「DV・セクハラ」の記事一覧

DV妻の特徴はどんなものかご存知です?悲惨で深刻な事実とは

DVと言いますと、 夫が ⇒ 妻にDV つまりドメスティックバイオレンスを働くことで知られています。 しかし、最近では男性がDV被害者になるという例が増加してきています。 か弱い女性が強靭な男性にDVを働くなんていうこと・・・

セクハラの発言の例にはどんなものがあり普段の発言のルールとは

本人は全くセクハラをしているつもりはなく、 逆に良かれと思ってユーモアをしたつもりが、相手をひどく不快にさせてしまった・・・ そんなことは、だれもが一度は経験しているかもしれません。 また、その場を盛り上げようとしただけ・・・

DVシェルターでの生活ってどんなもの?その事実を認識しよう

ここ20年くらいの間に、DVの被害にあっている人は急速に増えています。 それと同時にどうしても必要になるのがDVシェルター。 そのDVシェルターも、DV被害者があまりにも多いために、数はまだまだ足りないのが現状です。 さ・・・

デートDVのチェックをしてみませんか?11項目で即判定OK

若い10代の子達が、仲良くカップルで手をつないで歩いているのはよく見かけること。 その様子はとてもラブラブで、周りの方が目を覆いたくなるようなこともしばしば。 そんな甘いデートならいいのだけど、その裏ではデートDVに悩ま・・・

DV加害者の治療法はあるのだろうか?更生はカウンセリングから

DV被害者が増えてきているのと同じく、DV加害者の数も同じだけ増えているわけです。 DV被害者への同情ということから、被害者を助ける意味での対策はいろいろあります。 でも、実際にはDV加害者も相当に苦しんでいます。 誰も・・・

DVの相談を警察にするのはどんな時?すぐに行動してもいいの?

最近よく耳にするのがDV。 夫や彼氏から暴力を振るわれて、逃げたくても逃げられない状況。 このDVは、時には命の危険にさらされることもあるのです。 もし、問題が生じて口論になり、ほっぺたをひっぱたかれて頭に来たら、 警察・・・

セクハラの事例とは!?こんなひどい事があなたに許せますか

今ではセクハラという言葉は私たちの生活の中に当たり前に存在しています。 意味を知らない人も居ないのではないでしょうか? そして、一昔前なら当たり前にされていた会話なども、 今では被害者がセクハラだといえばセクハラになって・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ