就活の面接でやってはいけない!タブーポイントを押さえておこう




わたしたちの未来の在り方、将来のヴィジョンが決まるといっても過言ではない就活。

 
高校生や大学生が就活を始める際、社会人としての経験やスキル、知識がないことで、ときにはやってはいけない就活の面接に、気付かないまま実践してしまうケースも意外に少なくはありません。

 
今回は、就活しているすべての人が、理想的なワークライフを送り、希望の企業へ採用を勝ち取るために、やってはいけない就活の面接、タブーポイントについて把握していきましょう!
スポンサーリンク

 

①自身の意見やアイディアを伝えられない

 
社会人になると、学生時代にはなかなか経験することがなかった、会議などに参加することが多くなります。

 
面接では、具体的にどんな仕事をしたいのか、スキルを活かして活躍したいのか、明確なヴィジョンを問われることが一般的。

 
そんな面接のシチュエーションで、オーソドックスでありきたりな回答をしてしまったり、自分の意見やアイディアをよどみなく答えられないと、頼りなく思われてしまい、採用が危うくなってしまうリスクがあります。

スポンサーリンク


 

②相手の話をじっくりと聞けない

相手の話や希望をじっくりとヒアリングできるスキルは、社会人すべての人に求められる能力。

ときに緊張してしまうことも多い面接ですが、面接官の話にじっくりと耳を傾けられず、上の空だったり、伝えられたことに関して自分の意見を交えながら面接を進めていかないと、採用は高い確率でなされてしまわない可能性があります。

 

③面接日に遅刻・連絡を取らない

就活の最初のステップ、面接に遅刻してしまうことは、企業や面接官に対して失礼に当たるため絶対に厳禁!

 
物理的に面接の時間に間に合わないことはめずらしくはないのですが、遅刻やトラブルに対処できる考慮深さなども、社会人に求められる行動となっているため、余裕を持って行動できるよう、面接までのシチューエーションを何度もシュミレーションしてみましょう。

スポンサーリンク


 

まとめとして

就活の面接でやってはいけないタブーポイントを押さえておくと、人としての常識がある立派な社会人を目指すことができます。

 
ちょっとの意識の違いが、採用の合格・不合格を決めてしまうリスクを認識し、気持ちを新たに就活の面接に挑んでくださいね!


スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ