年賀状の値段据え置きに注意!差し出す期間で10円もお得







2018年の年賀状は52円となっています。

でもこの値段は期間限定の据え置きとなっています。


投函の日付によっては、送り先に料金不足の請求もあります。

その辺の注意点をまとめておきました。



スポンサーリンク


 年賀状を52円で利用できる期間(投函日)とは

年賀状を52円で利用できる期間(投函日)は以下になります。


2017年12月15日(金)

2018年1月7日(日)

この期間限定の据え置き料金となっています。



なので、上記以外での差し出しの場合10円の追加料金が発生します。


 なぜ期間を決めているのか?

なぜ期間を決めて利用制限をしているのか?


通信費を安くしたいのは誰も考えることです。

52円の年賀状を大量に買い求めて、通常の利用に使用できればと思うものです。


でもそれでは、日本郵便とすれば52円から62円に値上げした意味がありませんね。


なので期間限定のお年玉といったところでしょうか。



スポンサーリンク



 2018年の年賀状取扱ルールのまとめ

割引期間以外の投函ですと通常はがきとして取り扱われます。

つまり10円分の切手を貼っていないと料金不足となるわけです。


料金不足だと、場合によっては送り先に不足料金を請求するケースもあります。

相手先にご迷惑にならないようしっかりとルールを見極めておきましょう。


以下に年賀状の取扱いルールをまとめておきました。

ご参考になさってください。

2018年の年賀状取扱のまとめ
投 函 日12月15日
~1月7日
1月8日
~15日
1月16日~
料 金52円62円



料金不足の対応
差出人へ返送差出人の住所地の郵便局管内で投函
→差出人へ返送
上記以外での投函
→送り先へ配達
 不足分を請求


※ 上記のとおり2018年の年賀はがきでは特別対応をとります。
遅めの返信が見込まれる1月8~15日に限り、投函場所にかかわらず差出人に返却されます。



2017年6月1日に郵便料金が改定されています。

以下の表を参考になさってください。
   定形郵便物    25g以内    82円
    50g以内    92円
  


  定形外郵便物
   規格内   規格外
    50g以内    120円   200円
    100g以内    140円   220円
    150g以内    205円   290円
    250g以内    250円   340円
    500g以内    380円   500円
    1kg以内    570円   700円
    2kg以内  取り扱いなし   1020円
    4kg以内   1330円
   通常はがき      62円
   往復はがき     124円
   年賀はがき     52円12月15~1月7日に差し出したもの。
(2019年用から年賀はがき料金も62円)

表面に「年賀」と朱記する。
(私製でもよい)



 私製の年賀はがきも52円なのか?

年賀状を手作りされる方もいらっしゃるかと思われます。

その場合の料金はどうなるのか?


ご心配なく、先ほどの料金表でもお分かりと思いますが。

12月15~1月7日に差し出したものであれば、52円の据え置き料金で利用可能です。


私製はがきの場合の注意点ですが、

分かりやすく「年賀」と朱記することを忘れないようにしましょう。

この年賀の朱記がない場合には、普通のはがきとみなされ据え置きの料金にはなりません。



スポンサーリンク



 まとめとして

一年の重要なイベントでもある年賀状発送です。

ご紹介のように、投函日付によっては新年早々、料金不足でお相手に迷惑になってしまいます。

くれぐれもご留意なさってください。



スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ