郵便局への転送届の手続きの仕方は意外に簡単で便利な仕組み!

転送届


皆さんは郵便局の転送届って使用されたことがありますでしょうかか?


わたし自身はまだ一度も使用したことはありませんが、もし万が一、どちらか別の都道府県などに転居したとします。


そうした場合に、実はこの転送届ってとっても必要になってきます。
なのでぜひ手続きの方法など覚えておかれると良いかと思います。


今回は、その転送届についてのご紹介となります。

スポンサーリンク


 郵便局の転送届の手続きの仕方とは

転居届の提出が必要

先程、転送届と書いていますが、転送サービスの手続きとなります。

こちらは、旧住所宛てに届いた郵便物を一定期間は新住所に転送してくれるサービスです。


こちらのサービスを受けるためには転居届の提出が必要となります。


ところで、現在こちらの転居届の用紙ですが全国の郵便窓口での配布のみとなっています。
インターネットによるダウンロードのサービスはありません。


なので、用紙での届出の場合ですと皆さんのご自宅の近辺にある郵便局へ出向き提出されてください。

その際、ご本人の確認が必要ですので、

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証

  • などを持参しましょう。


    この書類を提出することで、

    前に住んでいた住所宛てに届いた郵便物を1年間は無料で転送してくれるいう仕組みになります。


    ただ、1点気をきつけておかなければいけないのは、
    この転居届は、市区町村役場に提出するものとは別物ですので注意されてくださいね。



    余裕を持って早めの手続きを!

    こちらの提出自体はどこの郵便局の窓口でもかまわないのですが、
    旧住所以外の窓口に出す場合など、手続きに多少の時間がかかってしまいますので、あしからず。


    どんなにきちんと提出しても手続きの処理には3~7営業日を要します。


    ですので、あえて7営業日以前に手続きをしておくと良いでしょう。
    ※営業日とは、土曜日、日曜日、祝日を除いた平日で数えた日数となります。



    転居届はインターネットや郵送も可能

    ところで転居届には、インターネットを利用した「e転居」と呼ばれる届出方法もあります。

    ただこちらの手続きは、メールアドレスや携帯、スマートフォンが必要になります。


    最後に、郵送で送るという方法もあります。


    転居届を記入して切手は貼らずにポストに投函。これが意外と簡単かも知れませんね。

    転送サービスの対象となるもの

    日本郵便が取り扱っているものであれば

    ・普通の封書やハガキ

    ・速達や小包

    ・書留

    などほぼすべての郵便物が対象となっています。



    「e転居」とは

    インターネットを利用して転居届を受け付けるサービスです。

    お手持ちのスマートフォンまたはパソコンから転居届が申し込めます。

    お申し込みの際には、メールアドレスが必要になります。
    このメールアドレスも、携帯電話のメールアドレスでは利用できません。

    また申し込み画面上で入力した、携帯電話またはスマートフォンから、転居届受付確認センターへ連絡するようになっています。

    なので、パソコンのみでの手続きは無理でお届け人の携帯電話またはスマートフォンが必要になります(PHS可)。

    ※ 携帯電話またはスマートフォンのみで手続き完了できることもありますが、機種によて不可の場合があるようです。






    スポンサーリンク


     改めて郵便の転送手続きに必要なものとは

    転送届2

    郵便の転送サービスを受けるために必要なものがいくつかありますのでここでご紹介しておきましょう。


    ① まず何度も書いていますが、転居届1通ですね。
    これがないと手続きをしようにも話になりません。


    ② 身分証明書
     これもなければ、本当にこの人で大丈夫?って疑われてしまいかねないですね。


    ③ そして印鑑もいります。


    ④ また、会社や団体の場合は以下のようなものが必要となります。

     転居届1通

     社員証や各種保険証等

     窓口に行く人がその会社の人と関係しているかどうかがわかるもの。

     以上のものが必要となります。

    転送期間の延長もできる!

    初回の転送期間の1年経過後からさらに1年間期間の延長ができます。
    (→ 再延長は何度でも可能です)

    期間の延長手続きは、初回と同様の手続きをとることになります。

    ① 改めて転居届を記入して直接郵便局に持参もしくは郵送する。

    ② e転居を利用し改めてインターネットから届出る。


     転送先は差出人にわかるのか?

    転送届3

    転送先ですが、差出人にわかるのでしょうか?

    このことについては気になる方も多いのではないでしょうか?
    新住所を知られたくない場合もあると思われます。



    お客様サービス相談センターへ問い合わせてみましたところ。

    「差出人(発送した人)に対して転送先(新住所)が分かることありません」

    「仮に、郵便局に問合せがあったとしても教えることはありません」

    との回答でした。



    さて、便利な転送サービスですが気を付けたいのは、サービス期間が過ぎてしまいますと、

    「宛先不明」

    「転居先不明」

    で差出人に戻ることになります。


    なので、大切なご友人や知人には早めに、ご自身で引越しの案内などを出してお知らせしておきましょう。

     まとめとして

    たびたびでは無いにしても転居することはありえるかも知れません。


    お仕事の関係で会社が転居することだってありえるでしょうし・・・。


    そんな時には、安心して次のことに移れるよう早めに転居届の提出をしておきましょう。


    そうすれば、便利な転送サービスをきちんと受けられることができますので。



    スポンサーリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ