名刺交換のマナーをきちんと理解してスマートな挨拶で印象UP!

名刺交換


社会人の挨拶で必要不可欠な名刺。
会社の、そしてあなたの「顔」でもありますよね。


特に初めてお会いする方とは、第一印象でどの様な好印象を与えるかが、非常に重要になってきます。


長年名刺交換をされている方の中には、


「何をいまさら」


とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実際には普段なにげなくやってることがマナー違反っていう事に気づいていない事もあるようです。


新社会人の方も、ベテランの方も、もう一度名刺交換のマナーを見直してみませんか?

スポンサーリンク


 名刺交換 これはNG!


まずは、名刺交換および交換後に絶対にやってはいけない事から。


①お相手と同時に名刺を差し出す際、目上の方よりも先に受け取ってはいけません。大変な失礼に値します。


②お相手の名刺に記載されている会社のロゴやお名前の上に、指を置いて受け取るのは止めましょう。

名刺交換

③渡す際には、お相手の前に立って渡しましょう。この際に、テーブル越しに渡すのも失礼となります。


④財布などに予備があっても、財布から出して渡すのは絶対に止めてください。


この様な場合は、あまり好ましくはありませんが、名刺を切らしてしまったという理由で、後日渡す様にしましょう。


名刺は必ず予備を持ち歩く様にしましょう。中には名刺入れ自体を忘れてしまった場合もありますよね。


一番良いのは、鞄に予備の名刺入れを入れておく事です。念には念を入れる事で、あなたのビジネスが円滑・順調に進みますよ。


また、あまり知られていない事ですが、お相手が差し出した名刺よりも、低い位置で名刺を差し出す事を実践してみましょう。


スポンサーリンク


 スマートな名刺交換の方法


それでは、絶対に失敗しない、好感度UPの名刺交換方法をご紹介いたします。


①まずは、同行している目上の方から挨拶をしてもらいます。お一人の際は、お相手の目上の方からご挨拶をしましょう。


②その際、机を挟んで名刺を渡さぬ様、お相手の側へ移動し、名刺を両手で持ちお相手が出した名刺よりも低い位置で、表面を向けて差し出します。


③名刺を渡す際は「社名・フルネーム」をはっきりと名乗り、名刺を頂く際は、「頂戴いたします」と言いながら両手で受け取ると良いでしょう。


④受け取った名刺は、名刺入れの上に乗せましょう。お相手が複数の場合は、最も目上の方の名刺を名刺入れの上に置き、その他の方は着席順に机上に並べると良いでしょう。


名刺交換2

その際、絶対に名刺を重ねてはいけませんので、注意しましょう。


なお、お互いに名刺を差し出す


「同時交換」


の場合は、お互い名刺を片手(お相手が左手の時は左手、右手の時は右手)で持って相手に差し出しても構いません。

 意外と盲点!女性に好印象を持ってもらうには?


これまで、名刺交換のマナーと好感度の高い名刺交換の方法についてご紹介をしましたが、特に相手が女性の際に更に好印象を持ってもらえる方法があります。


それは、両手の毛の処理です。


両手が毛深い事で、不快感を覚える女性はかなり多くいます。


せっかく爽やかな装いをしていても、名刺交換時に見せる両手の毛で一気に不快感を覚えてしまう女性も結構いるのです。


特にお相手に女性が多い様な会社と取引のある方は、両手を脱毛する事で、お相手に与える印象が変わりますので、一度お試しください。


また名刺交換時は、最も顔が近づく場でもあり、いろいろな臭いにも気を付けましょう。


体臭


女性は特に臭いに敏感と言われており、口臭や体臭は勿論、香水の過度の付けすぎや、整髪料の強い香りなどにも気を付けると良いでしょう。


まとめとして


名刺交換で、特に頂いた名刺の置き方などで、誤った解釈をしている事もあるのではないでしょうか?


再度、今回ご紹介しました名刺交換のマナーを確認し、ビジネスをスマートに進めていきましょう!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ