりますが、委任状により第三者でも対応は可能です。


基本的に、誰が申請を行うのかにより用意する委任状は変わります。


ですが、ほとんどの場合は譲受者が行いますので、譲受人と第三者の記名・捺印した委任状を用意すると良いでしょう。


また、場合によっては印鑑証明書の提示を求められる場合もあります。


なので、必要な書類などに関しては、予め損害保険会社に確認されるとスムーズにいきます。


 まとめとして


自賠責保険は、車検のときにセットで加入することになっています。


ですから、次回の車検の時に名義変更すれば良いと思われがちではないでしょうか。


ご紹介しましたように、名義変更をしないまま事故を起こしてしまった場合に、連絡先が異なることにより混乱を招く可能性もあります。


中古車購入時には、忘れずに自賠責保険の名義変更手続きも行っておきましょう!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ