レターパックが速達並みの日数で届くのは本当なのメリットはなに?

レターパック78


最近、レターパックというのをよく見かけます。


私も何度か利用したことがあります。


ちょっと大きめの封筒のような郵便物で、いろんなものが送れて便利ですね。


また配達が速達並みと言われるこのレターパックですが、その他どんなメリットがあるのでしょうか?



スポンサーリンク


 レターパックは速達並みの配達!土日は?メリットはナニ?

レターパックには、

レターパックプラス

レターパックライト

があります。(詳しくは後述しております)


そのレターパックですが「速達扱い」にはなっていませんが、準速達の扱いなので速く送れます。


では両方の配達日数がどれくらいかといいますと


レターパックプラスのお届け日数:(日曜日や祝日にも配達されます)

⇒ 通常、翌日に届けられ、スピードが速達並みであることは間違いないようです。


< お届け日数の事例 >

東京より午前中差し出した場合

東京(23区内)より ⇒  北海道 ⇒ 翌日午前着

東京(23区内)より ⇒  沖縄県 ⇒ 翌日午前着

(郵便局公式の「お届け日数の検索結果」にて検証結果)



レターパックライトのお届け日数:(日曜日や祝日にも配達されます)

⇒ 速達並みの日数で送られることもあれば、翌々日に送られることもあるようです。


レターパックプラスは、レターパックライトより150円高いですが、その分、速達並みの配達であることは間違いないようですね。


それにしても、東京から北海道や沖縄県へ午前中配達はスゴイと思われませんか。



次にメリットをいくつか上げてみましょう。


12桁の問い合わせ番号を使った追跡サービスがあるので、発送後の荷物がどの様な状態にあるのか分かります。


② レターパックプラス・ライト、両方ともA4サイズで、重さは4kg以内であればいろんな物を送ることができます。
 (→ レターパックライトは厚さ3㎝まで)


たとえば、このレターパックで送るのに適しているのは、

オークション商品
手紙を添えたプレゼント
請求書、契約書
カタログ、パンフレット
業務用サンプル

などがありますが、この中で信書も送れることはいいですよね。


③ ポスト投函ができますので、24時間いつでも送ることが可能です。
  (厚みのある場合はポストには入りませんので)


④ 料金が全国一律であること。
  ・レターパックプラス⇒ 510円
  ・レターパックライト⇒ 360円

  規定の厚みや重さがクリアできていれば追加の料金を気にすることがありません。

  
日曜日や祝日にも配達されるサービスであること。


スポンサーリンク


 そもそもレターパックとは?

レターパックとは、郵便局が発行している封筒のことで、


中に送りたい商品などを入れて、切手を貼らずにポストに入れるか、郵便窓口に差し出すことで発送できます。


レターパックの種類

レターパックには2種類あります。


(左)レターパックプラス  (右)レターパックライト
レターパック

① レターパックプラス
・510円
・厚さ無制限
・集荷あり
・対面配達

② レターパックライト
・360円
・厚さ3cmまで
・郵便受けに投函

共通点は、両方ともA4サイズで、重さは4kg以内です。


さて、気をつけたいのは現金は送れないので注意しましょう。



では画像でも詳しくご紹介していきましょう。

  ↓ ↓ シールが付いてますので、のりやテープは不要です。
      ガイドライン(点線)が完全にかくれるように封をします。
レターパック4
レターパック11
レターパック9

レターパック5


< レターパックライト・プラスの違いや同じ様なサービスのポスパケットとの比較です >

 ポスパケットレターパック
ライト
レターパック
プラス
運賃(送料)
(日本国内均一)
  360円
  360円
  510円
専用封筒   ×   ○   ○
信書の送付   ×
   ○   ○
現金の送付   ×   ×   ×
追跡したい   ○   ○   ○
着払い   ○   ×   ×
日曜の配達   ○   ○   ○
集荷のお願い   ×   ×   ○
受領印   ×
 (受箱配達)
   ×
 (受箱配達)
   ○
発送方法  郵便窓口
  ポスト
  郵便窓口
  ポスト
  郵便窓口
  ポスト
最大サイズ  A4  A4  A4
最大重量  1kg以内  4kg以内  4kg以内
厚さ制限  3.5cm  3cm  無制限


「関連サイト」ポスパケットとレターパックの違いとは何か信書や現金は送付可能?


 レターパックの送り方

レターパックの送り方を簡単におさらいをしておきましょう。


1)購入先は?

  • 郵便窓口
  • 一部のコンビニ
  • (ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、サークルKサンクス、セイコーマート)

    で購入する。


    2)あて名や品名を書いて、手紙や荷物を入れる。

    ※ 品名の欄は書いておきましょう。発送の遅延の原因になります。

    品名の欄が空欄だと、引き受けた郵便局が差出人に電話連絡をして確認する手間が発生します。

    確認ができない場合は、
    内容物が分からないので、航空機輸送できるものであってもトラック輸送になってしまい配達の遅延の可能性があります。

    ・明らかに紙が数枚はいっている場合でも保留になるので「書類」と明記する。
    ・「等」や「他」などをつけてしまっても保留になることがあるので注意が必要です。

    レターパック2

    3)郵便ポストに投函する。

    切手は不要です。

    郵便窓口でもOK、レターパックプラスは集荷も頼めます。


    送るときに、「ご依頼主様保管用シール」を封筒からはがしておきましょう。
    書かれている12桁の番号で配達状況を問い合わせることができます。

    レターパック10

    4)お届けは?

    レターパックプラス:対面でお届け。受領印または署名が要ります。
    レターパックライト:郵便受けへお届け。


     レターパックの大きさのイメージは?(レターパックプラスの場合)

    ところで、レターパックはどのくらいの大きさの物が入るのでしょうか?


    レターパックプラスの場合は厚さの制限がありませんので試しに、ティッシュペーパーを入れてみました。
    ティッシュペーパーの厚みは、約5,5㎝です。

    レターパック6

    レターパック7


       ↓ ↓ 楽々、封をすることができます。
           ガイドライン(点線)が完全にかくれています。
    レターパック8


    レターパックスケール(ロゴ入り)

    レターパックスケール(ロゴ入り)
    価格:2,120円(税込、送料別)


     まとめとして


    ご紹介しましたようにレターパックは、簡単で速く、追跡もできる郵送方法となっています。


    最近は、ヤフオクや楽天オークション、Amazonマーケットプレイスの取り引きなどにも利用されているようですが、


    中に入れるもののルールを守って快適に利用したいですね。



    「関連サイト」切手はコンビニで販売してますか?各種類が買えます!ポスト情報!

    「関連サイト」ゆうメールはどれくらいの日数で届いて土日でも利用できるのか?

    「関連サイト」封筒を送る時の切手の料金はいくらでもし切手が不足のときはどうなる

    「関連サイト」速達郵便は土日でも受付OKなの?土日を夾んだ配達日数はどうなるの?

    「関連サイト」土日に郵便は配達OKなの?日曜の配達は例外で制限がありますよ!

    「関連サイト」切手の貼り方にもマナーがあり貼る位置も縦書横書で決まってます

    「関連サイト」切手の貼り方で複数枚の場合で見栄えが良く高感度アップの方法



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ