お餅をカビ防止で水につける?その魅力は大きかった!


つきたての柔らかな、良く伸びる美味しいお餅。
自治会や、こども会や、年末年始イベントなどでの餅つき
大会で配られる、きなこ餅、あんこ餅、からみ餅、ずんだ餅、
柔らかいうちに食べる幸せといったら、たまりません。

たくさんのつきたてのお餅を平たく伸ばして、一枚の板の
ように整えた伸し餅は、お雑煮やお汁粉を作る時まで重宝です。
時間が経つと、硬くカチカチになるので、切って使うのがちょっと
大変。
まだ少し柔らかさが残っている内に切り分けて保存する場合も
多いでしょう。
美味しさをキープして、長持ちさせる保存方法や、硬くなった
お餅をつきたてのように柔らかくする方法があるって知っていますか?
誰でも簡単、お餅を守る、そして復活させる方法を見てみましょう。


空気に触れさせない水保存で、餅をカビから守る

これは昔からよくある保存方法のひとつのようです。
冷蔵庫という、今では当たり前の家電がなかった昔は、お水につけて
お餅を保存していたんですね。
今でも手軽な保存方法として用いられているようで、お餅が乾燥して
硬くならず、鮮度を保つメリットがあります。
容器に入れたお餅がしっかりつかる程度の水を張り、蓋かラップをして
保存します。
注意する点としては、雑菌が入らないよう清潔な容器と新鮮な水を使い
手づかみではなく、清潔な箸やトングを使うこと。
そして保存する間は、毎日お水を変えることです。
保存期間としては、1ヶ月~数ヶ月可能ですが、お水を変える手間が
あるので、長期保存する場合は密封して冷凍保存するのが良さそうです。


カチカチに硬くなってしまったお餅は水餅に

既に硬くなってしまった伸し餅や切り餅は、お水につけて
水餅にすると、柔らかく調理しやすくなります。
クニャリと柔らかくなったお餅は様々な食べ方ができますね。
器にお餅を入れて、ラップなしで、電子レンジで30秒ほど加熱
するだけでビックリするほど膨らんで、まるでつきたての様な
熱々お餅が出来上がります。
器に盛り過ぎたり、加熱し過ぎたりしないように気を付けて。
本当によく膨らむので、電子レンジいっぱいになってしまい
大変な事になってしまいます。

昔からある、水餅にしてカビを削ぎ取るのは正しい?

カビの生えてしまったカチカチの鏡餅。
縁起物だし、もったいないから、お水につけて柔らかくした上で、
カビを削り落としてキレイにして食べてしまう。
確かに見た目はカビがなくなって、キレイな部分だけになっている
様な気がしますが、一旦カビが生えてしまったお餅は食べない方が
いいようです。
カビは表面だけに見えますが、根っこを張ってお餅の中にまで入り
込んでいます。
お餅から栄養分を吸い上げて、カビの胞子を咲かせている根っこを
食べていると思うと気持ち悪いですよね。
カビには食中毒のような症状を引き起こしたり、喘息やアレルギーの
発症原因になったり、色々な健康被害を引き起こす原因になります。
長寿の縁起物としてお餅を食べて、寿命を縮めては元も子もないので
カビの生えてしまったお餅は、カビを取り除いてまで食べることは
極力やめましょう。

お餅を水につけて保存する方法のまとめ

カビ予防と、ある程度の期間保存するために、お餅を水につける方法。
お餅にはカビが喜ぶ栄養素がたくさんあります。
油断すると、すぐカビに占拠されてしまうので、しっかり予防しましょう。
まずお餅の周りについている粉を落とします。
清潔な容器にお餅を並べ、しっかり浸るくらいまで水を張ります。
埃や雑菌が入らないよう、蓋かラップをして冷暗所で保存します。
カビは20度~30度の気温で大変活発になるので、夏場は冷蔵庫に
入れておくのがおススメですね。
お水は濁ってしまわない内に取り替えます。
出来れば毎日変えるのが良いです。

まとめとして

こうしてカビから守り、鮮度を保ったお餅は、いつでも美味しく
手軽に調理できるので、年中お餅を食べたい人には重宝ですね。
カビは削って落として食べられると、もったいない思考の昔の人にも
教えてあげましょう。
カビは落としても、食べちゃダメ。カビが生えないように保存しようって。
そして新鮮で清潔で、栄養満点の長寿の源、柔らかお餅を召し上がって
下さいね。




スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ