A4サイズの郵便料金で速達の利用に便利な料金表を作ってみた


A4サイズの郵便料金


定形の郵便よりは大きいのだけれど、

宅急便やゆうパックほどは大きくない、A4サイズぐらいの荷物を送りたいとき便利なのは定形外郵便です。

定形外郵便は、オークションで出品した商品が落札されたり、友人にちょっとした荷物を送りたい時に役に立ちます。

しかし、その

「定形外郵便の料金はどれくらいかかるのだろう?」

と考えてしまいます。

「サイズで料金は変わるのだろうか?」

あるいは、

「速達にした場合はどれくらいになるのだろう?」

と思いますよね。

それでこの記事ではそうした疑問にお答えしたいと思います。


スポンサーリンク


 A4サイズの封筒(定形外郵便)で速達を出す場合の料金

A4サイズの封筒は定形外郵便になります。

それを速達で出す場合の料金はどれくらいかかるのでしょうか。

料金は ⇒ 基本料金 + 速達料金

基本料金は、

第1種郵便物(定形外郵便物)としての料金が、

50gまでは → 120円
50gを超え100gまでは → 140円です。

速達料金は、

250gまでであれば → 290円になります。

ですから、速達の料金は、

◎ 重さが50gまでは、

120円 + 290円 = 410円

◎ 重さが50gを超え、100g以内の場合は、

140円 + 290円 = 430円

以上のような金額となります。


 角形20号又は角形2号の封筒で速達を出す場合の料金

A-4サイズの封筒ですが、下の画像にありますように、

角形20号(左)角形2号(右)になります。(どちらも定形外郵便物となります)
※ サイズ:角形20号(229×324)   角形2号(240×332)
A4サイズの郵便料金
角形20号又は角形2号の封筒で速達を出す場合には、

その封筒の重さ + 中身も含めた重さで料金は決定します。


では、速達料金の復習をしてみましょう。
先ほどは100gまででしたが、150gや250gではどうでしょうか。

◎ 重さが50g以内の場合、
基本送料120円 + 速達料290円 =410円

◎ 重さが100g以内の場合、
基本送料140円 + 速達料290円 =430円

◎ 重さが150g以内の場合、
基本送料210円 + 速達料290円 =500円

◎ 重さが250g以内の場合、
基本料金250円 + 速達料290円 =540円


以上のようになっています。


スポンサーリンク


 定形外郵便での速達料金はいくら?料金表で一発解決

ここで、改めて速達の料金基準をまとめておきましょう。

実は、定形外郵便は最大4㎏まで利用ができます。
4㎏までの速達の料金基準は次のようになっています。

250gまでなら ⇒ 290円
1㎏までなら ⇒ 390円
4㎏までなら ⇒ 660円

以上のような速達料金がかかります。


ですから、まずは郵便物の重さを量りその重さの、

定形外郵便の基本送料 + 速達料金 = 速達料金込みの郵便料金

になるわけです。


定形外郵便物を速達で送る場合の料金表を作ってみました。

※「角形20号」「角形2号」の封筒は、1㎏までなら(規格内)の料金です。


速達を利用する場合の料金一覧です(2019年10月1日改定~)
種 類重 さ通常の料金速達の料金合計料金
定形郵便物

25g以内84円290円374円
50g以内94円290円384円
定形外郵便物

(規格内)
50g以内120円290円410円
100g以内140円290円430円
150g以内210円290円500円
250g以内250円290円540円
500g以内390円390円780円
1kg以内580円390円970円
定形外郵便物

(規格外)
50g以内200円290円490円
100g以内220円290円510円
150g以内300円290円590円
250g以内350円290円640円
500g以内510円390円900円
1kg以内710円390円1100円
2kg以内1040円660円1700円
4kg以内1350円660円2010円
通常はがき63円290円353円

次の関連サイトでは、表にあります「規格」や速達の送り方など詳しく説明しています。
是非、参考になさってください。

関連サイト:封筒を送る時の切手の料金はいくらでもし切手が不足のときはどうなる


 速達とはどんなもの?郵便物の出し方は?



ここでは、速達の説明になりますが、

急ぎの郵便物やゆうメールを早く届けてくれるサービスのことです。

通常の郵便物よりは、半日から1日程度早く届けてくれます。


その速達の出し方ですが、

縦長の郵便物であれば、表面の右上部に赤い線を表示します。

横長の郵便物の場合は、表面右側の上3分の1あたりから、下へ向けて赤い線を表示します。

尚、速達では時間指定はできませんのでお気を付けください。


速達が利用できる郵便物としては、

  • 手紙
  • ハガキ
  • ゆうメール
  • その他心身障碍者用ゆうメール
  • となっています。


    配送ですが普通郵便ですと、日曜日、祝日は配達されませんが、速達の場合は配達してくれます。


    スポンサーリンク


     まとめとして

    A4サイズの郵便物の速達料金についてみてきました。

    重さによって料金が変わってくるわけですが、

    それぞれの基本料金が分かれば、それに速達料金をプラスすればよいということでした。


  • 重さが250gまでのものには ⇒ 290円の速達料金
  • 重さ1㎏までのものには ⇒ 390円の速達料金
  • 重さ4㎏までのものには ⇒ 660円の速達料金

  • を加算すればいいわけですね。


    スポンサーリンク




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ