厚い皮や泥のついた、採れたてのたけのこを手にする機会は、それほど
多くないだけに、新鮮だから大丈夫!と過信しがち。
下処理が面倒で、ついつい放置しちゃったけれど、どうだろう?
たけのこって腐るの?見分けることは出来る?という疑問ありませんか?
もちろん、たけのこは生野菜なので放っておけば腐ります。
その様子や見分け方を知り、確認してみましょう。
何より、腐らせない保存を早めに施しておくことが大切です。


スポンサーリンク


 寂しい腐敗、変色して力がぬけた状態はアウトです

放置され、ぐにゃりと力が抜けたたけのこは完全にアウトです。
生きる気力を失って、鮮度を保てなくなり腐ってしまいました。
他に、赤っぽく変色した箇所がある、薄っすらピンク色に見えるたけのこは
悪い菌に染まり、グレてしまった様子です。素顔を見せず濃い化粧を始めた
女の子のようですね。
そして、変に白くなっていて、触るとヌルっとしていたり、少し糸を引く様に
なったたけのこも、腐敗を表現しています。
腐に敗して妖怪に転じてしまった姿のようで、痛々しい次第です。
放置していたたけのこだけではなく、水に漬けて保存したものを忘れていて
長期間放置してしまった時は気を付けて下さいね。
パッと見、何でもないように見えても、腐っている場合があります。
 

スポンサーリンク


 酸味のある匂いは、たけのこの匂い?傷んだ匂い?

先にもお伝えした、水に漬け置き保存したたけのこですが、キレイな水に
小まめに取り替えていれば特に問題はありません。
忘れて長期間保存してしまっていたら、まず匂いを確かめましょう。
確かめるまでもなく、開けてみたら酸っぱい匂いがする!アウトです。
お水も濁っていると思います。
あく抜きの後、お水に漬けて放置した場合の、酸味のある匂いについては
腐っていると判断して下さい。
ただ、スーパーなどで売っている、水煮のたけのこのは開封した時や、調理
した時に酸味を感じることがあるのですが、これは水煮として商品に
する際の保存料の関係です。
よく洗って、更に真水にさらして臭みを抜く方法もあります。
保存料ではなく、濁ったお水に浸かっていたたけのこの酸っぱい匂いは
腐っていると判断し、食べない方が良いでしょう。


 溝や隙間に白い物体が!これは大丈夫?

はい、大丈夫です。
よく見かける白い固まりのようなもの。
半分に切り分けられたたけのこの、中の溝などに付着していますね。
それはたけのこ特融の旨味成分、アミノ酸の一種です。
気になるようでしたら、キレイなお水でよく洗い流してから調理すると
良いでしょう。
ただ、傷みが発生した時やカビが付着している場合の変色には気を付けて
下さいね。
全体を白く覆われているとか、赤や緑の点々が見えた場合は、旨味成分
ではなく、カビや傷みなので、アウト!と判断しましょう。
 

スポンサーリンク


 まとめとして

たけのこの傷み、腐った場合の変化の見た目を表現してみましたが、
いかがでしょうか。
食材が機嫌を(期限を)損ねると、姿や形、手触りや匂いが変化します。
適した保存をして、放置しないようにしましょう。
キュンとした歯ごたえの、新鮮なたけのこが食べたくなってきました。
今夜は青椒肉絲にしようかな。

スポンサーリンク