自営業の人の年収に対する手取りはいくら?サラーリーマンとの比較






自営業を営んでいらっしゃる方は多いと思います。

自営業の人達は支払いを全部自分でしなければなりません。
そういった状況で実際の手取り額はどれくらいになるのでしょうか。

これから起業することを考えている人も多いかと思います。

そこで現実的な事例として、

自営業の年収が1,000万円であった場合に、それに対して手元に残る手取りはどれくらいになるのか?

についてザックリとですが、サラリーマンと比較しつつ考えてみたいと思います。


スポンサーリンク



 自営業とサラリーマンを大まかに比べてみる

自営業の場合はサラリーマンと比較しますと、同じ年収1,000万円でも実際の手取り金額はかなり少なくなります。

税金で例をいいますと、個人事業税というものがかかってきますので、サラリーマンより1種類支払う税金が多くなります。

さらに社会保険料である健康保険や年金ですが、サラリーマンは一部会社が負担してくれますが、
自営業であればその支払いは全額自己負担になります。

その自営業の貰える年金も、サラリーマンの貰える年金に比べるとかなり低くなります。


加えて毎年の年収や手取り額には含まれませんが、自営業には退職金というものがありませんので、自分で用意しなければなりません。

そのように考えますと、自営業の手取り金額はサラリーマンと比較しますと、だいぶ低くなることが分かります。


ただ、収入に対しての税金(所得税)ですが、

サラリーマンには経費となる部分(給与所得控除)はある意味固定されていますが、
自営業の場合ですと、仕事にかかった妥当な経費であればすべて認められています。

※ 収入に対して経費を引いた部分が所得税を計算する基礎になります。


なので、そういう意味ではサラリーマンより自営業者の方が恵まれているかもしれません。


 自営業とサラリーマンの年収1,000万円に対する手取り額

自営業とサラリーマンがそれぞれ年収1,000万円であった場合ですが、

それにに対する手取り額をおおざっぱに計算してみました。


自営業の年収1,000万円に対する手取り額 ⇒ 約670万円になります。
(業種によって当然変わってきます)

サラリーマンの年収1,000万円に対する手取り額 ⇒ 約740万円になります。


しかし、年金や退職金を考慮した場合、自営業の年収1,000万円に対する手取りは約541万円になります。

年金の掛け金は、自営業とサラリーマンを比較した場合、自営業者は少ない額ですみます。
ただ、その分もらえる年金も少なくなるのです。

さらに自営業には退職金もありませんので、年金と退職金を将来のために自分で準備しなければなりません。


そうしますと、サラリーマンの手取り額から自営業の手取り額を引きますと、
あくまでも概算ですが、上記の金額のように約200万円少なくなることになります。


スポンサーリンク


 自営業の税金や社会保険料はどうして高い?

社会保険料に関しましては、サラリーマンは健康保険料や厚生年金の半分を会社が負担してくれます。

対する、自営業の場合は全額自己負担になります。

自営業は納める年金の掛け金は安いですが、貰える年金は少なくなります。
仮に将来貰える年金額をサラリーマンと同額にしようとする場合、自営業の方が高い年金料になってしまいます。


さらに、サラリーマンの扶養配偶者の年金は無料ですが、自営業の配偶者の年金は全額自己負担になります。
ですから、自営業で配偶者のいる人はその分負担が大きくなってきます。


税金につきましては、

サラリーマンは領収書が無くても所得税、住民税の計算をする場合、220万円の所得控除が認められます。

自営業では仕事で必要な経費は認められますが、業種によっては経費がすくない場合もあり結果的に税金が高くなることもあります。

また、自営業だけに課される個人事業税の税率が約5%と高くなっています。


 サラリーマンの手取りが自営業より高い理由



サラリーマンの場合、交通費や事務所の家賃、オフィスの備品などの経費は全て会社が負担してくれます。

また、最低65万円、最大でも220万円の給与所得控除(サラリーマンの経費)があります。

ですから仮に65万円のお金を使わなかったとしても、65万円分を給与から差し引いて税金の計算をして貰えます。

有給休暇という制度もありますし、社員旅行や忘年会、安価な社員食堂、年に一度の健康診断などの恩恵もあります。


自営業の場合は、事業に関連するものであれば何でも経費にできるという見方もできますが、結局は自分でお金を支払ったものが経費になっているわけです。

サラリーマンのように、お金を使っても使わなくても一律に給与所得控除を受けられるわけではないのです。

経費をたくさん使って税金が減ったとしましても、手元に残るお金は少なくなるということですね。


スポンサーリンク


 まとめとして

年収1,000万を例としてサラリーマンと自営業を比較してみました。
ザックリとですが、サラリーマンの方が同じ年収でも、手取りは高くなるようです。

こうしてみてみますと、業種にもよりますが自営業の人は損な気がしますよね。


でも、起業する人がそのために減ってしまうというのも困りものです。

起業を考えていらっしゃる方は、いいものをたくさん作って、いっぱい売って稼いで頂きたいものです。

需要があれば必ず売上は伸びていきます。



スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ