はがきの書き方で横書きは?基本のマナーと失礼の無い出し方


はがきの横書き




誰かに要件を伝えたり、お礼や挨拶を伝えたりする場合、あるいは他の様々な場面でメールがよく使われます。

そのような状況ですから、改めてはがきを使用するという機会はかなり減ってしまいました。

でも、素敵な絵はがきなどを選んで、自分の字で書いた丁寧な思いを相手に伝えたいと思うこともあります。


しかし、改めてはがきを出そうとする場合、

メールなどで横書きに慣れてしまっているので、はがきも横書きで書きたくなります。

ですが、

「はがきを横書きで出す場合のマナーなどはあるのでしょうか?」


この記事では、はがきを横書きで出す場合の書き方や基本的なマナーについてお話したいと思います。


スポンサーリンク



 はがきの書き方で横書きの方法

はがきの書き方で横書きの場合のポイントをまとめておきましょう。

○ 切手は左上に貼る。
○ 住所は、左端に1~2文字分のスペースをあけて書き始める。
(→ 番地などの数字は算用数字)
○ 相手の名前は、少し大きめの文字で書く。
○ 自分の住所・名前は右下に小さめに書く。


具体的な書き方は、次の画像を参照してください。

(相手の名前の位置は、下の見本より少し上の方がバランスがいいように思います)
はがきの横書き
郵便番号の枠がない場合
はがきの横書き

 はがきの書き方で横書きの方法(横にした場合)

横にした場合のポイントをまとめておきましょう。

○ 切手は右上に貼る。
○ 住所は、左端に1~2文字分のスペースをあけて書き始める。
(→ 番地などの数字は算用数字)
○ 相手の名前は、少し大きめの文字で書く。
(→ 中央よりも少し上に書く)
○ 自分の住所・名前は右下に小さめに書く。


具体的な書き方は、次の画像を参照してください。

はがきの横書き

郵便番号の枠がない場合
はがきの横書き


スポンサーリンク


 はがきの横書きの書き方(ポストカードの場合)

ポストカードの場合のポイントをまとめておきましょう。

○ 切手は左上に貼る。(横にした場合は右上)
○ 住所は番地などの数字は算用数字で書く。
○ 相手の名前は、少し大きめの文字で書く。
○ 自分の住所・名前は右下に小さめに書く。


具体的な書き方は、次の画像を参照してください。

はがきの横書き

横にした場合、切手は右上に貼る。
はがきの横書き

 はがきの横書きはマナー違反?

仲の良い友人や親しい関係にある人には、はがきの表書きを横書きにすることは問題ありません。

しかし、目上の人や上司に対して改まった文章を書く場合は、基本的には縦書きにします。


絵はがきの場合ですが、

裏面が横書きのものになっている場合は、表書きもそれに合わせて横書きにしても失礼にはなりません。


はがきの表書きは、裏面の書き方に合わせて「縦書き」か「横書き」かを選びましょう。


そうすることで、受け取った側は文章をスムーズに読むことができます。


スポンサーリンク


 まとめとして

はがきを横書きで書く場合の書き方についてお話しました。

はがきを、

・横に置いて横書きにする場合
・縦に置いて横書きにする場合

また、

・郵便番号枠のあるもの、ないもの

それぞれの書き方を詳しくまとめてみました。


書き方の基本のマナーをきちんと押さえて、

受け取る側に常識人としての良い印象を与えられるようお役立ていただけますように。



スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ