現金書留の封筒のサイズには2種類あるし信書も送れます

現金書留12



現金を送金するときに、現金書留の専用封筒を利用されると思います。


現金書留の専用封筒のことを簡単に現金封筒と言ったりしますね。


その現金書留の封筒には大きさが2種類あるようです。


それぞれのサイズの比較を詳細画像でご紹介します。
また、送り方も説明していますので参考にされてください。



スポンサーリンク


 現金書留の封筒のサイズには2種類ある

現金書留封筒にはサイズが2種類あるのをご存知でしょうか。

小さい方は定形郵便物として送れますが、大きい方は定形外郵便物になります。


サイズと封筒の料金は

小さい方:約119 × 197 mm 約8.5g 21円(=定形郵便物)

大きい方:約142 × 215 mm 約10.7g 21円(=定形外郵便物)


上記のとおり、封筒の料金はサイズが違ってもどちらも21円となっています。


   現金書留封筒にはサイズが2種類ある。
   ↓  ↓
現金書留


それぞれを祝儀袋とA-4用紙の三つ折りと比較してみました。

祝儀袋のサイズ:約105 × 185 mm
A-4の三つ折り:約100 × 210 mm


小さい方 → A-4用紙の三つ折りは長い方がそのままでは入りません。
現金書留1
大きい方 → A-4用紙の三つ折りはそのまま入ります。
現金書留2


祝儀袋との比較

小さい方
現金書留3
大きい方
現金書留4

祝儀袋は小さい方の現金書留封筒でも楽に入ります。

ただ、祝儀袋も大きめで豪華なものはややきつかったり、入らないこともありますので現金書留封筒は大きい方のにしましょう。


では、大きめの祝儀袋で比較をしてみましょう。

祝儀袋のサイズ:約120 × 195 mm

小さい方の現金書留封筒だと大きい祝儀袋は入りません。
現金書留74
大きい方の現金書留封筒
現金書留75
大きい方でしたら楽に入ってくれました。
現金書留76

 現金書留の料金はいくらなの?

では、実際に現金書留を送る時の料金はいくらになるのでしょうか。


送金する金額と重さによって料金が違ってきます。
料金の基準を表にまとめましたのでご覧になってください。


現金書留料金の基準は以下の様になっています。
現金書留  現金書留料金  損害要償額
+430円(基本料金に追加)
→1円~1万円までの料金

5,000円ごとに⇒10円追加
(上限は50万円)
1万円~50万円まで


以下は1万円を送金した場合の料金一覧です
  重さの区分通常郵便料金現金書留料金合 計
定形郵便物
(小さい現金書留封筒)
25g以内82円




430円
512円
50g以内92円522円




定形外郵便物
(大きい現金書留封筒)
50g以内120円550円
100g以内140円570円
150g以内205円635円
250g以内250円680円
500g以内400円830円
1kg以内600円1030円
2kg以内870円1300円
4kg以内1180円1610円

では、例をもとに料金を計算してみましょう。


< 事 例 >

現金3万円(1万円札を3枚)を入れて郵送する。

小さい方の現金書留封筒を使用 ⇒ (定形郵便物 重さ25g以内)


普通郵便料金(82円)+現金書留料金(430円)+追加分(40円)=552円


※ 追加分 → 10円 × 4 = 40円
※ 別途封筒代の21円は必要です。


となります。



現金書留は速達も利用可能

現金書留は速達もオプションとして利用できます。


料金は重さにより次の料金を追加してください。

250gまで ⇒ +280円
1kgまで ⇒ +380円
4kgまで ⇒ +650円

損害要償額とは?

現金書留封筒にあります損害要償額の記入欄に送付する金額を記入てください。
(中に入れた金額より多い金額を書くことはできません)

そして、万一の場合に現金書留封筒が届かなかった場合ですが

原則として、先程の差出しの際に記入した損害要償額の範囲内で実損額を賠償してくれます。

もし、損害要償額を書かなかった場合には、損害要償額は1万円となります。


スポンサーリンク


 現金書留封筒の送り方

現金書留封筒はポストへ直接投函は出来ませんので郵便局の窓口に提出してください。
また、現金を現金書留以外で送りますと郵便法違反となりますのでご注意を。


それでは、現金書留封筒の送り方を画像で確認して行きましょう。

現金書留13

太線のなかを記入していきます。
現金書留10
現金書留75
現金書留11

現金書留71
現金書留73
現金書留74
封筒の中は二重になっています。
現金書留77
現金書留72
「下ふた」をお越し → 「中ふた」をめくり上げ貼り付けます。
現金書留8
「下ふた」を貼り付け → 最後に「上ふた」でかぶせるように貼る。
現金書留9
丸印のところに、割り印か署名をします(印鑑はシャチハタ・認め印など自由です)
現金書留10


現金書留封筒は信書も送れる!

現金書留封筒は手紙などの信書も同封可能となっています。


ただしその場合は、重さで料金が変わってきますので注意をしましょう。

 まとめとして


現金書留封筒のサイズや送り方をご紹介しましたがご理解いただけましたでしょうか。


現金と一緒に信書も送れますので利用範囲もひろくなると思われます。


料金は少し高くなりますが、安全に送れますし万が一の場合でも50万円まではの損害賠償もありますので活用されてみてはいかがでしょうか。


「関連サイト」現金書留の封筒はコンビニで買えるの?コンビニで送ることは可能か



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ