メルカリ便の郵便局利用でサイズごとの料金や基本的な仕組み






2017年6月20日から、日本郵便がメルカリと連携して便利な配送サービスを始めました。

それは「ゆうゆうメルカリ便」というものです。


これによって、日本郵便が提供している、

  • ゆうパケット(A4サイズ)
  • ゆうパック(100サイズまで)

  • が全国一律料金で、しかも割安で利用可能になりました。


    この記事では「ゆうゆうメルカリ便」について、

    サイズごとの料金や配達方法等、サービスの初歩的な部分について説明させていただきます。


    スポンサーリンク



     ゆうゆうメルカリ便のサイズごとの料金や利用可能な最低出品価格

    「ゆうゆうメルカリ便」で利用できる郵便サービスは、

  • ゆうパケット
  • ゆうパック

  • になります。

    そちらのサイズや料金を表にしてみました。

    配送方法サイズ料金(全国一律)

    ゆうパケット
    ・縦横厚さの3辺合計
     ⇒ 60cm以下
    ・最も長い辺の長さ
     ⇒ 34cm以下
    ・厚さ3cm以下
    ・重さ1kg以下

    175円

    ゆうパック


    ※ 100サイズを超えるものは利用できません
    ・60サイズ
     3辺の合計/60㎝以内
     30kg以内
    600円
    ・80サイズ
     3辺の合計/80㎝以内
     30kg以内
    700円
    ・100サイズ
     3辺の合計/100㎝以内
     30kg以内
    900円

    以下は、ゆうパケットのサイズになります。

    ゆうゆうメルカリ便が利用できる最低価格に注意!!

    メルカリ便が利用できる最低出品価格が設定されています。

    その商品代金(出品価格)の最低金額は、

    ゆうパケットの場合 ⇒ 300円以上。
    ゆうパックの場合 ⇒ 1,000円以上。


    さて、ゆうパケットとゆうパックの相手先への配送方法ですが、

    ゆうパケットは郵便受けへ投函になりますが、ゆうパックは対面受け取りになります。


    購入する側としてはどちらの配送方法になるのか判断がつかない場合があります。
    なので、商品説明の欄にどのような配送方法かを記載してあげるといいでしょう。


    商品を発送する際には、

  • ローソンのLoppi
  • 郵便局のゆうプリタッチ

  • で発送手続きをすることができます。


    専用端末機に、アプリ内の「取引画面」から表示されるQRコードを読み込ませる操作をします。


     「ゆうゆうメルカリ便」とは?

    改めまして、「ゆうゆうメルカリ便」のおさらいをしておきましょう。

    日本郵便がメルカリと提携したこのサービスは、メルカリ独自の全国一律料金で利用できます。

    出品者が送料を負担する「送料込み」の出品物で利用が可能です。
    その配送料金は販売利益から差し引かれます。


    ローソンや郵便局に設置されてる専用端末に、
    メルカリに表示されるQRコード(2次元コード)を読み込ませると送り状が印刷されます。

    なので、あて名書きや個人情報の打ち込みもいらず手軽に利用できます。
    差出人の住所や氏名が印字されない匿名配送になります。

    自分の名前や住所が相手に分からないということですね。

    配送状況もアプリ内の取引画面に表示されます。

    ゆうゆうメルカリ便の利用イメージ

    ① 配送用のQRコード(2次元コード)を事前に生成 ⇒ 郵便局やコンビニへ商品を持参

    ② ゆうプリタッチなどの端末でQRコードを読み取る ⇒ 端末から送り状が印刷される

    ③ 送り状は荷物に貼り付けないで受付へ持参しで発送手続

    ④ 購入者に発送の連絡をする


    また、商品を紛失したり破損したなどの配送トラブル時には、商品代金が全額補償されます。

    仮に配送トラブルに見舞われることがあったとしても、日本郵便ではなくメルカリ側が対応してくれますので安心です。


    郵便局に設置してある「ゆうプリタッチ」



    Aの部分でQRコードを読み取る。
    Bの部分から送り状が印字され出てくる。




    スポンサーリンク



     購入者に届くまでの配達日数は?

    気になります、購入者に届くまでの配達日数ですが、

    おおむね差出日の翌日から翌々日には届けられます。
    ただし、届け先が遠方の場合や離島などの一部地域の場合は、さらに数日を要する場合があります。

    例えば、関東から沖縄へ送るような場合は、5日以上かかる場合があります。
    また、差出時刻によっても違いが生じる場合があります。


    コンビニから発送の場合ですが、

    その日の集荷が終わった後にコンビニへ持ち込みますと、翌日の集荷になりますのでその分配達は遅くなります。

    ただコンビニの場合、機械のメンテナンスなどの事情を除いては、24時間いつでも受付可能ですので便利です。


     自宅以外の受け取りもできる

    ゆうゆうメルカリ便は自宅以外に受取場所を指定することができます。

    ただし、配達の日時指定をすることはできません。


    受取指定できる場所としましては、

  • ローソン
  • ミニストップ
  • などのコンビニや、

  • 郵便局
  • はこポス
  • になります。

    はこポスとは、郵便局などに設置されたロッカーの事です。


    スポンサーリンク


     まとめとして

    メルカリを利用する人はかなりいらっしゃると思います。

    日本郵便がメルカリと提携してサービスを始めたことで、またひとつ便利さが増しました。


    ネコポスの「らくらくメルカリ便」もとても便利ですが、

    ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは全国一律で175円と割安なのはいいですね。


    メルカリを利用するにあたり、このゆうゆうメルカリ便を是非利用してみてはいかがでしょうか。



    スポンサーリンク



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ