お餅に生えたカビの色、カラフル危険順位は?


白いお餅に、色とりどりのカビ模様。
嗚呼やられた、と残念に思ったことありますよね。
このカビ達、カビはカビでも同じもの?別の種類なの?
色が違うのだから、きっと別世帯、違う家族なんだろう。
その異世帯のカビ家族たちが、お餅に集まって繁殖している。
こどもの自由研究の課題みたいに考えると、ちょっと興味深い
未知なる世界です。
カビの生えたお餅は食べないので、せっかくだから、ちょっと
カビ種族たちの性質を観察してみましょう。


お餅がカビの花畑色、または信号機色の親族別カラー

赤、白、黄色、それはチューリップの歌にも出てくる色。
赤、青、黄色、こちらは信号機。
カビの家族も同様に当てはまる種族別カラー。
緑だか黒だか、複雑な色を混ぜ合わせたカビもあります。
そしてその中から、たった一色の中身を見ても、それはそれは膨大な
細かい種類に分類されていて、計り知れない組織を構成しているようです。
まずは単純に、色別で特徴と安全性や危険度をインタビューしてみよう。
何故かって?
カビ種族の特徴を知ることによって、カビ菌糸立ち入り禁止の予防策が
作れると思うからです。(ちょっとだけシャレです)


いつでも何処でも根を下ろす、アオカビと黒カビの大地主

全世界のあらゆる処で浮遊し、目指す場所へ降りて根を張る
アオカビ種族。
黒カビと繁栄を競うように大家族のようです。
根を下ろす場所は選ばないと言いますか、壁でも床でも家具
にでも、簡単に付着し根を張ります。
エアコンのフィルターにも気を付けて下さい。
もちろん、食品にも隙あらば取り付いて、お餅やパンなど、青緑に
染め上げたりしますね。
真空パックになっている食品にアオカビが生えないのは、空気に
触れていないからです。
アオカビは空気中に漂って繁栄できる場所を探しています。
人間の身体に及ぼす影響としては、空気中のカビの胞子を吸い込む
ことによって起こるアレルギー反応。
気管支炎や喘息の原因になる危険性があるようです。
アオカビ種族に占拠されないためには、極力お部屋や調理環境の
クリーンアップが効果的なようです。


発見し辛い白いカビ。ほのかな見た目でもカビはカビ

フワッと白く遠慮がちに、色で主張することもない白カビ。
お餅やパンや米などに付着している場合、発見し辛く、うっかり
食べてしまった、なんてこともあるかも知れません。
食品に発生するだけでなく、革製品のバッグや衣類、クローゼットや
靴箱などにも見かけることがあります。
アオカビや黒カビと比べると、根を張らない性質の様で、拭き取れば
除去できるという説もあります。
が、しかし、カビはカビです。
特に気を付けなくてはならないのが、カビ毒の強さです。
白カビには強い毒性があり、食べると中毒を起こすこともあります。
見えにくいのに、やっかいな種族ですね。
お餅など、カビは見えないけれど、カビ臭い気がする時は要注意。
アルコールで拭くか洗うかすると、除去できるようです。
熱に強い性質らしいので、加熱しても分解されたり、消滅したりは
期待できないので、アルコール除菌がおススメの一族です。
補足ですが、黄色いカビも、白いカビ同様、遠慮がちな見た目とは
裏腹に、強いカビ毒を持ったクセの強い種族なので気を付けましょう。


赤やピンクのカビは、見た目通りの危険な証

水辺が大好き赤カビ種族。
水分がある場所なら、至る所で発生します。
アオカビや黒カビと異なる特性は、タンパク質などの栄養源すら
いらない、水分だけで繁殖する生命力の強い輩。
お餅の水分にだって引き寄せられます。
ごはんの残りを適当にラップして冷蔵庫に入れておいたら、赤や
緑のカラフルごはんに変化していた、なんてことありませんか?
バスルームの床や、洗面台の排水溝の付近など、水場でもよく
見かける、アイツです。
ぬるぬるヌメヌメした場所が好みで、大変危険な毒性を持っている
手ごわい種族。
うっかり口にしてしまうと、下痢や嘔吐、食中毒のような症状に
見舞われ、大変な迷惑を被ります。
お餅がほんのりピンク色になっているのを発見したら、迷わず
お別れを告げて下さい。
赤色は危険信号だと認識しておくのが安心です。


まとめとして

理科の先生のように、専門的な詳しい説明はできませんが
カビの色で、様々な特性があり、危険性もあるということが
分かると思います。
白いお餅がカラフルに変化する理由は、色々な種類のカビが
好む絶好の栄養源と環境がある、ということ。
何色であっても、カビの種族たちに占拠されないよう、密封し
クリーンな状態で保存することが何よりですね。
白いものは白いのが一番!
安心して美味しくお餅を食べられるよう、保存しておきましょう。



スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ