ゆうパックの送り方で紙袋の場合は?手持ちの紙袋ではどうなのか

ゆうパック 紙袋



ゆうパックで荷物を送りたいのだけど、

「ちょうどいい箱がない!!」

買い物をして紙袋を貰ったのだけど、この袋で送ることはできないのかな?


そういう悩みを抱えることはよくあるのではないでしょうか。

この記事では、ゆうパックを利用するにあたり、

普通の紙袋でも利用できるのか?

その回答お話ししたいと思います。



☆ 2017年6月1日より、はがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金を引き上げ ☆


スポンサーリンク



 ゆうパックで紙袋を利用することは可能です

結論から言いますと、普通の紙袋に荷物を詰めてゆうパックで送ることはできます。

ただし、他の荷物とぶつかり合ったり、こすれたりしても破れないようにする工夫が必要です。

例えば、

  • 紙袋を二重にしたり
  • ガムテープを巻き付ける

  • などをして補強をして出すようにしてください。
    中の荷物が壊れやすい物の場合は特に注意が必要です。


    紙袋の表面に「壊れ物のラベル」を張ることはできますが、できればそういう物は箱で出すようお勧めします。


    デパートなどで貰った紙袋でも大丈夫ですが、

    紙袋の補強と同時に持ち手の部分は切り取るか、折り込んでガムテープなどでしっかり止めましょう。

    持ち手をそのままにしておくと料金の面で不利な場合があります。


    どう言うことかといいますと、

    荷物の計測は、普通は包装の一番出張ったところを基準に測ります。
    つまり紙袋自体の大きさに関わらず持ち手の部分から計測されます。

    なので全体のサイズが大きくなって、その分余計に料金が加算されてしまうことがあります。


    実際には紙の紐などでそれほど邪魔にならないものであれば、持ち手を除外して計測してくれることが多いです。

    とはいえ、きちんと厳密に計測されることもあり得るわけです。

    また持ち手のせいで紙袋が破れる確率も高くなりますので、ちゃんと処理した方がいいですね。


    スポンサーリンク


     ゆうパックを紙袋で送る場合の料金はいくら?

    まず、ゆうパックですが、

    重さは30㎏以内で、
    荷物の大きさ・配送地域(お届け先)によって料金が決まります。

    では、そのサイズや重さをまとめますと次のようになります。

    サイズや重さの制限は、

    長さ・幅・厚さの合計 ⇒ 1.7m以内

    重 量 ⇒ 30kg以内

    この条件を満たした品かどうかに注意しましょう。


    以下の画像は、箱でサイズを示していますが紙袋の場合も同様になります。

    ゆうパック 紙袋


    さて、ゆうパックはサイズにより料金が設定されています。

    そして、サイズが決まれば後はお届け先までの配送地域で料金が決まる仕組みになっています。

    なので料金が安くなる条件としては、

    ① 荷物のサイズを小さくする
    (→ 荷物が軽くてもサイズが大きいと料金は高い)
    ② お届け先は近いほどよい
    ③ 荷物の重さは30㎏以内

    となります。


    以下は、ゆうパックの料金を決める際のサイズ区分になります。

        サイズの種類    3辺の合計
        60サイズ     60㎝まで
        80サイズ     80㎝まで
       100サイズ    100㎝まで
       120サイズ    120㎝まで
       140サイズ    140㎝まで
       160サイズ    160㎝まで
       170サイズ    170㎝まで


    参考に最小サイズの運賃を表にしてみました。

    東京発で荷物サイズが60サイズ(3辺の合計が60㎝まで)

    (2015年8月1日の運賃変更後の料金です)
        ゆうパック料金( 東京 から発送 / 60サイズ )
        690 円東京
        740 円青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 静岡 愛知 三重
        840 円滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
        970 円鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
       1,070 円北海道
       1,170 円福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島
       1,290 円沖縄


    参考サイト:保存版!ゆうパックの発送方法でコンビニ利用の初心者へ詳細解説


    紙袋の場合、ゆうパック専用のゆうパック袋がありますので、そちらをご紹介しておきましょう。


     ゆうパックの送り方で紙袋の場合はどうするの?専用の袋もある

    スポンサーリンク



    ゆうパックはお手元の紙袋で利用できますが、
    改めてその送り方をご紹介しておきましょう。


    ① まず、出来るだけ丈夫で、簡単には破れないような紙袋に、送る荷物を入れます。

    そして、

  • 長さ・幅・厚さの合計 ⇒ 1.7m以内

  • 重 量 ⇒ 30kg以内

  • この基準を満たしているか確認をしましょう。
    繰り返しになりますが、くれぐれも袋の補強をしっかり行ってください。


    ② 次いで、荷物を郵便局の窓口かコンビニのローソンへ持って行き、専用の伝票(送り状)を貰います。
    それぞれ必要事項を記入してください。


    ゆうパック専用の伝票 ↓
    (赤い伝票は着払いに使います)

    ゆうパック 紙袋7
    ゆうパック 紙袋6
    ゆうパック 紙袋8

    ③ 伝票と一緒に荷物を窓口やレジに持って行きます。
    指示された分の料金を支払い、完了です。


    控えが戻ってきますので、荷物が無事に届くまできちんと保管しておきましょう。
    その控えには追跡番号があります。
    なので、届け先にもその番号を伝えておくと、荷物がいつ届くのかを追跡できます。

    ローソンから送る場合は、郵便局の窓口と違って、24時間いつでも送れますのでとても便利です。


    紙袋の場合、ゆうパック専用のゆうパック袋があります。

    こちらの紙袋は専用だけあって破れにくい頑丈なものとなっています。


    ゆうパック袋ですが、サイズは以下のように大と小の2種類があります。
    紙袋は有料です。

    種  類ゆうパック袋(小)ゆうパック袋(大)
    袋のサイズ約26cmX45cmX8cm約32cmX44cmX16cm
    ゆうパックでの
    料金サイズ
    80サイズ100サイズ
    荷物の重さ上限30㎏30㎏
    紙袋の料金100円230円

    左が(小)右が(大) ↓
    ゆうパック 紙袋
    ゆうパック 紙袋2
    ゆうパック 紙袋3
    左が(小)右が(大) ↓
    ゆうパック 紙袋4
    左が(小)右が(大) ↓
    ゆうパック 紙袋5

    ゆうパックは30㎏以内であれば利用できますが、紙袋の場合そこまで重たい品物はあり得ないかもしれませんね。

    また、小物であれば次に説明しています定形外郵便物が料金的にも安くなります。

     ゆうパックと書いてある紙袋で普通郵便として送ることもできる

    ゆうパック専用のゆうパック袋ですが、
    この紙袋に荷物を入れて、定形外郵便物として送ることができます。
    袋が丈夫ですので安心感がありますね。

    その場合、当然ゆうパックの扱いにはなりません。

    普通に定形外分の切手を貼ってポストに投函すればいいわけです。
    郵便局へ持って行く場合でも、窓口で「普通郵便でお願いします。」と伝えればそのようにしてくれます。

    但し、こちらの定形外郵便物には配達追跡サービスは付きません。
    荷物が紛失して届かなかった時のことも考えて送りましょう。

    また、ゆうパックのようにあて名ラベルも付きませんので、普通に住所や氏名を書かなければなりませんのでご了承ください。


    参考サイト:定形郵便物と定形外郵便物の意外な盲点を知っていますか?



    ★☆大容量で戸建てマンションの両方で使えます。収納もコンパクトでしかも低価格♪



     まとめとして

    ゆうパックを紙袋で荷物を送れるのは本当に便利で助かります。

    でもゆうパックの専用の袋を買いに行って、また荷物を送りに行かなければならないのはとても不便です。
    (→ 集荷にも来てくれますがその間待つようになります)

    そんな時、ご紹介しましたように家にある紙袋でも、ゆうパックとして送れるのはなんともありがたいことですね。

    この記事をご参考に、もう同じ悩みで迷わずに紙袋で送ってくださいませ。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ