定形郵便と定形外郵便の違いは何?料金や封筒の違いで納得




定形郵便と定形外郵便の違い


オークションに出品したものを送ることの多い人は、

郵便局の定形郵便や定形外郵便などを使うことが多いのではないでしょうか。

ところで、

「その定形郵便と定形外郵便ってどんなものなのだろう?」

と思うことはないでしょうか。


この記事では、改めて定形郵便と定形外郵便とはどんなもので、

その違いはどんなものなのかについて考えてみたいと思います。


スポンサーリンク



 定形郵便と定形外郵便の違いとは何だろう

定形郵便物と定形外郵便物の違いや特徴などをまとめてみました。


定形郵便物のサイズは

最大:23,5㎝×12㎝ 厚さ1㎝以内
   (縦)  (横) 
最小:14㎝×9㎝
   (縦)(横)
重さ:50グラム以内

となっています。


定形外郵便物のサイズは

最大は:縦+横+厚み⇒90㎝以内(縦は60㎝以内)

最小は:

①:円筒形かそれに類似したもの
 長さ:14㎝
 直径:3㎝

②:①以外のもの
  14㎝×9㎝
  (縦)(横)
 (特例:12㎝×6㎝もOK)

重さ:4㎏以内


以下、一覧表にまとめてみました。


定形郵便物と定形外郵便物の区分一覧
サイズなど定形郵便物定形外郵便物
最  大23,5㎝×12㎝ 
厚さ1㎝以内
縦+横+厚み⇒90㎝以内(縦は60㎝以内)
最  小14㎝×9㎝①:円筒形かそれに類似したもの
 長さ:14㎝
 直径:3㎝

②:①以外のもの
  14㎝×9㎝
(特例:12㎝×6㎝)
重  さ50グラム以内4㎏以内

また、規格(サイズ)がありまして、
その規格より大きいか小さいかで料金が変わります。

(規格=長辺34㎝、短辺25㎝、厚さ3㎝、重量1㎏)




規格(サイズ)の復習をしてみましょう。


定形外郵便につきましては、2017年6月の郵便料金の改定がありました。
その際、新たに「規格内」と「規格外」の料金が設定されています。


その規格外に該当するもを、市販の封筒で比較してみますと以下のようになります。

A4サイズの用紙を折らずに入る大きさの封筒(角形2号)で

  • 厚さが3㎝を超えるものか
  • 重さが1kgを超える場合

  • 以上ですが、やや寸法の違いはありますがイメージはつかめるのではないでしょうか。


    スポンサーリンク


     定形郵便と定形外郵便の料金

    定形郵便と定形外郵便の料金をまとめてみました。

    日常よく利用するはがきの料金もありますので参考にしてください。


    郵便料金一覧(2017年6月1日改定~)
       定形郵便物    25g以内    82円
        50g以内    92円
      


      定形外郵便物
       規格内   規格外
        50g以内    120円   200円
        100g以内    140円   220円
        150g以内    205円   290円
        250g以内    250円   340円
        500g以内    380円   500円
        1kg以内    570円   700円
        2kg以内  取り扱いなし   1020円
        4kg以内   1330円
       通常はがき      62円
       往復はがき     124円
       年賀はがき     52円12月15~1月7日に差し出したもの。
    表面に「年賀」と朱記する。
    (私製でもよい)



     定形郵便と定形外郵便の封筒のサイズ

    定形郵便と定形外郵便の違い

    定形郵便または定形外郵便として利用できる封筒の種類をまとめてみました。

    封筒には、

  • 長形
  • 洋形
  • 角形

  • などの種類があります。

    それぞれ、定形郵便または定形外郵便として利用できる封筒の一覧をつくってみました。


    ★印ですが、定形郵便で82円切手で利用できるものになります。
    (重さは25g以内にしてください)

    名 前サイズ(ミリ)定形等
    長形1号142×332定形外
    長形2号119×277定形外
    長形3号120×235
    長形4号90×205
    長形5号90×185
    長形8号119×197
    長形13号105×235
    長形14号95×217
    長形30号92×235
    長形40号90×225

    名 前サイズ(ミリ)定形等
    洋形0号120×235
    洋形1号120×176
    洋形2号114×162
    洋形3号98×148
    洋形4号105×235
    洋形5号95×217
    洋形6号98×190
    洋形7号92×165
    洋形8号120×235
    洋形特1号138×198定形外
    洋形特3号120×235
    洋形特4号90×205
    洋形東京3号120×170

    名 前サイズ(ミリ)定形等
    角形0号287×382定形外
    角形1号270×382定形外
    角形2号240×332定形外
    角形3号216×277定形外
    角形4号197×267定形外
    角形5号190×240定形外
    角形6号162×229定形外
    角形7号142×205定形外
    角形8号119×197
    角形20号229×324定形外
    角形B3号375×525定形外
    角形A3号335×490定形外
    角形A4号228×312定形外
    角形ジャンボ435×510



    定形郵便としてよく利用する封筒で「長形3号」を紹介しておきましょう。

    一般的な用紙サイズのA4を三つ折りにすれば入ります。


    重さを25g以内にすれば ⇒ 切手は82円となります。


    長形3号の切手代

    A4が三つ折りの状態で入ります。
    長形3号の切手代


    スポンサーリンク


     まとめとして

    定形郵便と定形外郵便の違いについてみてきましたが、
    それぞれサックリと説明してみましょう。


    定形郵便物のサイズは決まっていて、

  • 23,5㎝×12㎝以内
  •  
  • 厚さ1㎝以内

  • 重さは、

  • 25g以内
  • 50g以内

  • のものということです。


    定形外郵便物は厚さを含めた3辺の合計が90㎝以内のもので、
    (長辺は60㎝以内)

  • 重さは50g以上4㎏以内

  • のものということでした。


    また、定形外郵便には規格内と規格外のものがあります。

    厚さが3㎝を超えるものか重さが1㎏を超えるものであれば規格外になり、
    料金も加算されることになります。


    複雑な部分もありますがご利用の参考にしてください。



    スポンサーリンク




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ