春の山菜、代表格のわらびは好きですか?
心地良い歯応えと、ほろ苦い爽やかな風味が春の訪れを思わせる、日本の
美菜のひとつです。
わらびは毒性のあるあくが強いため、生で食したり、あく抜きせずに放置
したり出来ない山菜です。
なので、なかなか手を出し辛いと思われるかも知れませんが、わらびの
あく抜きは米ぬかなどで簡単に処理できるので、あく抜きのための材料と
手順をお伝えしたいと思います。
難しく考えず、試しにサクッとやってみて下さいね。

スポンサーリンク


 有れば米ぬか無ければ重曹それが無くてもお米で出来る

どこの家にも昔はあった、囲炉裏の灰であく抜きをしていたのはご存知で
しょうか。
今は灰が家にある!というお宅はなかなかないと思うので、米ぬかや重曹を
使ってあく抜きします。
米ぬかはお米を精米すると出ますが、自宅で精米しない場合は、スーパーで
米ぬかだけ購入することが出来ます。
生のわらびにまぶして使うので、一袋あれば十分だと思います。
それだけにしか使わない米ぬかを買うのもなぁ、という場合は、食用の重曹
でもあく抜き出来ますので、試してみて下さい。
どっちも無いし、買うのも面倒という場合は、お米少々でも、米のとぎ汁でも
あく抜きは可能なので、構えず気軽にトライしてみて下さいね。


スポンサーリンク


まぶして茹でて、冷まして漬け置き♪簡単米ぬかあく抜き方法

単純にいえばこれだけの工程です。
生わらびをキレイにと洗って水を切り、米ぬかを全体にまぶし、お鍋に投入し、
わらびがしっかり浸かる量の水を入れ沸騰させましょう。
ここで茹ですぎると、わらびが溶けてぐんにゃりしてしまうので注意です。
一呼吸おいたら(2~3分)火を止めて、そのまま冷まし置きます。
落し蓋やクッキングペーパーをかぶせておくのが良さそうです。
わらびの強いあくを抜くために、一晩寝かせてから取り出し、ぬかをよく
洗い落としたら完了です。
重曹を使う場合は、わらびにまぶすのではなく、重曹を入れた水を沸騰させ、
後の工程は米ぬかと同様です。


 その他のあく抜きに使える素材達

たとえば、ベーキングパウダー。
お菓子を作る人なら自宅にあるかも知れませんね。
ベーキングパウダーの成分は重曹と同様なので、あく抜きに使えます。
そういうの、何もない、とがっかりしないで下さい。
塩ならありますか?
塩漬けという方法で、わらびのあく抜きすることも出来るようです。
この場合は、まぶして使うというより、がっちり漬ける形になりますので
けっこうな量を使います。
すぐには食べない、ちょっと保存しておきたい時に適したあく抜き方法の
ようですね。

スポンサーリンク


 まとめとして

いかがでしたか?
わらびのあく抜き方法を簡単にご紹介してみましたが、気軽に出来そうだと
思いませんか?
最初は難しそう、面倒そう、と思っていた私も、実際やってみると思っていた
より簡単で、何だか【出来る人】になった様な気がして嬉しかったものです。
何でも、思い煩うより、行動ですね。
是非試してみて下さい。

スポンサーリンク