意外と知らない!?基本の交通ルール3選!




ここ最近、あおり運転といったマナー違反・トラブルのニュースががたくさんのメディアでもアップされていますね。

 
日々何気なくしている運転でも、ちょっとのきっかけや意識の不足で、思わぬトラブルにつながってしまうことがあります。

 
毎日快適なドライブを楽しむため、ここでは意外と知らない基本的な交通ルール3選についてチェックしてみましょう!


スポンサーリンク



 

①スマホを見ながらの運転

 
 
スマホを片手にメールしたり運転したりすることは、注意力が散漫になり、どんなに運転になれている人でも事故やトラブルにつながってしまうことがあります。

 
携帯電話使用の違反では、違反点数1~2点・反則金6000円~9000円ととても高額になっているため、携帯電話の使用は停止中に済ませておくようにしましょう。

スポンサーリンク


 

②むやみにクラクションを鳴らす

 
運転中は、イライラしたり不安になったりするシチュエーションもとても多いのですが、だからといってむやみにクラクションを鳴らすことが交通違反となっているんです。

 
危険を防止する以外でクラクションを鳴らすことは交通ルールに反することなので、余裕を持って運転する心がけを忘れないようにしましょう。

 

③暗い道をロービームで走る

 
 
意外に知られていない交通ルールのひとつに、暗い道でのロービーム走行があります。

 
道路交通法では、暗い道の走行はハイビームを使用することが義務付けられていて、違反の場合、違反点数1点・反則金6000円となってしまうため、夜道の運転をすることが多い人すべてが意識しておきたい交通ルールとなっています。

スポンサーリンク


 

まとめとして

 
危険運転が社会問題になっているこの頃、交通ルールを守らない運転は、人間性を疑われてしまうデメリットがあります。

 
ドライバー同士が思いやりながら、安心・安全に毎日運転ができるよう、基本的な交通ルールの見直しを習慣化していきましょう!

 


スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ